第22話 ご主人様

「着けたことはございますか?」

「いえ……ありません」

「私でよろしければお教えすることはできますが」


 店員がリリスからサナトに視線を戻す。

 渡りに船とはまさにこのことだ。

 どうすれば良いのか迷ったサナトは、親切な店員の言葉に即座に跳びつく。


「良い機会だ。是非教えてやってほしい」

「かしこまりました。年齢的には遅いくらいですのでそちらの方が良いかと思います。お買い上げいただいた下着を使用してよろしいですか?」

「ああ。好きにしてくれ」

「承知しました。併せて服も替えられますか? そちらのワンピースはだいぶ傷んでいるようです。当店で処分もできますが」

「リリス、それでいいか?」


 様子を伺ったサナトにリリスが驚いて目を丸くする。


「い、いいんですか?」

「もちろんだ。せっかくリリスに服を買ったのだ。新しい服を着て見せてくれ」


 即答したサナトの台詞にリリスの顔が綻んだ。

 少女が「じゃあ……そうします」と言って隣の棚に抱えていたメイド服を置く――

 そして少し顔を赤らめ、ワンピースの裾を両手で持ってゆっくりと脱ごうとした。

 だが、形の良い白いへそまでが見えたところで、サナトは何とか裾を押さえつけることに成功する。


(……危ない。まだ見ていたのが俺と女性店員の二人だけだったからいいが、この瞬間にも新しい客が来るかもしれない。他人には絶対に見せたくはない)


 サナトは「習慣は怖いな」とつぶやき、小さくため息をついた。

 店員がその様子を苦笑して眺める。

 意外と奴隷の中には着替える際にこういう行動を取る者が多いのかもしれない。


「どうして……ですか?」


 戸惑うリリスにサナトは店の奥にあるスペースを指さす。


「今まで着替える時にどうやってきたのか知らないが、こういうきちんとした店にはフィッティングルームというものがある。人前で裸にならなくて済むようにな」


 サナトは動揺を悟られないように、まくしたてるように教えた。

 店員がその後を引き継ぐ。


「当店では着替えはあちらでお願いしております。リリスさんも、こちらへどうぞ」


 何も言わず、誘導するように片手をフィッティングルームに向ける。

 リリスがサナトの方を見た。確認の意味だろう。


「行って着替えてこい。それと下着の着け方も教えてもらってこい」

「はい……」


 リリスが再びメイド服を抱え、小さく頷いて店員の後に続く。

 サナトの耳に離れていく二人の会話が聞こえる。


「リリスさんは色や形の希望はありますか?」

「い、いえ……あんまりそういうの分からないです」

「そうですか。では最初は簡単なものからにしましょうか。服はどうなさいますか?」

「あっ、服はこれがいいです」


 リリスが珍しくはっきりと主張した。ただ、手にしたのはメイド服である。

 ずっと腕組みをして横目で伺っていたサナトの顔が引きつる。

 あの服でこれから次の街まで行こうというのか、と。

 サナトが慌てて大きな声を出した。


「リ、リリス! その服はまた今度にしてくれ!」


 振り向いた少女の顔がみるみるうちに曇る。

 サナトは、今の言葉をリリスが絶対に良い意味で理解していないことを悟った。

 納得させる言い訳を続けなければ、と頭をフル回転させる。


「……ダメ……ですか?」


(ダメじゃない。ダメじゃないのだが……そんな服で一日中近くにいられると俺の方がまずいことになる……)


 サナトは口に出せない思いを必死に心の底に沈めた。


「そ、その服は普段着ではない。何か特別なことがあった時のみ着るものだ」

「特別……ですか?」

「ああ。だからこれからぼろぼろになっても困る」


 その一言でリリスの顔に得心が広がった。サナトはほっと胸を撫で下ろす。


「では、これなどいかがですか? 動きやすいですよ」


 女性店員が袋の中から上下セパレートタイプの衣装を取り出した。現代で言えば少し肩の膨らんだ白いフレンチスリーヴのシャツと、濃緑のスカート風のショートパンツに近い。

 普段着として素晴らしい選択だった。

 サナトはますます店員に感心する。


「……どうでしょうか?」

「いいと思うな。うん」


 少し不満そうにも見えるが、ではこれでお願いします、と言ったリリスと店員が二人して広いフィッティングルームに入っていった。


(なんとか無難なところに落ち着いてくれそうだ。良かった……本当に……)


「待てよ……そう言えば……」


 サナトは二人をぼんやりと見送ってから、昔読んだ漫画の話を思い出した。

 フィッティングルームに一人の女性が入った後、その床の底が落とし穴になっていて誘拐されるというものだ。


(連れの俺がいる以上、まさかとは思うが……)


 サナトは《神格眼》を有効にする。

 予想通り、薄いカーテンを貫通して、二人のステータスバーと名前表示が見えるようになった。

 透視はできないようだが、確かにそこにいるようだ。


(……これは……)


 店員の名前表示が、リリスの名前表示の下に下がり、その位置で止まる。

 今、二人が何をしているのか嫌でも想像してしまう。


「……何をやってるんだか」


 サナトは《神格眼》の間違った使い方にあきれ果て、すぐに無効に切り替えた。




 ***




 フィッティングルームから女性店員――《神格眼》ではシドニー――が一人出てきた。

 くすくすとほほ笑んでいる。

 サナトは首をかしげて問いかける。


「何かあったのか?」

「……これは失礼いたしました。あまりにお連れ様が可愛らしかったもので」

「手こずっているのか?」

「手こずっているのもありますが……それよりも……」


 シドニーが少しだけバツの悪そうな顔をして口元に手を当てる。

 しゃべりすぎたと言わんばかりのポーズだ。

 そして頭を下げる。


「サナト様、申し訳ありません。どうしても気になるのであればリリスさんに直接お聞きいただければ……」

「いや、別に構わない」


 シドニーの様子から特段追及すべき問題ではないとサナトは判断する。

 リリスが必死になりすぎて可愛いミスをやらかした程度だろう、と。

 サナトとシドニーが、フィッティングルームの方に視線をやる。


「今は?」

「少し練習がしたいそうです」

「……そうか」


 二人の間にしばらく無言の時間が続いた。

 それを破ったのはシドニーだ。


「老婆心ながら、出過ぎた言葉をお許しください」

「……ん?」


 シドニーが優しく微笑みながらサナトを見た。


「サナト様は奴隷の呼び方をご存じない様子」

「…………奴隷と呼ぶか、名前で呼ぶか、どちかではないのか?」

「いえ、そうではなく奴隷側から所有者様に声をかける場合です。リリスさんは最近まで『ご主人様』という呼び方をしていなかったのでしょう」

「確かにそうだ。リリスにはしばらく『あなた』と呼ばれていた」

「その呼び方が変わったのは今日でしょうか?」

「……記憶ではついさっきが始めてだ。色々あってな」

「なるほど」


 サナトがシドニーに窺うような視線を向けた。


「何が言いたいんだ?」

「奴隷は自分の所有者に対し、普通は名前に様をつける呼び方をします。他人に説明する際は『主人』と言います」

「つまり?」


 シドニーがくすくすと笑う。


「奴隷が『ご主人様』と敬愛を込めて呼ぶのは、心から忠誠を尽くすと決めた時だけですよ」

「………………はっ?」

「何か大きな心変わりがあったのでしょうね」


 ゆっくりと年配の女性が言った意味が脳内に染みこんだ。

 サナトは言われた言葉を頭の中で何度も反芻する。

 リリスが忠誠を尽くすと決めた、と。


(確かに、そういうことならあんなに恥ずかしがる理由は説明できる。いや、忠誠でなぜ恥ずかしがる? ……本当か? これはかつがれているのではないか?)


 サナトの思考はぐるぐると混乱する。


(忠誠を尽くすとはどういう意味だ? 奴隷の忠誠とは……ダメだ。まだ確定情報ではない)


「あっ、終わったようですね……これからリリスさんを大切にしてあげてください」

「ま、待ってくれ……今の話は本当か?」


 サナトが慌てて引き止めた。

 シドニーがくるりと振り返る。

 悪戯っぽい笑みがその顔に浮かんでいる。


「本当です」

「だが……なぜそんなことを知っている?」

「…………私が昔、リリスさんと同じだったからです」


 一言で言い終え、少しだけ表情に影が降りた。だが、一瞬で営業スマイルに戻ると、言いたいことは言い終えたとばかりに、シドニーはフィッティングルームに向かう。

 サナトは小さくうなる。


(つまり……奴隷だった過去があると……)


 シドニーがリリスを迎えに行き、連れ添って歩いてくる。

 美しい少女の装いががらりと変わっていた。

 どことなく慣れない服に戸惑っているようにも見えるが、サナトの目の前まで来るとおずおずと両手を広げる。

 似合っているかの確認だろうか。

 魅力的なポーズを取ることまでは考えつかないらしい。


「ご主人様? どうかされましたか?」

「い、いや……何でもない」


 思わぬ店員の話に混乱し、不意打ちのようなリリスの装いに見とれていたところに、さらに何度も脳内で繰り返し流れる単語を突然聞かされて、サナトは猛烈に気恥ずかしくなる。


(単なる呼び名だけの話だが、強烈な破壊力だ。だが、こんなに俺は初心だったか?)


 子供のような己の心の動きに呆れる気持ちもあったが、にじみ出てくる浮かれた気持ちは簡単には消せない。

 サナトは必死に振り払い、表に見えないように苦心して笑顔を作る。


「よく……似合っている。本当だ」

「本当にとても似合っておられますよ」


 サナトがわずかに絞り出した台詞にかぶせるようにシドニーが続いた。

 だが、その表情は少し楽しんでいるかのようで、サナトは大いに苦笑する。


(やはり、この店の店員は侮れないな…………)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます