229話 「殿、ご乱心! 殿、ご乱心! 『自慰禁止令』が発令されたでござる!」


「うむ、これで全員裸だな。では、オレも脱ぐか。ぽろん」


「きゃーー! 下から脱がないでくださいよ! 普通は上からでしょう!?」


「誰がそんなことを決めた。オレは下から出す。自信があるからな」



 いきなりズボンから脱ぐ。それが男気というものだ。


 ただ、さすがに刺激が強かったのか、セノアは再び呆然とし、サリータも少し動揺したそぶりが見受けられる。



(まったく、たかが裸なのにな。まあ、反応しなくなったら、それはそれでつまらないけどな。今は初々しさを楽しんでおくか。だが、ふむ…。せっかくだ。面白い技を見せてやろう)



「おい、シャイナ。見ろ」


「やめてください! 見ませんって!」


「んん? 何を勘違いしている。ほら、よく見てみろ。ほれほれ」


「ほんと先生って最低……って、え!? な、無い!? 無いですよ!?」



 恥ずかしがりながら凝視するとは、やはり信用できない女だ。


 しかし、シャイナが見つめた先、アンシュラオンの股間には―――無い。


 例のブツがまったくないのだ。



「え? え!? なんでないんですか!? え!? 切ったんですか!?」


「怖いこと言うなよ。男にとってはそれが一番嫌だぞ」


「じゃあ、どこに行ったんですか? 後ろに隠しているとか?」



 頭の悪い小学生の頃などは、同級生の誰かが「ほら、なくなった!」とか言って、股の間に隠したことがあった。


 本当に馬鹿丸出しの芸だが、股を閉じた正面からの状態では見えなくすることも可能だった。


 だが、アンシュラオンの股には、もう完全に何もない。本当にない。これは明らかに異常だ。



「ふふふ、驚いたか。だが、武人ならば普通の芸当だな。お前たちも知っている通り、男にとってここは急所だ。当然、戦いになれば金的が一番怖い攻撃になる。ぶらぶらしているし邪魔だしな。だからこうするんだ」



 格闘漫画でもよくあるが、金的は非常に効果的な攻撃の一つだ。


 男にとって、これは痛い。あまりに痛い。痛みすら超越するほどに痛い。


 これは男性だけではなく、女性の乳房も同じである。あんなにぶらぶらさせていたら邪魔でしかない。



 そこで『肉体操作によって急所を消す』のだ。



 某漫画、プールの下に裸で現れた総理大臣からマーダーライセンスをもらった某忍者主人公のように、肉体を操作して一時的にブツを体内に収納する。さらに下腹部を硬質化させることで完全防御を果たすのだ。


 生殖器官は戦う際には邪魔になる。武人は痛みを消すこともできるので、当たっても痛いわけではないが、もし千切れたりでもしたら自信を喪失する。もう生きていけない。枕を涙で濡らす日々を送るだろう。


 しかし、武人というものはそれを克服している。戦いに特化するために肉体を変質させることができる。亀が頭を引っ込ますように中に収納することが可能だ。


 「そんなスペースあったの?」というツッコミはしてはいけない。某忍者だって相当無理があったのだから。


 出来るものは出来るのだから仕方ない。そういうものである。


 これは女性も同じで、鉄のブラジャーではないが、乳房を筋肉に変えて防護壁にすることも可能だ。その意味では女性のほうが心臓への耐久性が高いといえる。


 当然、肉体操作ができる段階まで強くならねばならない。戦気術を自在に操ることと同じで、これも鍛練の成果である。



「ということだ。わかったかね? これなら問題ないだろう?」


「先生って、ちゃんと子供たちのことも考えているんですね」


「当然だ。セノアたちが怖がるかもしれないからな。そこは配慮するさ。ほら、サリータもよく見なさい。これも勉強だぞ」


「はい! すごいです! 勉強になります!」



 こうしてシャイナとサリータの視線が集まったところで―――



「突然のぽろん!」


「きゃーーーーーー!!」



 にゅいっとゾウさんが出現。


 思いきり目に焼きつく。



「なんで出すんですかー!?」


「お前たちは子供じゃないだろう」


「そうですけど…!! もうっ! 意地が悪いですよ!」


「からの、自己主張!」



 にょきにょきっ



「きゃーーーー!! 伸びた!!」


「そういうものだからな。サリータもよく見なさい」


「は、はい…すごく……お、大きい……です」


「サリータさんも凝視しないでくださいよ!!」



 という余興があったとかなかったとか。相変わらず馬鹿をやっているものだ。






 ガラガラガラ



「うわー、なんですか、これ!!」


「す、すごいです…キラキラしていますね」


「わー、きれーい」



 シャイナとセノア、ラノアが幻想的な光景に嘆息し、目を奪われていた。



「これは…美麗ですね」


「これは素晴らしい…さすがホワイト様です」



 命気風呂を知っているはずのサリータとホロロも、このレインボーには驚いている。


 どうやら演出は成功のようだ。これだけ反応してくれると、わざわざやった甲斐があるというものだ。



「…じー」



 唯一サナは驚かないが、皆が驚いている姿を見て少し楽しそうなのは気のせいだろうか。


 「ふふん、そんなの私はとっくに知っていたわよ」くらいな気分でいてくれると兄としては嬉しい。そういう優越感もまた人間の証だからだ。


 悪がなければ善は生まれず、マイナスがなければプラスは存在しえない。その対比が彼女を人間にしていくだろう。




「あれ? なんですか、これ? 前はこんなのなかったですよね?」



 以前、このホテルの風呂に入ったことがあるシャイナが、命気結晶浴槽に気付く。


 この浴槽にも火気が触れており、常時温度を一定にしつつも光によってレインボーを生み出しているので、見た目は実に鮮やかで美しい。



「うむ、オレが作った」


「作った!? こ、これ、いくらで売れるんですか!? まだ作れるんですよね!?」


「お前な、どんだけ金の亡者だ。金以外のところに注目しろ」



 鋭い観察眼だと思っていたが、単なる守銭奴である。卑しい女だ。



「だってぇ~!! お金に困っているんですよ。先生が診察所を開いてくれないとお金が入らないんです!」


「今まで散々優遇してやっただろうが。あとは自分でやりくりしろ」


「本で儲けたくせに!!」



 読むだけで幸せになると噂の著書「ザ・ハッピー(著:ホワイト)」であるが、当然ゴーストライターのマタゾーには一円たりとも入らず、売り上げはすべてアンシュラオンの懐に入っている。


 ぼろ儲けだが、その後は診察所を開いていないのでシャイナが働く日が激減している。彼女の肌艶が悪い原因はそこにあるのだろう。



「あれはオレの金だ。ごちゃごちゃ言っていないで、さっさと入れ!」


「きゃっ! あーーー!」



 ヒョーーーン ドボンッ


 アンシュラオンがシャイナを浴槽に投げ入れる。



「あっ、しまった。汚れた犬を先に入れてしまった。まあいいか、命気で汚れも落ちるしな」



 この命気風呂の優れているところは、汚れを吸い取って蒸発させることだ。


 仮にシャイナが真っ黒だったとしても水全体が濁ることはない。汚れを取ったら勝手に消えていくという便利仕様だ。



「セノアも遠慮するな。好きなほうに入りなさい」


「は、はい。あのキラキラしたほうに入っていいですか?」


「もちろん。そのために用意したものだからね」


「はい、ありがとうございます!」


「セノア、自分も一緒に入ろう。マッサージをするのは下の人間の務めだからな」



 そのセノアを追うように、サリータがタオルを持ってついていく。



「え? そ、そんな…いいですよ。大丈夫です!」


「遠慮するな。慣れているから任せておいてくれ!」



 妙なやる気を見せてセノアと一緒に結晶風呂に向かうサリータ。さすが体育会系。謎のテンションだ。



「師匠、入らせていただきます!」


「うむ、入れ」


「はい! では…」


「と、タオルで股間を隠すんじゃない。取れ、取れ。興が醒めるだろう。堂々と入りなさい」


「あっ…は、はい!」


「セノアもだ。周りは同性だらけなんだから、もう大丈夫だろう?」


「え、えと…はい。が、がんばります!」



 と言いつつ、半分は隠しながら入る。やはり恥ずかしいのだろう。



(あの年頃だと気持ちはわかるけどな…。修学旅行の時なんて互いに気になるもんな)



 高校生になると風呂は個室かもしれないが、中学生くらいの修学旅行は大風呂で一緒に入ったものだ。


 まだまだ思春期真っ盛りである。互いにブツが気になる年頃だ。隠そうとする気持ちもわかる。むしろ堂々としているほうが猛者だろう。


 が、ここでタオルは興醒めなので、二人のタオルはボッシュートである。



「ホワイト様、失礼いたします」



 続いて入ってきたホロロは見事に何も隠していない。堂々としている。


 さすが三十路前の女性。このあたりに年季の違いが見受けられる。



「…とことこ」


「おふろだー」



 最後に、サナとラノアが一緒にやってきた。


 ラノアは羞恥心というものがまだないのか何も隠していない。サナも当然、そのままだ。



「サナ、おいで。ジャンプだ!」


「…とっとっと、どぼんっ!」



 アンシュラオンに呼ばれたサナが豪快にジャンプ。


 風呂に入る時にはよくやるのだ。理由はない。気分の問題である。



「ラーちゃんもやるー!」


「ラノアもおいで」


「っとっとっと…んしょっ、どぼんっ!」



 サナと違って一度縁に上ってからのジャンプ。こちらも見事に決まった。



「えへへ、サナさまといっしょ」


「…こくり」





 これで全員が入り―――念願の七人風呂が完成。




 備え付けの浴槽にアンシュラオンとサナ、ラノア、ホロロ、シャイナが入って、サリータとセノアは結晶風呂のほうである。



(セノアは恥ずかしがっているが、あっちの風呂のほうが恥ずかしいような気もするがな…)



 結晶風呂は若干透けているので、こちらの浴槽より恥ずかしい気もするが、やはり男性と一緒に入ることに抵抗があるのだろう。


 この区分はたまたま生まれたものだが、まだまだ【距離感】が存在する証拠だ。



(ホロロさんとシャイナ、サリータはもう完全に身内だな。まあ、いろいろあったからな。ラノアは物怖じしない子供だから問題ないが…『普通の子』はまだまだかな)



 セノアには潜在的な【恐怖】が存在している。


 理不尽な理由で親と生活を失った「世界への不信感」が拭えないのだ。それが根底にあるから人を心から信じられない。


 ある意味においてアンシュラオンと同じであるが、力がない分だけ臆病になっているのだろう。それがこの距離に表れている。



(ギアスの力で恐怖心も打ち破れればいいが…そのあたりは出たとこ勝負だな。やってみないとわからん。オレの代わりに面倒見がよいサリータが一緒に入っているし、親睦は深められるだろう。あっちはあっちで任せるか)



 遠慮がないアンシュラオンやシャイナでは、簡単にパーソナルスペースを侵してしまうので、無闇に恐怖心を刺激してしまう。


 一方のサリータの場合はラノアのほうが序列が上位なので、すごく丁寧に接するし、見た目では頼りがいのあるお姉さんなので打ち解けやすいだろう。



(全員が全員、オレにラブラブという感じにはいかないか。それはそれで逆に飽きてきそうだしな。少しずつ仲良くなるタイプも悪くない。というか、それが普通だしな。それより…)



「…ぶくぶく」


「ぐるぐるー」


「うおおお! サナとラノアのツーショットはいいなぁ。うんうん、これだ。これを求めていたんだよ…! かーえーのー(可愛いのぉ)! かーいーのー(可愛いのぉ)!」



 サナとラノアは、広い浴槽を一緒になってぐるぐる回っている。


 備え付けのほうはちょっと人数が多いので間をすり抜けながらだが、それが障害物競走のようで楽しそうだ。


 二人の楽しそうな様子が伝わってきてアンシュラオンも幸せ一杯だ。



(子供はいいなぁ。可愛いなぁ。穢されていない無垢な存在は最高だ)



 それが自分の手の中にあることに快感を覚える。


 この子たちの未来はすべて自分のもの。自分だけが支配できるのだ。



 そこで―――思い出す。



(あっ、そうだ。一つ言い忘れたことがあったな。胸の査定ですっかり忘れていたが、これは重要だ。しっかり告知しないとな)







「お前ら、これから『オナニー禁止』な」







 アンシュラオンが突飛な発言をする。「一緒に風呂に入ろう」を遥かに超越した一言だ。


 しかも「あっ、そうだ。言い忘れたことがあった~」は心の中の言葉なので、誰にも聴こえていない。


 よって、この文言はいきなり間もなく発せられたものだ。自分のことしか考えていないこの男なのだから、そこは仕方がないだろう。


 当然、それに困惑する者がいる。



「えっ!?」



 シャイナのその言葉が発せられるまで、しばらくの時間が必要だった。


 アンシュラオンの声は響くので、全員に言葉は聴こえたはずだ。が、内容が内容なので頭に入ってこなかったのだろう。



「なんだ、文句でもあるのか?」


「も、文句というかその…なんかすごいこと言ったなーと思いまして」


「言葉足らずだったか? じゃあ言い直すが、お前たちは今後オナニー禁止だ」


「同じですよ!? もっとちゃんと説明してください!」


「言葉通りの意味だ。性的欲求を抱いたらオレが処理する。だから自分でやることを禁ずる!!!」


「ええええええ!?」



(サナはまだそういう年頃じゃないし、自分からやることはないだろう。だからストレスが溜まっているんだよな…。世話をしたい。世話をしたい。オレは世話をしたいぃいいいいい!)



 集めた女性たちを見たせいか、むさ苦しい現場にいたせいか、唐突に欲求が湧き出してきており、もう我慢の限界が近い。


 普通は自分の性欲が~という話になるのだろうが、アンシュラオンの場合は違う。




―――「お世話欲求」




 が限界なのだ。



「も、もっと説明してくださいよ! 意味がわかりませんって!」


「オレには姉がいるが、その世話をずっとやってきたのだ。もちろん性的なこともすべてな。だから女の世話をしていないと身体が震えてくるんだ。今も禁断症状が出て…うっ! 早く世話をさせろ!! 股を開け!! オレがオナニーを手伝ってやる!!」


「病気ですよ、それ!?」



 たしかに病気である。


 しかし、身体に慣れてきた三歳くらいから姉の世話をやっているのだ。「三つ子の魂百まで」という諺もあるが、魂に刻まれた性癖は簡単には消えない。


 サナがまだ子供なので、まったくもってそういった世話ができていない。小百合、ホロロ、シャイナ、サリータ、それと領主城にいた少女数名に関しては多少世話をしたが、それっきりである。



 そんなものでは物足りない。



 もっと濃厚に世話をしたいのだ。たっぷりねっとりどっぷり、と。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます