エヌ氏が異世界転生 ~もし星新一が異世界小説を書いたら~

機人レンジ

エヌ氏が異世界転生 ~もし星新一が異世界小説を書いたら~

 ある日のこと。エヌ氏はトラックにひかれて死んだ。


 控えめに言って、エヌ氏は冴えないを絵に描いたような男だった。容姿も平凡で、無職だった。自分が生きていてどんな価値があるのかを知らなかったし、周囲の者達も彼の生きる意味はわからなかった。


 薄れゆく意識の中、エヌ氏は後悔の念に満ちた言葉をはいた。


「ああ、わたしの人生はなんと無意味だったのだろう。お金を手にすることもできず、女の子には嫌われてばかり。社会の役に立つ能力もなかった。このままわたしは死んで無になってしまうのか……」


 こうして死んだのだが、どういうわけか、エヌ氏は気が付くと不思議な空間にいた。見渡す限り真っ白で、水中にもぐっているような浮遊感を覚えた。


 そして彼の目の前に、豊かな髭を蓄えた老人が現れた。


「はじめまして。わしは神じゃ」


「なんですって。突然現れて、いったい何を言っているのですか。それより、ここはどこなんです。私は死んだのではないのですか」


 神様は、おごそかに答えた。


「わしは本物の神だし、君は確かに死んだ。じつは、すべてわしの手違いなのじゃ。君にはあと40年の命があったが、40分の命とわしが勘違いして、あのような運命に導いてしまった。いやはや、申し訳ない」


「なんということをしてくれたのです。今すぐ生き返らせてください。あんな死に方、わたしは嫌です」


 エヌ氏は怒り心頭だったが、神様はなだめるように手を振った。


「まあ待ちたまえ。もしこのまま現世に生き返ったとして、君は本当に満足かね。天国から君をのぞき見たときは、おおよそ充実した人生を送っているようには見えなかったが」


「うむ、そう言われると……」


 神様の指摘には一理あった。生き返ることができたとしても、誰にも相手にされず、孤独にさいなまれる生活を送るのは二度とごめんだ。


「そこでだ、人間よ。わしから一つ提案がある。現世に生き返るのではなく、異世界に生まれ変わるのはどうかね」


「異世界ですって。そこはどんなところなのです」


「君が生きていた世界よりも、文明は少々遅れているが、魔法使いやドラゴンが存在する神秘の世界だ。わしからのはなむけとして、チートと呼ばれる能力も授けてやろう。これがあれば君はどんな魔法もたちどころに使えるし、政治を行えばあらゆる内政問題を解決できる。たくさんの女の子にも、もてるだろう」


 これを聞いて、エヌ氏は目を輝かせた。


「それはいい。ぜひ、そうしてください。わたしはその異世界で、今度こそ幸せになるんだ」


「よかろう。ならば行くがよい」


 神様が両手を上げると、あっという間に周囲は光に包まれ、エヌ氏の魂は異世界へと送られたのだった。


 こうして、エヌ氏の第二の人生は始まった。異世界では、やることなすこと何もかもが上手くいき、どんな挫折にもつまずくことがなかった。


 神様がチート能力を与えてくれたおかげで、幼少の頃から高度な魔法を操れる才能があった。大人の魔法使いでも太刀打ちできない。一瞬で100人の傷をいやし、巨大な炎の竜巻を巻き起こすことだって出来た。


 また、非常に優れた顔立ちでもあったため、女の子たちからももてた。同じ村に住む幼馴染に、異国の女騎士、エルフと呼ばれる異種族の姫君と、あらゆる美少女たちが彼に求婚した。果ては隣国の貴族の令嬢からもだ。


 幸いなことに、生まれ変わったエヌ氏は様々な事業に手を出し、とんとん拍子で成功した。今や国の内政にまで関わる身分にのし上がり、莫大な財産を築いている。おかげで何人もの美少女を囲うことが出来た。エヌ氏は彼女たちと暮らす大きな屋敷を造り、気まぐれにドラゴンを狩りながら、自由な生活を謳歌した。


「素晴らしい毎日だ。これぞ人生。きっとわたしは前世で不幸な目にあっていたに違いない。だから神様がこうしてつり合いを取ってくれているんだ」


 美少女たちに囲まれ、生まれ変わったエヌ氏は笑った。


 しかし、幸福というのは長続きしないものと相場は決まっている。


 エヌ氏の運命が狂い始めたきっかけは、令嬢の暴挙だった。彼女はエヌ氏を独り占めしたいがあまり、ライバルの一人であったエルフの姫君に毒を飲ませて、その命を奪ったのだった。


「やったわ。この調子で、邪魔者を全員葬ってやるんだから」


 だが、この企みはすぐにエヌ氏の知るところとなり、令嬢は彼の前に呼び出された。


「ひどいことをしてくれたな。わたしのことが大好きだからって、人を殺していいはずがない」


「それなら、今すぐ教えてちょうだい。あなたは誰が一番好きなの」


「それは、とても決められない。みんな良い子だし、わたしのことを好いてくれている。優劣なんてつけられないよ」


「そんなの納得できないわ。みんなを平等に愛するなんて無理に決まってる。こうなったら、あたしは出ていくわ」


 こうして、令嬢は故郷へ帰り、同じ貴族の息子と結婚した。


 だが本当に大変だったのはこの後。タガが外れたように、エヌ氏の美少女たちは骨肉の争いを始めてしまった。エヌ氏が彼女たちと暮らす屋敷では、いつしか互いを陥れるための陰謀が渦巻き、かつての様子からは想像も出来ない、殺伐とした空気が流れるようになった。


「こんなはずじゃないんだ。わたしは彼女たちと共に暮らし、幸せな人生を歩みたいだけなんだ」


 エヌ氏は現実を受け入れることができず、やがて贅沢におぼれていった。奴隷として売られた少女を何人も買い、自らの傍にはべらせた。豪華なパーティを連日開催し、高級な酒を浴びるほど飲んだ。財産が減ってくると、庶民から徴収した税金をこっそり横領した。


 そして数年後。とうとうエヌ氏の元には誰もいなくなった。美少女たちはつぶし合いの果てに、死んでしまうか、命だけは惜しいと逃げ出した。お金を使い果たし、荒れていく一方のエヌ氏を見限り、友人たちも去っていった。


 一人きりになった屋敷の中で、エヌ氏はぽつりとつぶやいた。


「なんという人生だ。どうしてわたしだけがこんなに不幸なんだ。こうなったら、この世界の者達をみんな道連れにしてやる。わたしと同じくらい、みんなを不幸にしてやるんだ」


 エヌ氏は屋敷を飛び出すと、近くにあった村を魔法で焼き尽くした。大勢の人が死に、その後も彼はいくつもの村々を焼いた。


 そんな狼藉が許されるはずもなく、近隣の国々から優れた魔法使いが集められ、エヌ氏を捕らえるべく戦いを挑んだ。エヌ氏がどれほど魔法の天才でも、一人では多勢に無勢。とうとう魔力を封印されてしまい、捕まってしまった。


 牢屋に入れられ、看守から告げられる。


「いいことを教えてやろう。お前は明日にも処刑される。ドラゴンの餌として食われるんだ。これまでの悪行を鑑みれば、当然の報いだ。自分の行ってきたことを悔いて、そこで最後のときを待つがいい」


 エヌ氏は泣きわめき、世の無常を嘆いた。そしてあることを思い出し、天井に向かって叫んだ。


「神様。もう少しでわたしは処刑されます。あなたはわたしを前世より幸せな人生を送れるようにと、この世界へわたしを転生させてくださったでしょう。わたしが処刑されたら、また別の世界に生まれ変わらせてください。お願いします」


 エヌ氏の懇願は天国の神様にも届いたが、神様は腕組をし、ため息をついた。


「勝手なことを言いおって。忘れてしまったようだが、君は既に二度の生き直しをしているのだぞ。もともと異世界の住人だったというのに、満足な人生を送れなかったと、死んでからわしに泣きついてきおって。今度は別の世界でやり直したいときたもんだ。それでもわしが憐れんでその通りにしてやったら、結局最初の人生と大差ない生活。それならばと、交通事故を利用して、おまけにチート能力まで授けて異世界に帰してやったら、この始末。さて、また別世界への転生を望んでいるが、果たしてかなえてやってよいものか……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

エヌ氏が異世界転生 ~もし星新一が異世界小説を書いたら~ 機人レンジ @Trooper85

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ