貴方の耳元で愛していたを叫んだ。

作者 神崎トオル

この作品のフォロワーはまだいません

作品をフォローするとエピソードの更新情報が受け取れます。