“不器用さん”が亭主をつとめます!

作者 紺藤 香純

53

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大学生になり、茶道部に入った湯花奈。
茶道が好きだけれども、彼女には不利な点があって……。

「好き」に真っ直ぐで素直な主人公に共感が持てます。
湯花奈ちゃんのキャンパスライフだけでなく、彼女の実家が抱える問題や、恋心なども描かれ、物語にも厚みがあり……でも、すごく読みやすいです!

しっかりした知識を元に描かれた茶道のシーンは興味深く、思わず感心してしまいます。

思わず応援したくなってしまう湯花奈ちゃんの大学生活。
ぜひ、のぞいてみてください!

★★★ Excellent!!!

主人公の「のんちゃん」が、大学生になっても、大好きな『茶道』を続けていくお話です。

『茶道』です。
この物語の中心核となるのは、『茶道』なんですよ。

決められた作法、定められ動き、予定調和に満ちたあの雰囲気が醸し出すのは、ぴん、と張り詰めた美しさだと思います。

本作では、そこが巧く言葉として表現され、また、その世界に情熱を燃やす女の子が凜と存在しています。

こう書くとなんだか非常にとっつきにくいお話のように聞こえますが。

恋愛あり、家族愛あり、学校生活ならではの人間関係の楽しさや難しさ有り、とバラエティに富んでいます。

またね。
一話あたりの分量が良い! 構成もうまい、と思わされます。

のんちゃんにも、実はハンデがありましてね。
大好きな茶道なんですが、ちょっと「巧くできない理由」があるのですが……。

それがなんなのかは、読んで気づいてみてみて下さい。
私も、「ほぇぇ。なるほどなぁ」と思いました。

★★★ Excellent!!!

学生茶道の経験はないのですが、恋愛・部活の仲間との意識の違い・左利きでの所作の不自由さ等を乗り越える主人公に好感が持てます。
ほのかな恋心や仲間の思いやり、家族関係などの心理描写も重くなくさらりと作中に没頭できる素敵な作品です。
初めてこの作者様の話を読んだのですが、幸せな読後感でした。
途中人間関係どうなるのかハラハラしましたーーーー。

素敵な作品をありがとうございます!お茶を楽しむ人が増えて欲しいという希望も込めて、☆いっぱい付けますね。

★★★ Excellent!!!

茶道が大好きで仕方がない女子大生「のんちゃん」が、茶道と向き合いながらゆっくりしっかり前に進んでいくほんわかストーリーです。

本作では、茶道、華道、陶芸、和菓子、和服など、日本の伝統文化を愛する登場人物が続々登場します。

お恥ずかしながら私はこれらの文化に疎いのですが、そんな私でもキャラクターたちに親しみ、彼らが愛するモノたちを愛でることができるの、それがこの作品の魅力の一つではないでしょうか。
勉強するつもりで読んだわけではなくても、気づけばこの世界にしっかりはまってしまいます。

茶道好きながらなかなか上達しない主人公のんちゃんと、茶道部唯一の男子となる綺麗なお顔のもんちゃん、そして二人の家族たちも巻き込みながら進む話を、ぜひみなさんものぞきに来てみてください。きっとどんどん読み進めたくなりますよ!

★★★ Excellent!!!

とてもみずみずしくて、すっきりと爽やかで、ほのかな酸味があるけれど、香りのよい甘さが広がっていく。

作中のとある章にマスカットが登場しますが、この物語はまさにそんなマスカットを味わうときのような感覚で楽しめました。

茶道が大好きで、オタクと言えるほどの知識を持っている主人公の湯花奈。
大好きだからもっと上手になりたいのに、彼女は左利きというハンデのためにお点前がどうしても不器用になってしまうのです。

日々懸命に努力する彼女ですが、家庭やバイト先、部活などでは様々な壁にぶつかってしまいます。
けれども、そんな彼女を温かく支えてくれる人がたくさんいます。
彼女と同じだけの熱意と真っ直ぐさを持って支えてくれる掃部(かもん)君は、彼女の一番の理解者なのでしょうね(*^_^*)

ハードルを超えつつ、真っ直ぐに茶の道を歩んでいく爽やかな二人の青春物語をぜひお楽しみください。

★★★ Excellent!!!


 野村湯花奈は、大学に入学すると同時に茶道部に入部する。彼女は高校のときも茶道部であったのだが、それよりも茶道が好きでずっと続けたいと思っていたからだ。
 だが、彼女には、茶道を続けるうえでクリアしなければならないハンディキャップがあるのであった……。

 本作は、ちょっと珍しい茶道もの。
 お茶といえば、全世界で全人類が喫しているものなのだが、その作法を突き詰め、一種の形式美まで高めた民族は日本人だけだという。
 もとは仏教から始まり、戦国武将の政治の道具となり、近年は婦人の礼儀作法の学びの場としての位置を確立した茶道。なにか格式ばった世界で、ちょっと取っ付きにくい。

 本作はその茶道の世界を簡単に解説してくれる、というよりは、初心者の読者諸兄に、ちょっとだけ体験させてくれるという形式をとっている。よって難しい解説はない。蘊蓄も、無くはないけど、少ない。

 物語のテーマとしては、主人公湯花奈の、茶道を通しての成長であり、出会いや恋愛や、人間関係の苦悩であったりを、途中に差しはさまる湯花奈の面白いつぶやきで笑い飛ばしつつも、真摯に描いている。

 また、何気なく展開しているように見えるストーリーの中で、茶道と関係の深い、和服、華道、陶芸、和菓子なんかがずらりと並べられている点にも、ぜひ注目してもらいたい。
 こうしてみると、茶道って、日本人の生活のすべてに密接につながっていたんだなぁと、改めて思います。

 どうぞ、ちょっと珍しい茶道小説をお召し上がりください。


★★★ Excellent!!!

 主人公が茶道を通して成長すると共に、自分の好きな物を追及していく物語。茶道はとても知的な道なのだと感じた。題名にもある「亭主」が、茶道用語であることも、初めて知った。それらが一つ一つ、丁寧で分かりやすい解説と共に、物語は緩やかに展開していく。
 主人公を取り巻くのは個性的な家族と、華道男子や陶芸男子といったキャラのたった「オタク」に通じる人々。そんな人々の中で、主人公は茶道を通じて成長していく。茶道部の人間関係。華道男子とその恋人。そして、和菓子職人を極める姉。ある意味それらの人々は、自分の愛する者を極めようとする「オタク」である。
 この作者様で「オタク」のタグがあったので、世界遺産系になるのかと思いきや、今回は優しい世界観はそのままに、茶道の奥深い世界に読者を誘う。茶道の道具一つとっても、奥深い。さらに茶をたてる器や、飾ってある掛け軸に至るまで、神経を指先まで研ぎ澄ますかのような、繊細さと緊張感がある。とても知的な空間に、主人公たちが映えていて、素敵な作品だった。本当に自分の好きな物は何なのか。それをやり通すということはどういうことなのか。問いかけられている気持ちにもなりました。
 この素晴らしい作品を、是非多くの人に読んでいただきたいです。

 是非是非、ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

主人公の野村湯花奈は、茶道をこよなく愛する女子大学生。

もしかしたら茶道と聞いて、ピンとこない方もいるかもしれません。実は自分も茶道の知識は全くありませんでした。ですがこの作品はそんな茶道を全く知らない人でも、問題はありません。難しい事を考えずに、気軽に読むことが出来ます。

実は湯花奈はあるハンデのせいで、なかなか茶道が上達できずにいます。
上手くいかなくて、人からも認められなくて。そうするとはやり、続けるのがおっくうになってしまうのではないでしょうか?
しかしそれでも湯花奈は、やっぱり茶道が好きだから。続ける道を選びます。そんな彼女がとても可愛らしくて。
好きだから続けたい、その姿勢には頑張れと応援したくなって。自分も頑張らなくちゃと、前向きな気持ちになることが出来ました。



★★★ Excellent!!!

『好きこそこそものの上手なれ』と言う言葉があります。ですが全ての人にそれが当てはまるわけではありません。

この物語の主人公湯花奈は長年茶道をやっていて知識も豊富なのですが、とあるハンディから人より上達が遅いと言う悩みを抱えています。

ただでさえ上手くなれないと言うのは辛いこと。それが好きなことなら尚更で、時に落ち込む事だってあります。
ですが彼女は、それでも続けることを選びます。

好きなことをやると言うのは一見当たり前のように思えますけど、それを続けていくのは意外と難しいかもしれません。
何かを続けたいのに上手くいかない。そんな人にこそ読んでほしい作品です。

★★★ Excellent!!!

拝読途中のレビューとなります。

茶道女子である、主人公野村湯花奈の大学での日々。
魅力的な登場人物とさまざまな出来事で、描かれている物語から感じ取るのは言葉の美しさです。
読み進めながら、日本の言葉の風流さや奥深さを感じることと同時に、文章の中にあるユーモアと可愛らしさに笑みが浮かびます。

また、私は茶道には詳しくないのですが、詳しくないからこその知らなかったことを知る機会にも恵まれ、今後の展開を楽しみにしています。