月夜に……kiss me

作者 ayane

57

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

好みではなかった俺様。二人の間には色々な出来事がありましたが、幸せになって欲しいですね。
ヒロインがヒーローに惹かれていく過程の描写が素晴らしい。その演出が作品を彩っている。出会いとは、何がきっかけになるか解らないですね。
テンポはスローで、余韻か残ります。一話が比較的短く、どんどん読み進められます。

★★★ Excellent!!!

看護師の雫と消防士の保によるラブストーリー。彼の俺様な態度に辟易としながらも、深みにハマって行く生真面目な彼女の心情が、リーダビリティ抜群の文体でセンチメンタルに綴られています。

クライマックスは息を飲む展開でのめり込みました。泣けるコンエントリー作である本編。待ち受ける結末は……? どうぞ皆さんの目でお確かめください。

★★★ Excellent!!!

 はあ…… 読み終えてしまいました。
 今ですね、子どもを嫁がせた親の気分なのです。
 もちろん、私は十七歳(※偽証)なので、子どもはいませんけれども。

 この物語は、看護師をしている女性・雫が、患者として入院している男性・保から、突然キスされてしまうのです。
 もうそれは、犯罪なのです! セクハラなのですよ~
 ところが何故か、雫は拒否し切れないでいるのです。
 それを良いことにですね、保の強引過ぎるアプローチが続くのですよ~
 トンデモナイ男ですよね~ うん、死刑でOKなのです。
 そうしたことから始まる二人の恋ですけれども、保がしっかりしていないところがあって、ヤキモキさせるのです。
 気分は保の母親ですよ~ こら、保! しっかりしないさい! ですよ~
 だから最後まで、目が離せませんでした。
 物語を読む手が止まらなかったのです。
 ラストは…… 良かったです(泣)
 ヤキモキした気分は、今寂しさに変わっています……
 もっと二人の恋を読んでいたかったですよ~

★★★ Excellent!!!

ヒロイン雫は悲しい記憶を呼び覚ます月夜が嫌いでした。
そんな月夜に新しい出会いが訪れます。
いきなりキスしてくるような「オレ様」保に雫は振り回されます。

恋にはしたごころ(下に心)があって愛にはまごころ(真ん中に心)があると言います。
この物語がまさにそうです。
最初はしたごころの恋物語です。
自分の想いを相手にぶつけて、
行違って、すれ違って、想いをかわして、また行違って……
ふたりの恋ごころがめまぐるしく展開します。

そのふたりの恋がストーリーを追っていくうちに愛へと変わっていきます。
互いを想い、愛して、守ろうとします。

切なくて
胸が張り裂けそうになるストーリー展開です。
次へ次へとスクロールする手が止まらないと思います。


読み終えたなら
きっと月夜にはこの物語とこのふたりを思い出す。

胸キュンして
胸がしめつけられる
「これぞ恋愛小説!」の王道ストーリーをぜひ。

★★★ Excellent!!!

主人公で看護師の雫は月夜が嫌い。
夜勤の巡回途中でも、夜空を照らす月を見ると切なく辛い思いが胸を襲います。
それは、雫の過去に悲しい出来事があったから。
そんな雫が、救急搬送された消防士の保と出会うところから物語は始まります。

強引でストレート過ぎる保の真意を図りかね、距離を取ろうと頑なになる雫ですが、心は裏腹に保に引きつけられていきます。
紆余曲折の末にようやく自分の気持ちに正直になった雫ですが、そこからも様々な障害が二人の前に立ちはだかって──

仕事でも恋愛でも、心を締めつけられるような経験を重ねていく雫ですが、オレ様な保の真っ直ぐな愛情に向き合うことで乗り越えていきます。
けれども、クライマックスではそんな二人に最大の危機が訪れます。

ドキドキハラハラの連続ですが、最後には優しく穏やかな読後感が温かく胸に広がります。

★★★ Excellent!!!

 消防士の俺様肉食キャラの男性と、火事で家族を失った過去を持つ看護士の女性の恋物語。そして、命の物語。
 火傷によって病院に運ばれてきた男は、その病院に勤務する女性に出会う。つまり、患者と看護士の関係だった。それなのに、男は突然主人公の女性にキスをする。ただそれだけなのに、主人公は男のことを意識し始め、徐々に心を開いていく。
 しかし消防士の彼には、個性的過ぎる家族と、忘れられない女性の存在があった。そんな現実に追い打ちをかけるように、主人公は小児科へ異動。しかし、その矢先、主人公が勤めている病院に危機が迫る。
 果たして、主人公の運命は?
 消防士の彼は、主人公を助けられるのか?

 話数は多いですが、短く区切られているので、するすると読むことが出来ました。女性主人公や男性消防士に、感情移入しやすかった作品です。

 是非是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 看護師の彼女と消防士の彼。

 どちらも人々を助けることを仕事としている。そんな二人が出逢うのは、きっと必然のことだったのかもしれない。
 
 二人の出逢いは突然で、けれど彼女から見た、彼に対する初めての印象は良くはなかった。

 それなのに、少し強引な彼のアプローチを受けて、徐々に惹かれてゆく──。

 揺れ動く女性の心の機微と情景が、とても繊細で、胸が締め付けられる場面が何度も有りました。

 恋愛だけではなく、彼女の看護師としての仕事の場面でも読者が感情移入をしてしまうような出来事があり、それでも強く在らねばならないと、気丈に振る舞おうとする彼女の姿に、涙せずにはいられませんでした。

 そして、沢山の苦難を乗り越えた先に見えるのは、月夜が照らす明るい未来と希望。

 読み終えた後に、胸がじんわりとして、切なくも温かい気持ちになれる……素敵な物語でした。

★★★ Excellent!!!

主人公の雫さんがいい人なだけに、俺様で態度の悪い保がホント嫌いでした。雫さんが可哀そうだし、なんて態度の悪い男なんだと!
もしかしたらそのほうが女性にもてるのかもしれないですが、それでも男性の私からすると、なんて嫌なやつだって思ったのです。
ですが、最終的には男を見せました。
ときどき保視点になったときのこいつの気持ちや純粋さを知ると、嫌いだったけど、実は不器用なだけの優しいやつなのかもしれないと思いました。
隙が多くて流されやすい女性と、どうにも俺様が抜けない不器用な男性との、ある意味リアルな恋のお話です。
きれいごとだけではない、修羅場があるのも面白味の一つかも。
私の場合、とにかく俺様すぎる保にたぶらかされる雫を心配するという、父親目線で物語に没頭していました。
それだけに、応援コメントにも保の悪口なんて書いてしまって、「そんなやつに雫はやれん!」なんて勝手に持っちゃってました^^;
おい、保!
雫を泣かせるんじゃないぞ!

★★★ Excellent!!!

52話まで読了途中のレビューです。
看護師の雫が、出会った中居保。強引で積極的でオレ様‼︎……な彼に振り回され、嫌っているはずなのに⁉︎

読みやすい文章と、続きが気になってしまう展開に読みながらドキドキしています。

また雫が秘める凄惨で悲しい過去が、今後の物語で何を投げかけてくるのかも、とても気になる所です。

続きがとても楽しみです。

是非是非ご一読ください。