第35話

いつものごとく俺は昼休み伊香に追われていた。

だが今日は逃げる場所は決まっている。

「あぁ、まってぇー」

「いやだぁー;;」

悟られないように考えながら必死で逃げた。

バンッと俺は屋上の扉を開けて一息ついた。

それと同時に、伊香も到着した。

「もう、逃げられないよぉ?」

フヒヒと不気味に笑っている。

「もう逃げない。京」

俺は叫んだ。はーいという声とともにシュパっと登場した。

「頼むぜ…」

「お任せください。伊香さん貴方には栄治君から手を引いてもらいます。」

「そんなのむぅりぃだよぉ」

「安心してください。新しい人を連れてきたのでこの人で我慢してください」

おいおい…我慢って。もうちょっと言い方をだね…

「いいよぉ?試してあ・げ・る・」

こいつのしゃべり方ちょくちょくうざいな…

「宗谷さーん」

京は宗谷そうまと呼ぶとイケメンな男が太陽拳をするかの如く登場した。

「おぉ、いっけめーん」

思わず口に出してしまった。

「それでぇ?こいつがそうなのぉ?」

「黙れメス豚」

こわっつ。なにこのくそドSなイケメン。怖いよ、おじさんちびっちゃったよ?

いや、ちびんねーよ。

「あ、あひ」

おぉ、効果は抜群のようだ。

伊香の体がブルブル震えて赤面している。

「いぃ、いぃよぉ」

「黙れっていってんだろ豚」

「あひぃ」

これ以上はだめだ…

そう思い京とその場から離れた。


宗谷君のおかげで伊香からの地獄は解放された。

「そうだ、体育祭のことどうなってるのかわかる?」

「すみません、私もこっちのことが忙しかったのでなにもわかりません」

「だよな、よし確認にいくか」

「はい!」


そうして俺は、平和な日常を取り戻したのであった。


                                    FIN











ってそんなわけあるかよ。

まだまだ平和な日常じゃないからね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます