少女お気楽旅

作者 クロベ

66

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

序盤は可愛さ+グロさが混じった雰囲気で、伏線もちょこちょこあって『ふむふむ?』と読み進めていけました。
話が進むとだんだんキャラクターの事や世界観(背景)が見えてきて『お前...マジか...』と暗い気持ちになりますが、しっかりキャラクターの可愛さは残っているので『可愛いぃぃ↑↑あぁぁあグロだぁあぁ↓↓可愛いぃいんいぃい↑↑話が重いぃいい↓↓』と感情がかなり忙しくあっち行ってこっち行ってになりました。
面白かった点、良かった点、期待している点を書きましょう!とレビューの説明文にあったので、下記に箇条書きで書いておきます。

面白かった点
・次女三女
良かった点
・次女三女
期待している点
・次女三女

読めばわかるんで!!読めばわかるんで!!ホント読めば分かるんで!!読んで下さい!!私と次女三女の話しましょう!!読めば分かるんで!!

★★★ Excellent!!!

ドラゴンがトカゲやヘビなどの部類に分けられているのが面白いです。

終わった後の世界でのお話、だけれどキャラ達にとってはまだ終わってはいない。
それぞれが辛い過去を持っておりそれを引き摺っている、その過去を乗り越えた時に初めて終わったと言えるのかもしれません。

黒い世界、暗い設定、ですから、だからこそ際立つ百合の花。
果たして彼女らは目指すものを掴み取ることができるのか。
暗いことばかりではなく、可愛いくて愛らしい百合もたくさん見れます。
それが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

奴隷として売られていた獣人の少女を買ったのは、なにかと大雑把な性格をした傭兵の女性。ミッコと名乗ったその女性は、奴隷の所有権を示す証明書を破り捨て、少女に「従者」としてではなく「相棒」としての付き合いを求める――という筋立ての異世界ファンタジー小説。
転移以前からのミッコの友人ホマレや、騎士見習いの少女ウルカノ、ミッコの妹ヒヨリといった仲間たち(いずれも女性)が徐々に加わり、賑やかに世界を渡ってゆく様子が描かれます。

……と書くと明るく楽しい冒険ストーリーを思い浮かべるでしょうが、実際に読んでみるとタイトルから想像もつかないほどの重さが迫ってきます。
そもそもが「奴隷を買う」という出だしであることに始まり、読み進めていくにつれて「転移者を『勇者』に仕立て上げて使い潰そうとする国々」「かつての世界を忘れられずテロリストに身を堕とした転移者」「得体の知れない怪物の力の発現」「襲い来る過去の亡霊」と、黒い要素が続々登場。少女たちを取り巻く世界はとにかくハードです。

しかし、そんなハードな世界であるからこそ、自分らしく生き抜こうとする少女たちの姿が眩しく光る。
読みごたえのある秀作です。

★★★ Excellent!!!

今百合界隈ではおねロリがアツいです。例に漏れず私も好きです。そこで「丁寧口調無礼獣人ロリ」と「大雑把人間お姉ちゃんズ」のおねロリです。ハーーーーイ絶対好きです!!読みます!!

そんなノリで読みはじめた作品でしたが、中身は「お気楽旅」とは思えないほど重く濃いものです。
のっけから奴隷として売られてる獣人ロリはまあジャブとして、各国で傭兵として戦う異世界転生者、元の世界に帰りたくても帰れない転生者たちのテロ組織、そして物語が進むごとに秘密を抱え、あるいは闇が明らかにされていく少女たち。とても重い。
今のところちょっと怖いだけのウルカノさんが一番の救いです。お気楽とはなんだったのか。

でもみんな「お気楽」でいることを望んでいるんですよね。闇を抱えがちなお姉ちゃんズは戦闘中にどうでもいいことを言ってマイペースを保とうとしますし、某キャラは友達との平和な日常を切望しています。「お気楽な旅」というよりは「お気楽を目指す旅」なのかなあ、とふと思ったり。
頑張る少女は眩しいです。それが困難でささやかな目標ならなおさら。重くてお気楽でみんなが頑張る百合、是非ご一読ください。

個人的には、次女と三女のあんまり仲良くないのに秘密を共有してるとこが好きです。なんだかんだ一番相性良さそう。でもメインの月子ちゃんとハルちゃんのこれからはやっぱり気になります。おねロリはやはり最高なのです。