第34話 敬語が京で砕け口調が春です

「では、任せてください」

「よろしく頼む」

伊香あいつに追われる学校生活は嫌だ。


「ぉはーよーぉ」

背後からねっとりとした声が聞こえた。

その瞬間に背筋に寒気がきた。


「うわぁ」

情けない声を発する

「ぉはーよーぉ」

「お、おはよう」

京と春に助けを求める視線を送った。

すると2人はうなずき


「おはようございます、伊香さん」

「おはよう」

「?だぁれぇ?」

誰って、京はクラスメイトだし、春はお前が前にいじめてた͡娘だぞ。

他人にどれだけ関心ないんだよ…

そんなことも気にせずに話を続けている。


「私はあなたと同じクラスの京といいます。」

「ふぅん、私栄治君以外興味ないから」

ほかの人にも関心を持てよ、噂によれば顔はかわいいが中身が問題って言われてるらしいぞ。そしてこの2人と同じくらい人気があるらしい(男子から)

だから他の人に変わんないかな…


「貴方栄治君のこと好きでもなんでもないでしょう?ただ自分を罵ってくれる道具おもちゃとして欲しいだけなんじゃないんですか?」

「そんな事ないよぉー、だって罵ってるときの栄治君すごくいい顔してたし…」

うーん、俺いつ罵った?

そんなことあったかな?と過去を振り返ってみたが思い出せなかった。


「要するに、ドSな人だったらいいのかな?」

「うーん?わかんない。でもぉ、栄治君が一番いい♡」

こりゃ駄目だ…

「はやく教室行かないと遅刻になるぞ」

話題を変えひとまず落ち着いた。

「そうですね…いきますか」

俺たちは教室へ向かった。

スマホを取り出しチャットを飛ばした。

『作戦はどんな感じなの?』

『もう、作戦なんて意味なさそうなんで強行突破でいきmす」

『りょーかい』

申し訳ない、昨晩寝る間もおしんで考えてくれたのに

『とりあえず、ドSな人に声をかけて伊香さんを罵るように頼みます』

『そんなこと、してくれるか?』

『私の人気を舐めないでください。男子なんてちょろいん属性ですよ』

うわっ。この子恐ろしい子

『じゃ、じゃあよろしくお願いします』

『はい』


さてと、一応昼休み逃げる準備をしておこう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます