時をかける魔王 ~闇落ち無限ループ~

作者 夢乃島 光二

52

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 序盤からたたみかけるような展開で読みごたえは抜群です。特に緻密で芸術的な構成が見どころで、読み返すとハッとするような経験ができます。

 複雑な人間関係をえがいた感情に訴えかける作品で、万人にオススメです。ミステリー小説好きにも、ぜひ読んでもらいたいです。

 あと、魔王の言葉選びが絶妙で、シリアスな場面でもクスッとさせられます。

★★★ Excellent!!!

全く新しいタイプのタイムリープものだと思う。
正直、魔王がタイムリープするっていうお話は、今まで読んだことがない。

それもあるけれど、この小説のある部分に、このレビューを書いている奴は注目せざるをえなかった。
バッドエンド、デッドエンドを見つつ、しかし、それを回避する術を探して模索し続けるって……

まるで、まるで、これは……ノベルゲームのようじゃないか!? と。

そんな、小説でありながら、ノベルゲームを楽しんでいるかのような感覚を味わえてしまう本作。
果たして、魔王が全ての絶望の先に見るのは……

★★★ Excellent!!!


世界を滅ぼし孤独に苛まされる魔王が、あやまちを正すべく過去へと飛ぶダークファンタジーです。

自らの闇、その根源となったのは学生時代に起きた痛ましい事件。
それを未然に防ぐことさえ出来れば必ずや運命は変わるはず。そのはず…?

しかし、定められた歴史を修正することは彼の予想を遥かに超えた難行でした。
たとえ一度は暗黒道に落ちた魔王といえども、所詮は人間。運命に翻弄されるもの。

魔王の独白によって語られる「未来のシナリオ」と「現在」の平和な学園生活。そのギャップや個性豊かなキャラクター達が「今回は」どのような顛末を迎えるのかが肝となっています。

一人称が「我輩」の魔王は純粋で短気、しかも口下手。とても歴史修正に適した人材とは言い難いのですが…だからこそ読者の共感を集め、いつしか彼が救われる事を願っているのではないでしょうか?

純粋とは、諦めを知らないこと。
少し変わった魔王の冒険譚を堪能したい貴方へ、おススメです。

★★★ Excellent!!!

 魔王が、自分で滅ぼした世界の孤独に耐えかねて、魔法学校の生徒時代をタイムリープする物語。異世界が舞台だが、現代ドラマのような風合いが強く、それがとても魅力的だった。
 魔王となった主人公は、魔法学校の生徒時代をやり直すのだが、その結末は必ず幼馴染の死で彩られる。そんな彼女を救うために、主人公は奔走する。天才肌の弟や「王子」と呼ばれる先生、動物を下僕にする少女。それぞれの想いが絡み合って、主人公は「何故、幼馴染を救えないのか」という謎に迫っていく。
 また、この作品における「魔法」は、「心の闇」を原動力にする。そのことによって、心理戦や相手に対する想いなどが分かりやすく拝読できた。おそらくこの仕組みが、この作品を現代ドラマ的に見せている要因の一つだろう。派手な異能力バトルというよりも、人間の心の闇や孤独に焦点が当てられるので、読みやすかった。
 今後、主人公は幼馴染を救うことが出来るのか? 

 是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

魔王の口調で地文が進められているので、思わず吹き出す一作。

何てことないシーンの一つも、人物が魔王となると、水際立つ。
凄惨な死に様を迎えたり、途中で魔王一派の可愛さにホッコリしたり、読んでいて楽しい話です。

個人的には幼馴染の子が、良い味出してるなぁ、と。
突っ込み所も、この作品の場合は魅力になっています。

是非、この機会にご覧ください。

★★★ Excellent!!!

主人公は、どうすれば世界の結末を変えることができるのか、奔走することになります。魔王としての挟持や、どうして魔王となるに至ったのか。物語の進行と共に明らかとなっていき、同時に「世界を変えたい」という彼の望みの中に一つの理由が生まれていきます。
……それが、彼の苦悩を膨らませる結果となるのです。

今後の展開が気になる一作です。