皇子様とフニャ太郎

作者 春子

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

愛しい美少年(外見年齢)の恋人を失った皇子ティレルは、死者をよみがえらせる禁断の魔術を使って恋人を取り戻そうとする。
しかし誕生(!?)したのは生前の恋人ではなく丸っこいもふもふの謎の生物だった……。

美しきヴァンパイアたちが支配する帝国で、とても耽美な世界観なのですが、繰り広げられるのは思わず笑ってしまうドタバタ喜劇。
それもこれも主人公のティレルが明るいんだか能天気なんだかしかし昼行灯に見せ掛けてやるときはやる可愛いヒーローだからでしょう。
この帝国では様々な陰謀が蠢いています。政治の駆け引き、相手を陥れようとする罠、そして複雑に絡み合う愛憎――惑うヴァンパイアたちの間を縫って活躍するティレルに重々しさがなく、物語が極端な悲劇にかたよらないのでとても読みやすいです。
あーっヤバい! マジでヤバい! なシーンもありましたが今となってはいい思い出。
特に異母兄のリュカと異父姉のフィリアの複雑で微妙な関係にはやきもきさせられましたが、みんなハッピーなエンドに収まったのでめでたしめでたしです。
みんなの一方通行だった愛、どうなることやらと思っていましたが、むりやり結びつけなくてもいいんですね。結局みんな好き勝手自由に生きる道を選んで、誰に気兼ねすることなくのびのびやっているように思えて、これが本当の解放なのかもしれません。

少しずつ言葉を獲得していく謎の生物フニャ太郎も可愛く癒しでした。フニャ太郎、大好き!
あと私の推しはエシュカです。彼は微妙な立ち位置なのによく頑張ったと思います……。