霊感タクシー

作者 来冬 邦子

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タクシー運転手が、客にねだられて怪異を語る、という内容なのですが。

文章がさらりとしているだけに、いろんな想像がかき立てられます。
『タクシー』『女の乗客』『語りの上手い運転手』とお膳立てが整えば……。

コレは、読むしかないでしょう。

ラストのオチは秀逸です。「おっと、そうか」と思わされました。

★★★ Excellent!!!

 呼ばれてますね……明らかに。

 その時間帯にお客は増えただろうから、ある意味でもうけにつながる幸運の女神(≒幽霊)に愛されてしまった……いやいや、そんなこと言ってられない。運転手にとって怖いだろうが。
 ただし運転手もこう毎日続くと一種の諦めのような、受け入れてしまっている感じも感じられた。

 どうぞ皆様お読みください。

★★★ Excellent!!!

とあるタクシーの運転手さんによるこわい話。

語り口調で進むストーリーなのですが、運転手さんの乾いた笑い声が余計に不気味さを演出しています。あははは。

そしてラストにゾクっとしました。
だってそりゃ、ねぇ……、あははは。

とても面白く怖かったです!
おすすめです♪