私と副部長のものかたり

作者 三谷 朱花

32

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語は恋愛小説を書こうと頑張るちょっと地味な北原由以子さん(ゆい坊)のお話です。
彼女は恋愛小説を書こうと日夜頑張っています。
毎日、毎日頑張っています。

砂糖を吐くくらい甘い恋愛小説を書こうともがき続けています。


それだけだったらよかったのですが……

副部長の畑下祐太郎。コイツが問題です。
祐太郎は前髪を伸ばしたモッサリ感はしてますが、ノン眼鏡だとイケメン。
人との付き合いも、そつなくこなすハイスペック男子。

ただし、彼の正体をしらなければね。

副部長の性格を端的にいうならドエス。
地味な由以子は恋愛小説を書こうと頑張っているのに、何かにつけて絡んできます。

「あれは女子の妄想でしょ? 男子があれをしたいと…思う?」

グイグイと頬には笑みを貼り付けて、由以子さんはいたぶられます。

そんな毎日、主人公である由以子さんは言いました。
「一歩間違えなくてもセクハラなんですけど!」

この物語はドエス副部長に振り回される地味系文芸部員のお話です。