休憩処『とりあえず明日があるらしい我々が征くところ』をOPENしました

作者 企鵝モチヲ

41

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 まさにトリビア。
 思い出します、「トリビアの泉」。
 あれは、『何へぇ~』が上限だったかな?
 『へぇ~』ボタンがあったら上限まで押したい西部劇を書くのに(書かなくても)思わず『へぇ~』と言いたい。トリビアが満載です。
 是非一度読んでみて下さい。
 「トリビアの泉」を知っている方は、思わず『へぇ~』と言いたくなりますよ。

★★★ Excellent!!!

いろいろなトリビアがあり、幽霊の歴史ファンタジーを書いている私としては、是非とも参考にさせて頂きます! 

ラクロスとクマのトリビアが My favorite です。

ただ、各話のタイトルは考えたほうが、ユーザビリティーとしてはいいかもしれませんね。今のナンバリングも、ルーレットみたいでおもしろいですが。どんな雑学が読めるかは運任せ的で。

★★★ Excellent!!!

西部開拓時代ならではのトリビア知識。
思わず、唸ってしまう知識の数々でありながら。

その内容が面白すぎるので、ちょくちょく吹いてしまう。

個人的にはラクロスのエピソードが笑ってしまった。

サブタイトルでお堅い内容なのか、と誤解されやすいかも。
でも、そんなことはない。

どのエピソードも、メチャクチャ面白いですよ。
作者様が如何に西部開拓時代を好きなのか、愛も伝わってきますし。

こっちを読んでから、もう一つの作品である『明日喪き我らの征く先は』を読むと、楽しさが増しますね。
予備知識にもなるので。

どれか一つでもいいので、ご覧になってくださいませ。
楽しいですよ。(´∀`*)

★★ Very Good!!

 トリビア形式で西部開拓時代に関する知識を紹介し、その後で補足説明を加える(詳しい背景等)作品です。トリビア事体も短文でよくまとまっていて読みやすいです。

 バーテンは客におごられるのが基本、ってのが新鮮でしたね。

 ただ、差し出がましいことですが、見出しが全てナンバリング+西部開拓時代編だけになってしまってる点が残念。
 一つ一つは全然別の内容なので、読めば面白のですが。
 面倒かと思いますが、ネタバレを避けつつも、目を引く小タイトルがあればきっと良くなるはずです。