バイク屋小説を書いていて思う

ある琵琶湖の畔に有る田舎町でバイクに乗った若者の事故が有りました。大島サイクルの舞台となった街とそっくりな街です。


https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyoto_np/region/kyoto_np-20180802000081


乗っていた16歳の若者は頭部骨折の重傷。警官も軽いけがをしています。


もうね、高校生がバイクに乗ってる小説なんて書いてる者としては悲しい限りですよ。『高校の頃バイクに乗ってたらどんな青春だったかなぁ』って思ってたらこれですから。自分の書いている小説が影響したとは思えないけど、空想の世界の話とは言え自分がやっているのは間違いじゃないかって思ってます。


怪我をした少年が

『小説を読んでバイクに乗りたくなって』

『小説の真似をして』

なんて私の小説を読んで思ったのなら、大島サイクルシリーズは全削除するつもりです。作者である私は交通ルールを守って、安全に楽しくバイクに乗ってほしいと思っているのに…まぁマイナー作だから読んでいるとは思えないんですが。


我ながら思い上がりも大概だな…。


バイクは楽しく乗ってほしいなぁって思いながらこちらをどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=nVQ2uwYLRGY

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます