第85話 スキーに行く

「えーっと、ご心配おかけしました?」

土曜日に春が家に来たので、3人に感謝の言葉を述べた。


「なんで疑問形?」

春が不思議そうに聞いてくる。


「いや、まあ、なんといいますかね…」

流石に言い切るのは、自意識過剰かな~と思ったので疑問形にした次第でございますはい。


「まあ、無事に復活したことだしスキーに行こうか」

京が嬉々として提案してくる。

多分良心から言ってるんだろうが、今はいらなかった…


「いいですね、お兄ちゃんも行こ?」

燐もノリノリだし…、まあ燐はできるもんね。

お兄ちゃん肩身狭いよ?女の子3人といってできないの俺だけってないわぁ

しかし、断れるはずもなく俺は首を縦に振った。


「じゃあ、すぐに行動だ~」

「「お~~」」


ノリノリだな~、俺も上手にできるように頑張ろう



「「「うっひゃー、スキー場にきたぞ~」」」

「春と京はおととい来ただろ…」

どれだけ嬉しいんだよ。

さてと、教えを乞うか


「誰か俺にスキーを教えてください」

来年もあるのでどうしても滑れるようになっておきたい


「教えてあげようか?」

「春は滑ってきていいよ私が教えてあげるから」

「2人とも滑ってきなよお兄ちゃんには私が教えてあげるから」


な~んで、3人で言い争いを始めるんですかね…他のお客さんの迷惑になってますよ?


「ちょっと、お前ら周りの人の目を気にして…?」

こっちが恥ずかしくなってくるし、あのお父さんと息子の会話が聞こえてきたんだけど


「お父さん、あの女の人たちの周りびりびりしてる」

「いいか、アレが女の争いだ…。お前も気を付けろ?女はみんな怖いんだ…」

「お父さん…」


ごめんね…女性不審にでもなったら申し訳なくて…

それとお父さん?あなたに何があったの?


「よし、3人とも滑ってきていいよ。俺はインストラクターさんに教えてもらうから」


強引にリフトまで3人を連れていき乗せた。


「楽しんできてね~」


「「ちょ、ちょっと栄治(君)」」

「お兄ちゃん!?」


さてと、送ったし。インストラクターさんに教えてもらいに行くか。

俺は受付まで行き頼んだ。

「スキーのレクチャーお願いしてもよろしいですか?」

「はい、いいですよ」


優しいお兄さんでよかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます