妹の願いは友達を空へ打ち上げることだった(タイトル仮)

作者 八幡西県研究室

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全51話

更新

  1. 0.5話 
  2. 幼いころから、怖い話が好きだった
  3. お母さま。
  4. 少女は柔らかな黄色が良く似合う
  5. 患者が脱走しました。ただし患者は意識不明の状態です。
  6. この子のためにも髪の毛をバッサリ切ってあげなさいよ
  7. 僕たちはただ彼女を病院に連れ戻すだけではいけない気がするわ
  8. 手がかりがないんだ。笑うでない。
  9. 言うなれば果たし状でございます
  10. 待って、なにが『そういうわけなので、』なのかしら
  11. それは…寝たふりしているのではないか?
  12. 人間の方がよっぽど残酷ね
  13. 第一話 ザンリュウ
  14. 君は人間リモコンを知っていますか?
  15. 手紙をもらった
  16. もしもし。お困りですか?
  17. 店主は人の顔を認識できないの
  18. おひひょうしゃん、あれ、客
  19. 幽霊は死んでいるのです。宇宙人は、まだ生きているではありませんか
  20. 暇になったら話を聞きに来て
  21. お腹が痛いの?君を起こそうと何度も殴っていたからかしら
  22. 僕みたいに何も知らないで町へ訪れた人は危険ですね
  23. どうして君はさっきからチンプンカンプンなことしか言わないの?
  24. えらいことになってしまいやしたね
  25. いつの間に?いや違う、この人ははじめから舟に乗っていた
  26. 飴をやればすぐおとなしくなる
  27. わたしは岬通りの案内人。会いたい人に会わせてあげるよ
  28. 犯人を捕まえてやろう、じゃなくて原因をつきとめて問題を解決したい
  29. 怪談ネタだが、参考になると思うんだ
  30. 予想できる問題点をあげてたら動けなくなっちゃうもん
  31. 皮肉を明るい口調で言わないでくれ  
  32. いやまて、そもそも彼女は誰だ?
  33. あとは答え合わせだけだ
  34. あんたがバケモノを町へ送り出したのか
  35. 僕には「わからない」
  36. 本当にありがとう。これで岬通りは平和になった
  37. そんな可愛いおつかいなら見逃してやるべきだったかな?
  38. 仲直りできてよかったな
  39. …以上が前日談
  40. 後日談
  41. 第一話 テンカ
  42. 今日はとてもいい日になるでしょう
  43. 可哀想だと勝手に決めつけているようね
  44. ようこそ学校へ
  45. どうして央くんはビクビクしながら食べているの?
  46. 触ってみるくらいなら……いいでしょう?
  47. なんてろくでなしロボットだ
  48. 僕はあいつらが大嫌いなの
  49. キャラ設定です
  50. …どうしてお見舞いに来たんだ?
  51. だーかーらあ!
  52. そのリュウボクさんが病院に侵入したと思われるのですが
  53. 『失敗した。』
  54. 防犯ブザーで殴りにいくバカなんて初めて見た