魁、遙天に一綫。

作者 占冠 愁

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全45話

更新

  1. 第一部 宵明けの帝都
  2. 序章 改変の胎動
  3. 出発
  4. デジャヴ?
  5. 相互理解
  6. 悲劇と歴史
  7. 狂気
  8. 20年の休戦
  9. 始動
  10. 一章 維新
  11. 初日
  12. 社畜?
  13. 完全隔絶
  14. 近代化の渦の中で
  15. 小話 欧米視察
  16. 樺太危機
  17. 激突
  18. 屈辱
  19. 閑話 唐突
  20. 二章 昇る東陽
  21. 勅命下る軍旗に手向ふな
  22. Ausgleich
  23. 台湾
  24. 過ぎ行く歳月 1
  25. 過ぎゆく歳月 2
  26. 過ぎゆく歳月 3
  27. 閑話 招かざる3人目の逆行者
  28. 迫る戦火 1
  29. 迫る戦火 2
  30. 迫る戦火 3
  31. 三章 皇旗に捧ぐ
  32. 響く咆哮
  33. 死線を越えて
  34. 一方的火力
  35. 粉砕
  36. 滅却
  37. 地に降る白き蓮
  38. 紫禁城に日章を
  39. 鈍響の彼方
  40. 焉し旧秩序
  41. 各国の反応
  42. 四章 偽りの白天
  43. 全ての始まり
  44. 宴席の経済論
  45. 民は国家なり
  46. 帰るべき故郷
  47. 元帥の墓場
  48. 『開戦』