砂紡ぎの商人

作者 詩一@シーチ

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人生は有限です。
当然のことなのに、気づける瞬間はそうありません。
とても悲しいことですけれども、出会える人の数には限りがあります。
出会える仕事や映画や音楽や漫画やありとあるエンターテイメントも。

小説も。

これは冒険の物語です。
若者も、壮年も、男も女も。
遠く異国へ行く人も、生まれた地に留まる人も。
すべての人のココロが一瞬一瞬を冒険するような人生であって欲しい。

もしこのレビューを目にする方がおられたら、偶然の出会いをどうぞ愛おしんでこの作品をお読みになってください。

この小説の一節が、あなたの人生のどこかの場面で、きっと歌のように流れるでしょう。

★★★ Excellent!!!

剣と魔術と砂漠の流れ旅。
箱入りの世間知らずを絵に描いたような育ちの良い子供と
一人旅に慣れた子供の扱いに不慣れな大英雄。
砂漠旅情。と言うには、明るく柔らかな二人旅。
砂漠は水こそ少ないものの様々な驚異に満ち溢れ、人々は豊かに社会を営み世界の風景を彩っている。
ハイファンタジーという言葉が、人々が社会を織り成し文明を支える異世界の営みを指す言葉であるなら、これは間違いなくハイファンタジー。
これは砂漠のハイファンタジー。
そう言える。