リリカルマジカルキルゼムオール【完全版】

作者 紅哉朱

54

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この世界の延長線上にありそうな、少し「ズレた」世界。
ファンタジーのお決まりごとも、現実感のある社会の中で説得力を持たされているのを、すんなり受け入れながら読み進められます。

完全版で過去エピソードが追加され、得体の知れない恐怖感は少々薄れましたが、引き換えに隘路迷路社長、厄災の存在の深みは増したと感じました。
きっと、少し「ズレ」なかっただけで、厄災と同じような想いを抱えている少女はいるのでしょう。
シンデレラ、スノーホワイト、他の魔法少女たちも同様。運命と自分の意思両方に導かれ戦いに赴いているのだと思えます。

欲を言えば、スノーホワイトと厄災の眷属との昔の戦い、シンデレラではない相棒と共に眷属に立ち向かったときのエピソードが読みたいです。
より、スノーホワイトの驚きに寄り添えるのではと思います。

★★★ Excellent!!!

これは姫と王子様の愛の物語。
この一文を読めばまるで使い古されたありきたりなものに見えるでしょう。
しかし一話を読んだあなたはこう思うはずです。

「このレビューを書いた奴は何を言ってるんだ?頭がキまってるんじゃないか?」

けれど本当にこれは愛の物語。
きっと読み進めて行けばあなたはこの物語に込められた沢山の愛に気づくでしょう。

さあ大丈夫、ページをめくって。

すこし血生臭いのはご愛敬。

合言葉は一つだけ。
リリカルマジカルキルゼムオール!

★★★ Excellent!!!

まず登場人物が皆魅力的でいい。 登場人物たちの人間関係が全てエモい、魔法少女達は厄災と暴力でしか向き合えず、それはどうしようもない事だけどそういった関係性になった理由、またそういった関係から生じた結末、全てが感情にくる。血肉が飛び散る作品だけど見せられたのは人の愛だった。 またそういったことは置いておいても戦闘や、台詞回しなどがカッコよく見ていてとても楽しい。
とても面白かったです。

★★★ Excellent!!!

『シンデレラの続きを考えると怖くなる』
昔、私がSNSで呟いた言葉をこの小説の作者、紅哉朱さんは覚えていてくれたようだ。
『シンデレラ(弱者)が美貌や善性を以って、王子様(強者)に見出され、不幸な境遇から救われる物語はとても恐ろしい。シンデレラだって人間なのだからずっと美しく心清いままでいられるわけがない。』
詳細はうろ覚えだが、確かそんな呟きだったと思う。

『とりにくさんが怖くないシンデレラを書いてみたいと思ったんです』
紅哉朱さんのその言葉に惹かれて、私はこの物語、リリカルマジカルキルゼムオールを読むことにした。

この物語はとても苦しい。世の中の色んな理不尽に嬲られ、傷つけられる人たちが現れる。
彼ら彼女たちは、傷つき、時に自分もまた世界に対して暴力を奮う。
この小説の主人公である魔法使い少女シンデレラ、敵役である厄災はいろんな理不尽に嬲られ生まれてきた存在だ。
彼女たちは外見こそ美しい女性だが、その心は酷く歪だ。

昔の私はシンデレラの何が怖かったのか、この小説を読んでわかったような気がする。
理不尽な暴力に傷つけられた人間というの往々にして歪みやすい(勿論そうでない人もいるだろうが)
そんな歪みやすい立場にある人間になお、シンデレラという物語は美しさや善性を求めているように私には感じられる。歪んだ人間は救われないのかと、歪まされた人間に正しい在り方を世界は、物語は求めるのかと。そんな怒りと悲しみだったのだと思う。

ネタバレから言おう。
篝火夕暮、この物語に出てくるシンデレラは、世界に求められる清く正しいヒロインではない。
だけど、救済される。そしてそれは王子様という強者の手による一方的な救済ではない。
色んな人たちの祈りと願いを受け取って、彼女は立ち上がり、『幸せになること』を自ら選ぶのだ。

私はこの物語が好きだ。
だって傷つき歪んでしまった人間でも血反吐… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 ドラゴンや空飛ぶクジラ、異形の知的生命が入り混じる。そんな風景が『厄災』により日常と化した世界。そこで語られる物は“愛”。それは親愛であったり、仁愛、情愛、性愛であったり、各々が見出した愛の為に戦い、苦悩し、そして生きています。
 些細なすれ違いや強大な力によりそれらは度々深い痛みを伴い、グロテスクでもあります。それでも前を向いて生きていく人々の姿に私は釘付けになりました。
 これは御伽噺、愛の果てには結末という報いが待っています。願わくば、私が目にした無垢なる愛の結末を多くの人が知りますように。

★★★ Excellent!!!

 端的に表現すれば、この物語は愛の物語です。
 愛を知らなかったもの。
 愛を届けられなかったもの。
 愛を与えつづけたもの。
 何処にでも居る筈の、不幸な人々が紡ぐ愛の物語の筈でした。
 
 ただ一つ、悲劇だったのは、彼らがいずれも異形の力を持ってしまっていたこと。

 異形の力故に愛憎の物語は無数の世界をつなぎ、多くの人々を殺し、そして全てを歪めていってしまいます。
 どこまでも突き進み、どこまでも止まれない、愛の悲劇が結局何処へ向かうのか。
 それは、最後に二つの足で立ち上がり、未来に向けて歩き始めた“彼女”が教えてくれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

 まずは紅哉朱先生、『リリカルマジカルキルゼムオール(以下リマキル)』完結おめでとうございます。お疲れ様でした。
『リマキル』は、痛みと愛の物語です。誰もが自身の内に抱える痛みに向き合い、愛のために前へ進むのです。
 痛みには、精神的なものと身体的なものがありますが、ここでより重きを置いて描写されるのは前者です。信じた人に裏切られる痛み、大切な人を失う痛みなど、他人の頭痛を疝気に病むという語の通り、それらのつぶさな描写は我々読者に痛烈な感覚を呼び起こすでしょう。
 愛にも様々な形があります。紀元前から現在に至るまで連綿と続けられた愛に対する吟味の営み、その答えは近未来を想定するこの物語の中でも明確な定義づけはなされていません。身体的な交わりも愛の発露であることに間違いはなく、また愛故に全てを戮せんとするのも否定すべからざる形の一つです。愛は手段ではなく目的です。愛を達成する為なら我々は何でもできるでしょうし、或いは苦悩もするでしょう。その愛のために前を向く彼らの姿は、「愛とはかくありき」と声高に語っているようでした。
『リマキル』は痛みと愛の物語です。これらはどちらも欠くことのできない重要な柱であり、両方揃っているからこそ、ここまで活き活きとした人物描写が実現したのだと思います。
 さて、それではそろそろ私も筆を置こうと思います。締めの言葉は皆さんご存知のあの文句で。

 めでたしめでたし。

★★★ Excellent!!!

 完全版読了に付き投稿します。
「厄災」という存在により世界の在り方が一変し、人々がそんな情勢を常識として受け止められるようになるほど長い月日が経った世界で繰り広げられる物語でした。現実世界では突飛に見えるガジェットも、丁寧な描写で違和感なく感じられました。
 世界に混乱をもたらす厄災の勢力と、それに対抗するため自ら人間兵器となった魔法少女たち。一癖ありながらも魅力の詰まったキャラクターが入り混じり、様々な展開を繰り広げていきます。戦闘シーンにおいても、魔法少女の能力を全面に押し出した迫力のある描写が見られます。それぞれの能力にあやかってつけられたコードネームで呼び合う関係が良かったです。物語の構成上、グロテスクな描写になる部分もあるので、少し読者を選ぶかもしれませんが、出来ればそのまま最後まで読み進めてみて欲しいです。
 完全版では様々な部分が加筆・ブラッシュアップされ、厄災や魔法少女の起源、登場人物たちの過去や関係が深掘りされ、同時により分かりやすくなっています。厄災と魔法少女たちの戦いも一つの決着を迎え、色々なものが収まるべきところに収まる最後でした。改稿前も良かったのですが、完全版はよりすっきりと物語が集束します。初めて読む人も、初版の読者も、是非その結末を確かめて下さい。


やっぱりダサT良いよね。