310話 「オスがメスを屈服させるのは最高に気持ちいいぞ!! 後編」


「カハッ…がはっ…ごほごほっ…ァァア…ァーー」


「どうしたの? こんなもんでへばったわけじゃないでしょう?」



 ぺしぺしっ


 口から白くてどろっとしたものがこぼれて、少しぼけっとしているプライリーラの頬を叩く。



「ウウウウッ!! ガブッ!!」



 すると、いきなりアンシュラオンの首筋に噛み付いてきた。


 ググググッ


 歯を突き立てて頚動脈を噛み切ろうとしてくる。


 手が使えないのならば歯で戦え。まさに武人の鑑のような行動である。


 より獣らしい行動でもあるので、彼女がこの選択をしたのは自然なことであろう。だが、もちろんこんなものは通じない。



「ははは。くすぐったいな。メスの甘噛みってのは気持ちいいもんだよ」


「グルルルルッ!!」


「噛み付きってのは、こういうふうにするんだ。がぶっ!!」


「ヒグッッ―――!!」



 アンシュラオンに噛み付いたことで首筋が晒されたプライリーラに、お返しとばかりに噛み付く。


 ググググググッ ミシミシッ



「カハッ…はっ!!」



 ぎちぎちと絞まり、歯が喉に食い込んでいるので呼吸ができない。


 明らかに彼女の噛み付きよりも強い力だ。その気になれば首を噛み切ることもできるが、これはあくまで威圧なのでそこまではしない。


 次第にプライリーラの噛む力が弱くなり、最後は逆にだらんと口を開けることになる。



 アンシュラオンはそのまま噛み続け、風呂の縁に押し付ける。



 プライリーラは必死に起き上がろうとするが、両手が動かないうえ首まで噛まれているから力が入らない。


 結局、自分よりも小柄なアンシュラオンに簡単に押さえつけられる結果になる。


 猫が交尾をする際、オスはメスの首を噛んでおとなしくさせるが、そういった光景にも似ている。


 あれは排卵を促す目的があり、尖った性器で刺激を与えるので、その際にメスから攻撃されないようにするためであるが、この両者においては力関係を示す大切な行事でもあった。




「フーーーッ、フッーーー!!」


「よしよし、少しはおとなしくなったかな。じゃあ、また入れるぞ」



 ズブズブッ


 上の口は凶暴だが、下の口は非常に素直に自分を受け入れる。



(やっぱりプライリーラは気持ちいいなぁ。もっともっと味わいたい)



 肉体の感度はまったく下がっていない。むしろ交われば交わるほど馴染んで気持ちよくなっていく。


 姉には及ばないが素晴らしい逸材であることには違いない。


 こうして噛み付いている間も口の中には甘いミルクの味が染み渡っている。それだけで口が溶けそうだ。


 姉の果実のような甘みとはまた違って、これも独特の良さがあるので癖になりそうだ。



「くふっ…フゥウウウッ!!」


「なんだか手がつらそうだね。全力を出せないから勝てないとか思っているのかな? なるほどなるほど、ならば手も外してあげよう。さあ、これで君は自由だ。全力を出せるよ」


「フッ!!!」



 バチンッ!!!


 命気手錠を外した瞬間、プライリーラがビンタしてきた。


 アンシュラオンはあえて戦気なしでそれを受けるが、それでもダメージは与えられない。



 バチンッ! バチンッ!!! ドゴンドゴンッ!!



 プライリーラは何度も何度も叩く。時には戦気付きの拳で殴りつける。


 が、何度叩いても結果は同じである。びくともしない。



「どう? 満足した? それなら次はオレの番だね」


「ッ!!」


「いくぞ、ほーれ!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



「ブハッ!!」



 アンシュラオンの張り手が、プライリーラの頬をぶっ叩く。


 かなり抑えた一撃だが、首がもげそうなほどの衝撃を受け、ぐらつく。



「ハーーー、ハーーーーッ!!」


「いけない子だね、プライリーラ。メス馬はオスの言うことをしっかり聞かないとさ!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



「ブフッ!!」


「これはお仕置きだよ!! オレは君を愛しているから殴るんだ!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



「見てごらん! オレの手が赤くなっているじゃないか! 君への想いが赤くさせているんだ!! 君がてこずらせるから、仕方なくこうしているんだよ!! なんて乳だ! けしからん!! もみもみっ!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



「股もこんなに濡らして、なんてイヤらしい!! 叩くたびに締まっているじゃないか! 本当は暴れて男の気を引いて、激しく犯してもらいたいだけなんじゃないのか!! まったく、真性のマゾだな!! これはお仕置きが必要だ!! ふんふんふんっ!!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ズブズブズブッ!! ぐっちゅぐっちゅっ



 殴っている間も交尾は続行する。


 実際に叩くたびに締まるのは事実なので、当人の身体はしっかりと反応しているようだ。


 これはマゾというよりは、武人特有の反応なのかもしれない。


 そもそも武人は戦えば戦うほど強くなる生物であり、肉体や精神が痛めつけられるほどに因子が覚醒していく。


 常に肉体的な苦痛が伴ってこそ進化するので、武人は常人よりも痛みに強いし、苦痛を快楽として受け入れる物質が脳内で分泌しやすいのだ。



 彼女は―――喜んでいる。



 叩かれるたびに、犯されるたびに、少なくとも身体はアンシュラオンの有用性を認め、欲している。


 だから女性器はさらなる刺激を得ようと蜜を生産して男を誘惑し、彼女自身にも強い快楽を与えていく。




「フーーーーッ、フーーーーッ!! ハァハァッ…ハッ!」



 何度も叩かれ、プライリーラの頬が真っ赤になっている。


 口内が切れて血が垂れ、瞳孔もショックでぐるんぐるん動いており、自分の状態をどれだけ認識しているのか怪しいものだ。



 しかし、そんな彼女にも一つだけわかることがある。




―――自分が犯されていること


―――目の前のオスは、自分よりも強いこと


―――何をやっても抵抗できないこと


―――あらがえばあらがうほど、反撃と束縛が強くなっていくこと




(なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは、なんだこれは!!!)



 『暴走せし暴風の獣』はパニックに陥る。


 今まで自分が力を出せば、どんな相手にだって勝ってきた。


 相手は自分の支配下に入り屈服してきた。オスだって関係ない。全部服従させてきた。


 それが目の前のオスに対しては、まったく通じない。武器がない裸同士だからこそ、それがはっきりと示されるのだ。



 ドキドキドキドキドキッ ドキドキドキドキドキッ

 ドキドキドキドキドキッ ドキドキドキドキドキッ

 ドキドキドキドキドキッ ドキドキドキドキドキッ



 心臓の鼓動が速くなっていく。呼吸が荒くなっていく。


 恋をしたわけじゃない。自分より強い相手に焦がれたわけでもない。


 徐々にその感情が暴風の獣を汚染していく。





―――恐怖





 という感情が。




「ウウウッ…ウウウウッ、ウワァアアアアアアアアアアアア!!」




 その感情がピークに達した瞬間、突如暴風の獣は逃げ出そうとする。


 今までは相手を攻撃して倒すことを念頭に置いてきたが、このオスには何も通じない。



 このままでは―――喰われる。



 暴風の獣は、それをようやく理解したのだ。


 そうなった場合、獣が取る選択肢は一つしかない。



―――ひたすら逃げる



 ということ。


 勝てない相手には逃げるしかない。どんなにみっともなくても喰われるよりはいい。


 これも野生の本能である。



 がしかし、この白き獣がそんな逃走劇を許すわけがない。



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



 逃げようとしたプライリーラの頬に、再び強烈な張り手がかまされる。


 脳と意識が揺れ、身体から力が抜ける。



「ッ!!!」


「くくく、逃げられると思うなよ。がぶっ!!」


「ギャフッ!!」



 ずぶずぶずぶずぶっ


 プライリーラの両手を自分の両手でがっしり押さえ込み、首筋に噛み付きながら交尾を続行する。


 むにゅんっ ぐにゅっ ぷるんぷるんっ


 胸と胸が重なる感触が実に心地よい。



「ああ、美味いな。お前は美味いぞ。ふんふんふんっ」


「あっ、あっあっ!! あぁああああ! アーーーアーーーーーーっ!!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!



「ひうっ!!」


「逃げようとしたら殴るからな。お前はオレには勝てないんだぞ。それを何度も何度も身体に教え込んでやるからな!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ



 プライリーラが逃げようとすれば叩き、腰の動きを速める。


 それから首に噛み付き、おとなしくさせる。どちらが強いかを教え込むのだ。たまに胸に噛み付いたりもする。



 それを何度も何度も繰り返す。暴風の獣が理解するまで繰り返す。




(獣の調教方法は簡単だ。圧倒的な暴力でどちらが上かを示せばいい。これが自然界の掟。強い者に従うという動物の本能だ!!)



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ



 イヌ科の動物を見ればわかるように彼らは群れを作り、リーダーの命令には絶対的に従う。


 それは人間社会でも同じだ。より強い者が弱い者を支配し、統治するシステムが生存競争においてもっとも効率が良いからだ。


 そのためリーダーとなる者は、己の強さを相手に示さねばならない。



 その最たる手段が―――暴力



 この世界、この宇宙のすべてにおいてパワーは完全なる要素の一つだ。


 何よりも力がなければ生きていけない。力があってこその安定と平穏である。これをより多く、より大きく、強力に宿す者に従うのが自然界の掟だ。


 逆らう者には徹底的にこの事実を教え込まねばならない。その者が弱いのならば特に重要だ。



 なぜならばその弱い人間は、放っておけば違うより強い者に喰われて果てる運命にあるからだ。



(そうだ。これはプライリーラを守る行為だ! オレは君を守りたいんだ!! わかれ! わかってくれ!! ぐへへへ!! どうだ、こいつめ!! わかったか!! オレのマイボーイをくらうがいい!)



 かなり素の支配的欲求が出ているが、当人は良かれと思ってやっていることである。



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ


 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ



 叩き、刺す。叩き、刺す。叩き、刺す。

 叩き、刺す。叩き、刺す。叩き、刺す。

 叩き、刺す。叩き、刺す。叩き、刺す。



 そして―――出す!



 ドプドプドプドプッ!! どっぷんどっぷんっ!!


 どくどくどくどくどくどくっ!!



「ふーー! どうだ、オレの白くてどろっとしたものは!! 美味いか!!」


「ヒッヒッーーーッ!! ヒゥウウウッ!!」


「美味いと言うんだ!! これはお前のためなんだからな!!!」



 ブーーーンッ! ばっちーーーーーんっ!!


 ずぶずぶずぶっ ぐっちゅぐっちゅっ



 一度出しただけでは止まらない。燃え出した欲求と行為は、ちょっとやそっとで止められるものではない。


 叩き、刺し、出す。叩き、刺し、出す。叩き、刺し、出す。


 ときどき乳を揉む。少し乱暴に、もみもみもみっ!



 これを何度も何度も繰り返す!



 どんなに抵抗しても交尾を強要され、服従を促される。


 それに逆らえば、また交尾を強要され、服従を促される。


 それでも逆らえば、また交尾を強要され、服従を促される。



 交尾を強要され、服従を促される。

 交尾を強要され、服従を促される。

 交尾を強要され、服従を促される。

 交尾を強要され、服従を促される。



 これを繰り返すとどうなるか。



 バキンッ




 獣が―――折れる。





「ううっうううっ…ああああああ!! いやぁああああああああ!! やだぁあああああああああああ!!」




 プライリーラの声に人間性が戻ってきた。


 今まで表に出ていた獣性が引っ込んできたのだ。中に宿った暴風の獣が恐れをなして逃げ出した、というわけだ。



 つまりそれは―――敗北。



 絶対に勝てないと知った獣が、自らの敗北を認めたということである。




「くくく、勝ったな!! オレの勝ちだ!!」



 アンシュラオンは満足そうに笑う。


 女性を屈服させる瞬間は、いつだって最高の気分である。自分の支配力が高まることで魔人因子も震えて喜んでいる。


 やっていることは完全にDVによる精神支配なので、地球ならば完全に犯罪だが、そもそもここには法律自体が存在しない。誰もそれを裁くことはできない。



 何よりも、これが獣と獣の普通の戦いの様相である。



 野生の獣において、どちらが強いかをはっきりさせることは安全のためにも重要なことだ。これも自己防衛策の一つである。



「はーーっ、はーーーっ!」


「どうだ、プライリーラ? オレに逆らわないと誓うか?」


「うううっ…ぐすっ…ぐすぐすっ…ううううっ」


「ほら、返事はどうした?」


「…わ、わかった…わかったからぁ……はーー、はーー、許して……ぐすっ」


「ふぉおっ! なんだその可愛い顔は!! まるで乙女じゃないか! はぁはぁっ! こ、興奮するぞ!!」



 獣が消え去ったプライリーラは、急におどおどした様子になっていた。



 その姿は―――まるで乙女。



 戦獣乙女から、『戦う』と『獣』をなくすと『乙女』になる。


 この極限状態で、プライリーラがわずかばかりにもっていた乙女要素が、ついに表に出てきたのだ。


 しかし、その様子が逆に白い獣を刺激してしまう。


 如意棒がさらに大きくなり、やる気全開になる。



「はぁはぁ、たまらんな!! やるぞ! やりまくるぞ!!」


「ま、待て…やめろ……ぉおっ! やだぁあああああ!!」


「駄目だ!! 君だってまだ満足していないはずだぞ!! 気を失うまでやるからな!! ふんふんふんっ!!」


「ああぁあああああ!! ひっ、ひっーーーーー!!! あんあんあんっ!!」


「っ!!! なんだその喘ぎ声は!! た、たまらん!!!」



 乙女要素が前面に出れば出るほどアンシュラオンは興奮していく。



 ここからは泥沼だ。




「も、もう…許して…!! し、死ぬっ!」



 ドプドプドプドプッ!!!


 どっくんどっくんどっくんっ!!



「うひゃひゃひゃっ!! たまらんなーーーーーー!!!!」




 サナの食事タイムを除いた三日三晩、ひたすらプライリーラとやりまくることになるのであった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます