初恋卒業

作者 悠祈誠那

56

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

淡い初恋の物語が好きな人は読むべし。

恋とは前に進むためにあるのか、人を縛るためにあるのか。
初恋ともなれば、それがわからなくて当然。だからこそなにもかもうまくいかない。それを表現したかのような作品。

それ故に終始ドキドキハラハラさせられる。それが初恋ものの醍醐味。

どんな風に初恋を卒業するのか。それを知りたければとにかく読んで!

★★★ Excellent!!!

ここ、どういうこと? 一時期付き合ってたのに、どっちが振ったの? 

と描写が省略されている部分も見受けられましたが、そんなの気にならないほどの甘酸っぱさを感じました。
むしろその描写不足すらも、青春のあどけなさや初々しさを表現しているようで。心地よく感じました。

青春は初々しく、そして去ってゆく。

あの頃は鮮明に覚えていたのに、大人になれば、思い出すことは難しい。

この物語は、近所のパン屋さんが手作りで作った、ホームメイドで濃厚なチョコレートケーキのような、そんな味がしました。
(*^_^*)

★★★ Excellent!!!

読み始めて、バレンタインは懐かしいなと思う反面、「貰ったことないよ!」と、少し恨めしい気持ちもありながら読み進めました。

そしたら、まさかの展開で「ちょっと待って!」って思わず口に出してしまいました。

その後は、女の子の気持ちとか色々考えながら読み進めて、最後はホッとするような感じで二人の将来を想像しながら読み終えました。

色んな恋の形があるんだなと、胸がきゅんとした作品です。

★★★ Excellent!!!

題名の「初恋卒業」。

失恋するだけの、青春物語だと、正直思っていました。

裏切られました(笑)

両想いのはずなのに、もどかしくすれ違い、とうとう主人公は幼なじみを〝振ってしまう〝

幼なじみのケリをつけるためについた嘘で、主人公は足に鎖を巻かれてしまった。

その鎖を、蹴り飛ばして、人だかりをかき分けて進んだ先のその人に、主人公は本当のことを言う。

短い本編に、青春の色々な味が詰まった、サクマ式ドロップスのような短編でした。

★★★ Excellent!!!

自分がとても好きなシチュエーションでした!

恋愛って難しいし、まどろっこしい部分もあって、時には面倒くさいと思ってしまう場面が多々あるはずです。
この作品でもそのような場面は多くあって、でも最終的に後悔を乗り越えてハッピーエンドで終わる。これぞ恋愛の醍醐味という感じが強く伝わってとても良かったです。

★★ Very Good!!

読み終わった後に、
「あ、いいじゃんこれ」と口に出してしまうような爽やかさとほろ苦さが、心に残りました。
多少、年齢を重ねた立場で読むと、若いうちはその場の勢いに流されて、いろんな失敗や後悔を経験したよね。と懐かしくなり、親しみも感じられました。
最後のまとまり方は、うまいな〜と思わず舌を巻きました。