なにも宿らない

作者 久佐馬野景