リディアの魔法学講座 ー苦い呪いと甘い魔法ー

作者 水瀬さくら

108

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 世界で唯一の蘇生魔法の使い手としてエリート魔法師団に在籍しながら、とある任務で魔法を失い、魔法大学の講師に転職した少女リディア。

 問題児が集められた特別授業を受け持つことになった彼女が、生意気な年上男子たちの指導に苦慮しながら魔法の真理へと迫っていくストーリーが興味深いです。

 転職して痛感した大学教育の現場は世間の常識とかけ離れた理不尽とパワハラが横行する世界で、面倒な雑事はすべてリディア任せ、自分の研究や講演会を優先して、まったく生徒たちと向き合おうとしない教授たちに腹が立ちます。

 そんな教授陣に失望していた生徒たちも、熱心に指導するリディアには次第に心を許していきます。

 どんなに辛くとも投げ出さず、いつも自分を犠牲にして面倒事を引き受け、生徒の可能性を信じて見捨てない。まさに理想の教師ではないでしょうか。こんな先生に学びたかった。

 けれどリディアに構ってほしくて無理に口説いたり、強引に迫ったりしては彼女を困らせる男子生徒たちが、つくづくバカだなぁと笑ってしまいます。

 一見、よくある逆ハーレムですが、現実にもある大学教育の問題に切り込みつつ、世界観も作り込まれた本格派な異世界ファンタジーです。

(「学校へ行こう」4選/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

魔法でファンタジーで主人公が愛されまくってる…という、私の趣味どストライクに投げ込まれた作品でした。

ところがどっこい、ただの逆ハーではないのですよ…!いいですか、皆さん…!

【ポイント1:世界観の作り込みが程よく深い】
特に、魔法に関する設定の作り込みが、素敵です。
過度に複雑でもなく、かといって、分かりやすすぎる訳でもなく。。
しかも、主人公リディアの講義という形で説明されるので、するっと理解できてしまうのです…なんなら、私がリディアの講義を受けたいくらい(ぇ
加えて、理路整然としてるんですよね。本当に、そういう教科書が存在しているかのような説明です…普通に納得してしまう己がいます…。。

【ポイント2:どのキャラも良い子!】
リディアもさることながら、各キャラ皆、それぞれに問題を抱えていて、乗り越えたい過去がある。これが、リディアとの関係性に良い塩梅で影を落としていて…胸がキュンキュンしますね…。
どのキャラにも深みがあるのですね…薄っぺらくないと言いますか。だからこそ、読者側にも想像の余地が与えられて、妄想がはかどります。


ちなみに、どのキャラも大好きな私ですが、推していきたいのはマーレン君です(傍若無人に見えて、めっちゃリディアのこと心配している姿がたまりません…)。

マーレン君だけでなく、素敵なキャラクター目白押しです!
貴方の好みの子もきっと見つかるはずですので、皆様、是非一度、お読み下さいませ~!

★★★ Excellent!!!

魔法の世界を舞台に、新入り大学教員が学生たちにモテまくる、逆ハーレム系ファンタジー……。なのですが、似たような作品の中で、頭一つ抜けています。

 ハーレム系とか、逆ハーレム系の作品の多くで、欠乏しがちなのが、主人公の人間的な魅力だと思います。存在感が薄すぎたり、あるいは、なんでモテるのか到底理解できない、俗物だったりするパターンが多いように思います。

 しかし、この物語の主人公、リディアは違います。彼女の一番の魅力は、まぶしいくらいの利他的な自己犠牲精神でしょう。リディアは一貫して、周囲の人を守るため、幸せにするために、自分の身をささげようとします。そしてその態度は当然、自分の受け持つ学生に対しても貫かれています。そんなリディアだからこそ、男子学生にモテるのも当たり前だと思えるし、読んでいて爽快感があります。

 リディアは、大学の教員です。表向きはいつも、厳正かつ理知的です。一方で、心の奥底には、家族との関係など、致命的な弱さも抱えています。そのギャップが、ぐいぐいと小説を読ませる力を生み出しています。

 リディアだけでなく、リディアの男子学生、ハーレムボーイズたちも、綺羅星のごとき魅力を放っています。

 まず、十段階の笑みを使い分け、女を利用し尽くすホスト系男子、ケイ。抜群のトリックスターっぷりで、彼の出てくる場面は、アドレナリンが出すぎてやばいです。

 堅物のキーファと、ワイルドなウィルのコンビは、バディ萌え不可避です。王族のマーレンも、いい味出てます。「邪魔だ庶民」などなど、彼のセリフには、いちいち笑ってしまいます。

 そんな生き生きとした登場人物たちの魅力を、さらに際立たせているのが、物語の舞台です。とくに、五行相生思想を連想させる、重厚かつ緻密な魔法の設定は、圧巻です。

 魔法の講義をしているだけのシーンがおもしろいなんて、なかなかないことでは?… 続きを読む