第7話 このゲーム作ったの俺でした

 

 アイとの会話を終えると、疲れているのかひどい睡魔が襲ってきた。

 教室の針は23時40分を指している。

 もうすぐ四月一日が終わろうとしていた。


「アイさん、先に部屋に行って休んでて」


 レディーファースト。

 とりあえず最初は女性に譲る。


「大丈夫? 気にしなくて一緒に寝たらいいのに」


「いいよ、ここで仮眠してるから起きたら交代しよう」


 アイはシュンの血をかなり浴びている。

 早くシャワーも浴びたいだろう。

 自分の席に戻ると、アイはロッカーを開けずにこっちを見ていた。


「どうしたの? いかないの?」


「ロッカーは外からは、本人しか開けれないの」


 そうだったのか。

 椅子から立ち上がりロッカーに向かおうとする。


「いてっ」


 やはり疲れているようだ。ふらついた足が机に当たり、机の中からノートとゴブリンの玉がはみ出して落下する。


「おっと」


 反射的にゴブリンの玉はキャッチできたがノートは床に落ちる。

 ノートが開けて中が見える。

 何かびっしりと文字が書いてある。

 説明書か何かだろうか。


「アイさん、このノートは何が書いてあるのかな?」


 ノートを拾って尋ねてみる。


「え? なんのノート? ポイントで交換したの?」


「いや最初から机に入ってたんだけど」


 アイは知らないみたいだ。

 全員に配られるノートではないのか。

 パラパラとめくる。


 ぞわりと背筋が凍りつく。

 これはっ! このノートはっ!?


「どうしたの? 青い顔して。何のノートだったの?」


「い、いや。なんか昔書いた俺の日記みたいだ。黒歴史が詰まっていた」


 咄嗟とっさに嘘を言う。

 これはそんなものより、はるかにヤバいものだ。


「え、マジで。ちょっと見たい。見せてっ」


「無理、絶対無理っ。ほらアイさん、早く休もう。行かないなら俺が休むよっ」


 ロッカーを開けて、無理矢理アイを押し込もうとする。


「何、何? そんなに黒歴史なの? 厨二病なの? 見たい、見せてよーー」


「おやすみっ、また明日っ」


 勢いよく扉を閉める。

 そのままロッカーを背にもたれかかり、座り込んだ。


「はぁはぁ」


 今までで一番、動揺している。自分の鼓動が激しくうるさいほどだ。

 ノートを開く。

 細かく。実に細かくノートに書かれていた。


 この世界がどういう世界で。

 どういうルールで動いているか。

 ミッションの内容。

 ポイント交換のリスト。

 スキル。

 裏設定。

 イベント。

 送られてくる転校生の数。

 別のクラスの存在。


 このノートは説明書ではない。

 言うならば設定資料。

 この世界を作る前に製作者が書いたノートだ。

 そして記憶がない自分にもわかることがある。


 ノートに書かれている文字。

 この文字は。


「俺の字だ......」


 頭の中が追いつかない。

 どういうことだ。

 このふざけたデスゲームの世界は、自分が作った世界なのか?

 いや、自分の妄想した世界を神様が作ったのか?

 どちらにせよ、どうしてその世界に自分が来たのか?


 何故、自分に記憶がないのか考えてなかった。

 自分の記憶を誰かが奪ったのだろうか。

 いやもしかしたら自ら記憶を無くしたのか?

 何のために?

 自分の作ったゲームを自分で楽しむために?

 頭を抱える。考えがまとまらない。


「楽しめるかっ! こんなゲームっ!」


 ノートを床に投げつけた。

 わけがわからない。

 自分がこのゲームを作ったとしたら、なぜ記憶を無くしてそこに送り込まれたのか。

 そしてそれならなぜそれがわかってしまうノートを残しているのか。


 ノートを拾ってもう一度見る。

 どこかに答えが乗ってないか。

 調べる。

 大学ノートに書かれている細かい設定。

 マップ。

 意味のない落書き。

 文字が汚くて読みにくい。

 もっと丁寧に書けよっ、俺っ。


 そして最後のページ。

 殴り書きで、ものすごく汚い字でこう書かれていた。


『このノートは四月一日が終わると消える』


 慌てて黒板の上の時計を見る。

 あと一分で今日が終わる。


 パニックになる。

 たぶんこのノートは生命線だ。

 記憶を失う前の自分がどうにかして持ってきた物だろう。

 どうして最初に見なかったのか。

 馬鹿な自分を殴りたくなる。


「そうだっ、携帯!?」


 写真の機能があればすべて写せるかもしれない。

 アプリを見る。

 そんな機能はついていない。


「うわああああああ」


 思わず叫ぶ。

 ノートに。

 何かノートに書いてあるはずだ。

 どうしてこの状況になったか。

 自分が何者なのか。

 そのすべてが。


 色んなことが書かれているが頭に入らない。バラバラとノートを必死でめくる。

 しかし、一点。

 ポイント交換リストの最後の項目。

 そこに書かれている異様な内容に目が止まる。


『この世界を作った神様をただの人間にしてこのゲームに送り込む 10000P』


 言葉を失う。

 さらに下に説明書きがある。


『有効期限 ポイントを使った者が死亡するまで。神様が先に死ねばゲームクリア』


 キーンコーンカーンコーン


 スピーカーからチャイムが鳴り、黒板の方を見る。

 黒板の四月一日の文字が消えて四月二日に変わる。

 同時に手の中のノートが消えてなくなった。


「......このゲームを作ったのが、俺、なのか?」


 信じられない。

 断片的な記憶がある。

 教室で目立たない存在。

 ただのモブ。

 そんな記憶は、後から作られたものなのか?


 一つわかったのは、誰かがポイントで自分をここに送り込んだという事。

 そして、その誰かが死なない限り自分は戻れないということだ。


 デスゲームで起こる神様と神様を殺す者の戦い。


「そんな馬鹿な」


 あまりに現実味のない展開に思わずそう呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます