迷惑メールばっかり送られてくるん何者ぞ?

作者 森 一勲

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全37話

更新

  1. プロローグ
  2. プロローグ:雨宿りの本屋
  3. 第一章:森道芽音のロマンチックな夢
  4. 第一章①(だから今は――、亜衣渡「さん」でいいのです)
  5. 第一章②(へ、アンナさんってほんとはいない人なの)
  6. 第一章③(……おしりなら、いつでもどうぞ)
  7. 第一章④(誰が一人ブラックなのよっ!)
  8. 第一章⑤(初恋ってやつかよ)
  9. 第一章⑥(……ハァハァハァ……パンツの色は……)
  10. 第一章Final(わたし、辞めません)
  11. 第二章:須藤陸香、登場!
  12. 第二章①(もしかして同業者か?)
  13. 第二章②(よく聞こえなかった。もういっぺん言ってみ?)
  14. 第二章③(この二人、会っちゃうよ?)
  15. 第二章④(こんなにかわいい子と会えるなんて、すげえもん!)
  16. 第二章⑤(どうして隠すんですか)
  17. 第二章⑥(夕陽は水平線に向かって沈んでいきやがる)
  18. 第二章⑦(なに一つ理解していなかった)
  19. 第二章Final(僕はきみに水を与えられる存在でありたい)
  20. 第三章:秋。時のうず高く積もる、観覧車
  21. 第三章①(それだけで嬉しかったんだ)
  22. 第三章②(たまに真面目になってやったってのに、これだ)
  23. 第三章③(またレゴで一緒に遊ぼうな)
  24. 第三章④(オメデトウゴザイマス! アナタハズゴイ!)
  25. 第三章Final(わたしが好きな人は……)
  26. 第四章:古井亜衣渡が、大好きだ
  27. 第四章①(なんで掲示板が二つもあるんだよ!?)
  28. 第四章②(臆病者だから、臆病者って言ってやったんだよ)
  29. 第四章③(言えばよかったのさ、私は犬を助けたんだと)
  30. 第四章④(わたし、アイスクリームなのかもしれません)
  31. 第四章⑤(できたら私を選んでね)
  32. 第四章Final(おぞましい言葉の列が、なぜか今は愛おしい)
  33. 最終章:迷惑メールばっかり送られてくるん何者ぞ?
  34. 最終章①(たしかにそう、言ったのか?)
  35. 最終章②(これ、世間の恋人の常識なんすよね)
  36. 最終章③(人の『出会い』というものは、どこに向かって進んでいるんだろう)
  37. 最終章④(そんなものは一生送りませんよ)
  38. 最終章⑤(それだけは本当だって、知ってるもん)
  39. 最終章⑥(恋愛って、きれいごとじゃないんです)
  40. 最終章⑦(だが、ここまでとはな……)
  41. 最終章⑧(出会い系で知り合って、なにが悪いのよ?)
  42. 最終章Final(人は誰かと出会う)
  43. エピローグ
  44. エピローグ:芽音の手紙