近未来ショートショート集

作者 黒井真(くろいまこと)

ある夜の対話」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 投稿お疲れ様です。いわゆる「会話」と言っても片方が話し、片方が聞くという形態が多いのは確かにヒトが「承認欲求」と「意思決定」を知らず知らず求めているからかもしれない、と思いました。言語の起源が思考の伝達というよりはコミュニティ内のコミュニケーションに由来していることと関係しているのかもしれません。
    でもやっぱり多いのはバーのマスターのように「愚痴」なのかも?

    作者からの返信

    応援&コメントありがとうございます。

    >言語の起源が思考の伝達というよりはコミュニティ内のコミュニケーションに由来

    そうなんですね! 言われてみれば、確かに「思考を伝達する」ためには、自分の中である程度、体系化された論理を練り上げる必要があって、それができる人って、結構、限られてきますよね。
    やっぱり愚痴とか不満とか、曖昧な感情を誰かと共有して自分を認めてほしいっていう部分が多い気がします。典型的なのが、夜中に女友達からかかってくる電話。意見とかアドバイスが欲しいわけでなく、単に聞いてほしいだけ、的なやつ。正直、自分は苦手だったりします。ToT

    2020年8月23日 00:59

  • 2つの場面を使いながらも綺麗に話を進めていて作者の技量を感じました。とても面白かったです。

    作者からの返信

    応援&コメントありがとうございます。
    「技量を感じました」なんてもったいない!(でも嬉しい)
    まだまだ修行中の身の上なので、気恥ずかしいです。(でもメチャメチャ嬉しい)
    これからも面白いと言っていただけるように、頑張ります。

    2020年8月18日 21:06