高校生

作者

憧れだけじゃ終わらない

  • ★★★ Excellent!!!

学生だった頃、同級生や先輩とは違う大人の雰囲気を持つ先生に憧れた事はありますか?
この物語の主人公千尋も、そんな体験をした一人です。

ある日担任である高崎先生からHR委員長に任命されて、便利屋のごとく様々な仕事をこなすことになって…………不満も無かった訳じゃありませんが、先生と一緒にいると何故かドキッとする事が多くて、次第にその存在が大きくなっていきます。

もちろん相手は先生。例え憧れはしても、それ以上の気持ちになるなんて普通はありえません。
なのにそうと分かっていても、止められないのが恋心。本気になりたい想いと、そんなの無理だと思う冷静な心、矛盾した二つを抱えて悩む姿が表現豊かに描かれていて、読んでてドキドキする場面が満載です。

さらに今作では、先生に恋するのは千尋だけではありません。千尋の親友桜もまた、届かぬ恋に手を伸ばす一人なのです。

一組だけでも十分キュンとするのですが、それが二組ともなると当然キュンも二倍です。
そして誰にも言えない恋を抱えるのは、もちろん先生達だって同じです。彼等は彼らで、ちゃんと悩んでそれぞれの想いと向き合います。

果たしてこの険しい恋を実らせることが出来るのか。ぜひ読んで、エールを送ってやってください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月兄さんの他のおすすめレビュー 862