コップの中の漣

作者 凪乃ひすい

すべてのエピソードへの応援コメント

  • コップの中の漣へのコメント

    すいません。
    ☆つけたと思っていたらついてませんでした。
    今更ですがどうぞ。

    デイストピアもの好きなので読み返しています。

    作者からの返信

    いえいえ、読んでくださるだけでも、とてもうれしいです。でもお星さまをもらえるともっとうれしいです。現金なものですね(苦笑)ディストピア、になるでしょうね。僕自身、書き終わった後もいろいろと想像したりしています。うれしいコメントを、ありがとうございます。

    2018年7月14日 09:23

  • コップの中の漣へのコメント

    見事でした。狙撃場面に挟まれる三回の「ぴちょん」が特に。傑作ですね。

    作者からの返信

    そう言っていただけてうれしいです。もったいないくらいのお言葉を、ありがとうございます。「ぴちょん」は、ある意味では残酷な描写なのでソフトに、でも状況がわかる文章にしたかったんです。重ね重ね、ありがとうございます。

    2018年7月8日 22:02

  • コップの中の漣へのコメント

    綺麗な情景の中にも、恐ろしい現実が浮かび上がっていく構成が、悲しくもまた美しく見えました。
    少ないセリフのやり取りでも、二人がお互いを思い合う関係が見えて、だからこそこの世界で生きていこうと決意したのだと思いました。
    狙撃する僕が、水の波紋を思い出しているシーンに、胸を鷲摑みにされたような気持ちになりました。

    最後に、自主企画への参加、ありがとうございました!

    作者からの返信

    遅くなってしまいすみません。コメントをありがとうございます。この風景を丁寧に見つめていただいたようで、切りとった人間としては表現者冥利につきます。狙撃のシーンは、ある意味では見せ場のひとつです。そんな気持ちになっていただいて、とてもうれしいと感じています。最後に、素敵な自主企画を、こちらこそありがとうございました!

    2018年7月7日 02:36

  • コップの中の漣へのコメント

    なんか切ないですね、世紀末的な世界観が素敵です。

    作者からの返信

    そう言ってもらえてうれしいです。なんといいますか、こういう終わりが見えているものって切なさを感じますよね。コメントをありがとうございます。

    2018年7月4日 23:25

  • コップの中の漣へのコメント

    短い文章でしたが、心が洗われ、感動を覚えました。

    作者からの返信

    そう言っていただいてうれしいです。もったいないくらいの評価を、本当にありがとうございます。

    2018年7月3日 21:56