時をかける魔王 ~闇落ち無限ループ~

作者 夢乃島 光二

108

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の一人称視点ということもあり、主人公の苦悩や葛藤などがダイレクトに伝わってきます。また変に癖がないので読みやすくあらすじも難しくないのですっと頭の中に物語が入ってきます。こういった書き方が多くの方に読まれている大きな要因ですが、それ以上に物語の構成がうまく読み手に対して上手なアプローチをしているという印象でした。端的に言えば面白いの一言ですが、ループし続け足掻き続けるようなダークヒーローの物語。これだけではありきたりな二番煎じのような気もしますが一度読んでみるとその印象はガラリと変わってくることでしょう!

★★★ Excellent!!!


落ちこぼれの劣等感
目の前で幾度となく殺される最愛の人
自分を唯一見てくれる同級生
憎いほど愛してやまない天才な弟

全てが複雑に入り混じり、言葉にはできない復讐心と劣等感を抱えたノエル。
繰り返す惨劇をなんとか変えようと、無力ながらも抗う姿は正にダークヒーローという印象を貰いました。

全てを奪っていった世界と、自分よりも遥かに有能な兄
それでもそんな世界を愛した幼馴染を救うために、皮肉で複雑な感情の表現が胸を締め付ける。

それでも、その先にある未来を望み続けた彼は
全てを破壊し世界を絶望に変える、決してそんな魔王ではなかった。
いや、魔王になれなかったというべきか…

第2部の更新も楽しみにしております。
今後も応援してます!

★★★ Excellent!!!

魔王。タイムリープ。なんか最近よく聞くキーワードだなあ……
と思って開いたら、スクロールが止まらなくなり、最後の場面では泣いていました。

狂気と希望が交じり合う、シンプルで壮大なストーリー。
同じ場面を何度も繰り返すうち、ほんの少しずつ絡まった運命の糸がほどけてゆく。

大切な幼なじみを救うために人生を巻き戻し始めた魔王は、やがてもっと大切なことに気がつくことになるーー


ストーリーの仕組まれ具合も息をのむばかりですが、文章の読みやすさも抜群です。何度同じ場面を繰り返しても、全く飽きがこないのです。
その間に巧妙な伏線が張り巡らされ、それらがすべて美しく回収されていくさまは、本当に見事でした。

気がつけばこの話の虜にされ、一話目を読みだした時からは全く想像できないほどの、劇的な展開にただ身を投じることになるのです。

また魔王、幼なじみ、双子の弟、クラスメイト、学校の先生ーー最終話近くになると序盤が懐かしい気持ちになるほど、登場人物たちも変化していきます。


この胸の熱さは、読んだ方にしか伝わりません。
とにかく一周。魔王の人生のやり直しをり見守ってください。
いつのまにか、その魔王に魅了されきっているはずです。

★★★ Excellent!!!

主人公は世界を滅ぼしてしまった魔王。タイムリープ能力をもつ彼は、大きな後悔をかかえ、何度でもデッドエンドをやり直します。幼なじみと、天才的な弟や個性的な同級生たち、そして落ちこぼれだけど妖艶なシーナ――同じ言動、場面、過ちを何度も踏みこえ、唯一どこかにあるはずのハッピーエンドを目指しゆく先、魔王を待ちうける運命的未来とは――。
最新話、第一部まで拝読しました。続きが気になります。とても続きが気になります。この先、彼らはどうなってしまうのでしょうか。入れ子構造になった展開がスリリングで、主人公たちの行動にはハラハラさせられました。とくに主人公のうす暗い感情(弟への妬み・ライバル心など)が非常に伝わってきました。あんなできる弟がいたら嫌ですよね……(わかる、わかるよーと拝読しました)。この先、魔王がつかみ取るのは果たしてハッピーエンドか、それとも予想もつかないバッドエンドか。その他の登場人物たちの行動からも目が離せない、非常に続きが気になる作品でした。

★★★ Excellent!!!

正直に言って数話読んだだけでもこの話が面白いものだと、個人的にすぐに気づくことができる。
タイトルもシンプルでこの物語の大まかな内容が分かりやすい。変に長くもなく、すんなりとあらすじに移ることができた。
あらすじで物語を読み進めていく上で必要になってくるものを揃え、いざ最初の話に入ると最初に出てくる魔術師のセリフのインパクトの大きさには驚かされた。

また、文章は一人称視点で主人公と同じ目線で見ることができ、しかも主人公の状況説明もわかりやすい。
今後、読み進めていって物語の最後がどう描かれるのかが楽しみである。

★★★ Excellent!!!

何かすごい――と申しますのが第一印象。

さり気ない。触れやすい。
後悔を覆し、潰えたはずの希望を叶え――、

その後に見事挫いてみせる。

とは言え、それはタイトル通りの前提条件としても。

探りゆく、直しゆくまでの間で徐々に顕となる事実。
事実と機転、これがえも言われぬサスペンスを織りなしていて手には汗。
素直にハラハラ、在りし日の再現にほのぼの。
後悔に心焼かれるかと思えば、過去を覆す可能性に心燃やし。
魔王の葛藤と機転とのコントラストで引きずり込む。
ダークでありながら温かく。
心温まるかに見せて残酷で。
バッド・エンドへ翻す叛逆の旗へ思わずエール。

終わりを知れば、終わりを拒めば、全てを収められるのか。
その過程、その必然すら、覆すことができるのか。
それは無数の分岐点。
それは無限の選択肢。
また始めることができるとしても、その先にはまだ見ぬ可能性が待つ。
ただ一点、覆せるかも知れない絶望に抗って。
ただ一点、叶えられるかも知れない希望に縋って。
『時をかける魔王 ~闇落ち無限ループ~』
その底知れなさは、合わせ鏡の奥行きにも似て。

★★★ Excellent!!!

 序盤からたたみかけるような展開で読みごたえは抜群です。特に緻密で芸術的な構成が見どころで、読み返すとハッとするような経験ができます。

 複雑な人間関係をえがいた感情に訴えかける作品で、万人にオススメです。ミステリー小説好きにも、ぜひ読んでもらいたいです。

 あと、魔王の言葉選びが絶妙で、シリアスな場面でもクスッとさせられます。

★★★ Excellent!!!

全く新しいタイプのタイムリープものだと思う。
正直、魔王がタイムリープするっていうお話は、今まで読んだことがない。

それもあるけれど、この小説のある部分に、このレビューを書いている奴は注目せざるをえなかった。
バッドエンド、デッドエンドを見つつ、しかし、それを回避する術を探して模索し続けるって……

まるで、まるで、これは……ノベルゲームのようじゃないか!? と。

そんな、小説でありながら、ノベルゲームを楽しんでいるかのような感覚を味わえてしまう本作。
果たして、魔王が全ての絶望の先に見るのは……

★★★ Excellent!!!


世界を滅ぼし孤独に苛まされる魔王が、あやまちを正すべく過去へと飛ぶダークファンタジーです。

自らの闇、その根源となったのは学生時代に起きた痛ましい事件。
それを未然に防ぐことさえ出来れば必ずや運命は変わるはず。そのはず…?

しかし、定められた歴史を修正することは彼の予想を遥かに超えた難行でした。
たとえ一度は暗黒道に落ちた魔王といえども、所詮は人間。運命に翻弄されるもの。

魔王の独白によって語られる「未来のシナリオ」と「現在」の平和な学園生活。そのギャップや個性豊かなキャラクター達が「今回は」どのような顛末を迎えるのかが肝となっています。

一人称が「我輩」の魔王は純粋で短気、しかも口下手。とても歴史修正に適した人材とは言い難いのですが…だからこそ読者の共感を集め、いつしか彼が救われる事を願っているのではないでしょうか?

純粋とは、諦めを知らないこと。
少し変わった魔王の冒険譚を堪能したい貴方へ、おススメです。

★★★ Excellent!!!

 魔王が、自分で滅ぼした世界の孤独に耐えかねて、魔法学校の生徒時代をタイムリープする物語。異世界が舞台だが、現代ドラマのような風合いが強く、それがとても魅力的だった。
 魔王となった主人公は、魔法学校の生徒時代をやり直すのだが、その結末は必ず幼馴染の死で彩られる。そんな彼女を救うために、主人公は奔走する。天才肌の弟や「王子」と呼ばれる先生、動物を下僕にする少女。それぞれの想いが絡み合って、主人公は「何故、幼馴染を救えないのか」という謎に迫っていく。
 また、この作品における「魔法」は、「心の闇」を原動力にする。そのことによって、心理戦や相手に対する想いなどが分かりやすく拝読できた。おそらくこの仕組みが、この作品を現代ドラマ的に見せている要因の一つだろう。派手な異能力バトルというよりも、人間の心の闇や孤独に焦点が当てられるので、読みやすかった。
 今後、主人公は幼馴染を救うことが出来るのか? 

 是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

魔王の口調で地文が進められているので、思わず吹き出す一作。

何てことないシーンの一つも、人物が魔王となると、水際立つ。
凄惨な死に様を迎えたり、途中で魔王一派の可愛さにホッコリしたり、読んでいて楽しい話です。

個人的には幼馴染の子が、良い味出してるなぁ、と。
突っ込み所も、この作品の場合は魅力になっています。

是非、この機会にご覧ください。

★★★ Excellent!!!

主人公は、どうすれば世界の結末を変えることができるのか、奔走することになります。魔王としての挟持や、どうして魔王となるに至ったのか。物語の進行と共に明らかとなっていき、同時に「世界を変えたい」という彼の望みの中に一つの理由が生まれていきます。
……それが、彼の苦悩を膨らませる結果となるのです。

今後の展開が気になる一作です。