続いてお便り

続きまして、ペンネーム 北乃ガラナ さんからのお便り。

異世界の果てでイッテQな作品を投稿しておられます。ワッショ~イ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881982435


『プロではないけど、愛好者ていどとしてならありますね。


やっぱり自分が好きなジャンルに関しては厳しくなりますよね。


「あれ、それって最近では否定されているけど」

「それ、昭和の定説・イメージだよね。古いな」


的な脳内処理が、邪魔してきますからね。


そりゃあそうなんですよ。だってプロの作品を数百かそれ以上読んじゃって+他のメディアでも情報収集・更新に怠りないですからね。好きなジャンルは……。


逆に知らないジャンルだと、素直に入り込めて愉しめるのでお得ですね。

新鮮味がありますし。なので、カクヨムでは、そういうところに身を置きたいなと心がけています。』


なるほど。知らないジャンルなら先入観も専門知識も無い分新鮮で楽しめる面がありますね。そうだなぁ…余計な知識が無いまっさらな状態で読めば楽しめますな。


そう思うと、俺って薄汚れちまったなぁ…変に色々経験しているから真っ新になれないよ…真っ白にも成れない。流石に血で染まった事は無いけどね。腹の中は〇楽さんも真っ青なくらい真っ黒だしね。


知らないジャンルとか探してみようかな?純愛とか、マイナーなスポーツとか面白いかもしれん。もしかすると当たりが引けるかも知れぬ。


これなんか滅茶苦茶マイナーだろう。


https://kakuyomu.jp/works/1177354054886014101


消防操法訓練大会に焦点を当てて作ってみたお話。いつだったか消防団員が大笑いした某局のドラマが有ったけど、あれよりは消防団の様子が正しく描かれていると思う。あのドラマは現役の消防団員が失笑してた。『アレは無いわ』だってさ。

あのドラマまで行くと知らないジャンルとは言え変だなって思う。1話見てみるのを止めた。きちんと取材できていないのが素人でも分かる。


マイナーなジャンルだからこそ下調べはキチンとしないとね。期待して見てくれた人たちは呆れるし、知らずに見た人は『?』ってなってしまいます。


一応現役の消防団員に聞いて作った話です。ツッコミ大歓迎。作品修正の参考にさせていただきます。


火災現場で最前線へ行くのは基本的に本職へお任せだそうです。消防団は交通整理とか周辺への延焼を止める役目が多いとか。そもそも普段は他に仕事を持つ人たちです。普段から訓練をしている本職には色々な面でかなわないそうです。


消防団の話はここらへんで終わりにしますか。


何となくお便り(コメント)が増えてきてラジオって感じがしてきましたね。


リレー自体は一旦終わってるみたいだけど、愛菜ちゃんが金曜に文字ラジオを続けるみたい。京丁椎は今回で一旦文字ラジオを止めて、消防団のお話を終わらせてからバイク屋小説と並行して続けるつもりしてます。来週は特番により放送休止。


https://kakuyomu.jp/works/1177354054886179734/episodes/1177354054886237594


最近の高校生は凄い子もいるね。文章なんてきちんと成り立っていて読めるもの。

こういう子が日本の将来を背負うんだなって思います。愛菜ちゃん、俺みたいに薄汚れちゃいけないよっと。若い子も捨てたもんじゃないと思う。


それでは、ここで一旦CM


この時間は小さなものから大きなものまで動かす力、ヤンマーディーゼル……

……のトラクターが我が家の田んぼを耕しました、京丁椎がお送りしました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます