たぶん、それは紅葉よりも赤い花

作者 松乃木ふくろう

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

序盤はホラーなのかなと思いながら読み進めていくと、実は学園ミステリー!等身大の高校生たちの日常を描きながらも、隙間隙間に人間の負の感情がチラチラと顔を覗かせる。爽やかな、だけじゃない学園ミステリーです。あちこちに散りばめられた伏線が回収されていくドキドキ感が堪りません。完結までまだ一捻りありそう!(伏せ字を集めたら何かいいことある?)

★★★ Excellent!!!

まず女の子が可愛いしかも沢山――なだけでなく!

一人一人の人物が緻密に、そして繊細に描かれていく。複雑に絡み合う想いは一つの紬《つむぎ》の様に、この作品独特の雰囲気を織りなしていく。

あなたもきっと、気が付けば画面をスクロールする速度がゆっくりになっている……ハズ!!

つまり、ぜひ、じっくり読んでほしい物語。

★★★ Excellent!!!

小田原の声楽部を舞台に起こる少し不思議な青春ストーリー…かと思いきや、意外や意外。
次々と起こるストーカー事件に、日常ミステリーの匂いを嗅ぎ付け、テンションダダ上がりでした!

そしてなんと言っても登場する女の子たちがみんな個性的で可愛いこと、可愛いこと!
活き活きとした女の子同士のやりとりはもちろん、ところどころ〝怖い〟と思わせる描写もすごくリアルです。


レビューを書いてる時点ではまだ事件は謎のまま、部員の娘たちにもなにやら秘密がありそうで、早く続きが気になるところ。

学園モノが好きな方はもちろん、ミステリ好きにもオススメです。


ところどころ伏せ字になっているは何かの暗号なのかなぁ(ミステリ脳)