207話 「率いる者の資格 後編」


「ホワイトぉおお!! 貴様の好きにはさせん!!」



 グランハムが赤鞭を連打。


 バァアーーーンッ!

 バァアーーーンッ!

 バァアーーーンッ!


 鞭は唸りを上げ衝撃波を発するが、それがすべて簡単に迎撃される。



 それどころか―――掴む。



 複雑で速い鞭の軌道を読んだアンシュラオンが、鞭の先端をがっしりと掴んでいた。



「なっ!」


「焦りで単調になってきたな。こんなノロい動きだと簡単に捕まるぞ」



 ぐいっと鞭を引っ張る。



「ぬう―――ぉおおっ!!?」



 メキメキッ バゴンッ


 グランハムは足に戦気を展開して踏ん張って耐えたが、あまりの腕力に地面ごと抉り取られる。


 そして、一気にアンシュラオンの間合いにまで引き寄せられ、上段蹴りが顔に襲いかかる。



「くっ! 防御を!」



 グランハムは咄嗟にガード。懸命に頭を守る。


 さきほどの軽いジャブであの威力だ。蹴りの威力など想像したくもない。彼が大げさにガードしたのは頷ける話だ。



 が―――フェイント。



 アンシュラオンの蹴りが上段から下段へと変化し、足払いのようにグランハムの足を引っかけ、一回転。


 側転でもしたように身体が空中で回転し、再び同じ箇所に回ってきた頭に―――上段回し蹴り。


 演舞ような華麗な蹴りが、グランハムの側頭部に命中。



「っ―――!!」



 落雷でも受けたかのように視界が完全に真っ白になる。


 そのままガードの上から蹴ってもよかったのだが、あまりに隙だらけだったので身体が勝手に反応してしまったのだ。おかげでクリーンヒット。完全なる無防備で受けてしまった。


 予想通り、見た目が少年であるのが詐欺に思えるほど、その威力は絶大。


 あまりの威力に二回、三回、四回と身体が空中で回転しながら、激しい勢いで吹っ飛んでいき、近くに積まれていた土嚢に命中。



 ドドドドオッ ボゴンッ!!



 土嚢を破壊しながら倉庫の壁に激突し、めり込む。


 この倉庫も核剛金の術符で強化してあるのだが、それでも関係なくめり込み、蜘蛛の巣のような大きな亀裂が入った。



「ぐっ…ふっ…! くそっ…回復を…」



 激しい目眩に襲われながらも、懐から符を取り出し、発動。


 緑色の術式が展開され、グランハムの傷と体力を癒していく。


 『若癒じゃくゆ』の術符。


 初歩的な回復術式であり、術士資質があれば因子レベル1から使えるものだ。


 ただ、回復できる量と速度には限度があり、軽い切り傷くらいならば即座に塞がるが、これほどのダメージは一瞬では回復できない。



 続けて二枚目の符を発動。光で出来た植物のツルのようなものが生まれ、身体の中に入っていく。


 『発芽光はつがこう』の術符。


 回復量は少ないが長い時間発動しているため、断続的にHPを回復してくれる便利な術式である。


 回復系の術符は何かあったときのために懐に入れておく。そういう用心深さも熟練した武人の証明である。



「くうう…首が折れなかったのは…幸いか…」



 耐力壁の術式も展開していたため、普通の蹴りならば威力は半減される。


 だが、半減されてもこのダメージだ。一気にHPの半分はもっていかれただろう。もし術式がかかっていなかったら、一撃で戦闘不能に近い状態に陥っていたに違いない。



「けっこう本気で蹴ったんだけどな。これだけの一撃でも倒れなかったのはマサゴロウ以来だ。やるね」



 特に加減はしていない。強いと知っていたので、本気の本気ではないが思うままに足を振り抜いたのだ。それでも生きているのはグランハムが強いからだ。


 ただし今放ったのは、ただの蹴りである。『技』であれば死んでいた可能性は高い。


 それはグランハムも知っているため、忌々しげにアンシュラオンを睨みつける。



「化け物…め。その姿は擬態か! 中身が第一級の撃滅級魔獣だと言われても信じるぞ…」


「あの程度と一緒にしないでほしいな。だが、ふむ…なるほど。たしかに容姿については何も考えていなかったからな。自分で選んだわけじゃない。この姿は、強いて言えば女神様からの贈り物かな?」


「戯言を…貴様などが…女神に愛されてたまるか…」


「ははは、気持ちはわかるが、どんな人間にもそれぞれ役割が与えられているらしいぞ。オレにはオレの役割があるってことだな。それくらいは認めてくれよ。オレだけ仲間外れは寂しいじゃないか」


「ならば、お前の役目は破壊と混乱だな…。白い悪魔め、このまま終わると思うなよ」


「まったく、どうしてもオレを悪者にしたいらしいな。では、そんなお前に現実を見せてやろう」



 アンシュラオンがすっ~~~~と息を吸い込み、肺に溜め、



 一気に―――吐き出す。





「遊びは終わりだ!!! 一気に潰せぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!」





 ビィイイイイイインッという空気が張り裂けたような大声が響き渡る。



 初めてサナに呼びかけた時と同じように、その大声は周囲一帯どころか倉庫区全域に響き渡ったことだろう。



 それにびっくりしたのか、しばし場が静止。


 味方だけではなく、敵側の銃弾や術符の攻撃すらやんでいた。アンシュラオンの声が場を制したのだ。



「ヤキチ、マサゴロウ、マタゾー、いつまで雑魚と遊んでいる!! 代理とはいえオレのスレイブならば、その程度の雑魚はさっさと血祭りに上げろ!!」



 熱い、熱い、熱い声が全身を駆け巡る。


 身体が燃えるようだ。熱い。苦しい。吐き出したい。


 何かをしていないと気が済まない。動いていないと気持ち悪い。



 停滞していた場が―――動き出す。



 掃除もされない路地裏のゴミが強風で一気に飛ばされていくように、引きこもりの家が燃えて外に出るしかなくなったように、信頼されていた企業の不祥事が判明して社会で大問題になるように、止まっていたもの、隠されていたものが力づくで表に出ていく。



 それこそエネルギー。



 やむにやまれぬ衝動。そうしないと我慢できなくなる感情、激情。


 女神の愛は実に大きく多様だ。人間が考えるような優しさだけで出来ているわけではない。


 座禅を組んでいる人間の体内で細胞が活発に動いているように、この世界を構成するのはまずエネルギー。血液を運ぶ心臓が急速に鼓動していく。



 熱い血潮が体内を駆け巡る。


 焦がす、灼く、燃え盛る。無限に、咆えるように、猛るように!




「へへ…へへへ。そうこなくちゃなぁ…!!」



 ヤキチの身体の中から力が湧き上がってくる。


 当然ながら自分をゴミのように扱うアンシュラオンに対し、敬意など払っていない。自分自身もそんなことは気にしていない。しようとも思わない。


 そんなご丁寧な人生など生きたいとも思っていない。


 自分が求めているのは、強さ。そのエネルギー。燃え盛る火焔のような力!!!



「てめぇみたいな雑魚によぉ、かまっていられるかってんだよぉおおおおお!!」



 ヤキチがモズに向かって突進。乱雑に剣を振り回す。


 特にフェイントもない愚直な攻撃なので、モズは双剣を使いながら慎重に回避。


 シュンッ サクッ サクッ


 そして、その間に少しずつヤキチの身体にダメージを与えていく。待ちの姿勢で小刻みにカウンター。それがモズの戦い方である。



「へっ、だろうなぁ。おめぇはそういうやつだからなぁ」



 これまでの手合わせで相手のことはよくわかっていた。


 だから―――こうする。



「だったらよぉ、これはどうだぁああ!!」



 剣を振るい、モズがよける。そこに再びカウンター。


 しかし、そうくるだろうと予測していたヤキチは、モズの小剣が向かってきたタイミングに合わせて―――自分から突っ込む。


 カウンターにきた相手に自ら身体を預けるように突っかかる。そうなればどうなるのか?



 ブスリ



 ヤキチの腹に小剣が突き刺さる。ルアンではないが、ずっぷりと根元まで突き刺さった。


 しかも小剣はダガーより長いので、そのまま背中にまで貫通する。



「っ…!」



 だが、驚いたのはモズのほう。


 いきなり相手がそんなことをするとは思わなかったので、意外な結果に戸惑ってしまった。



「さぁ、これで仲良く『どつき合い』だなぁ」


「くっ…!」



 モズは小剣を離そうとするが、ヤキチのほうが速い。


 相手の手首を掴み固定すると―――頭突き。


 ベキベキィッと音を立ててモズの口、前歯がへし折れる。



「ぐっ!? がはっ」


「どうしたぁ? おらぁの頭のほうが硬いらしいなぁ!! 遠慮するなよ。たっぷりくらえ!!」



 ドンッ メキィッ ドンッ バキィッ


 嫌な音を立ててモズの顔面が変形していく。このまま続ければ確実に戦闘不能になるだろう。


 ただ、モズも優れた武人。咄嗟に彼が取った行動は、自分の腕を切り離すことだった。左腕の小剣で自らの右手を切り落とし、その場を離れようとする。



「真正面の勝負から逃げてんじゃねえよ。ちまちまとよ、てめぇはうぜぇえんだぁあああ!」


「っ…」



 その瞬間、ヤキチが握っていた手を離す。


 いざ自分の右手を切ろうとしていたモズは勢いを殺すことができず、一瞬だけ無防備になる。


 そこに、ヤキチのポン刀が一閃。


 モズの身体を一刀両断。肩から反対側の腹にかけて真っ二つに切り裂く。



 ゴトッ ベチャッ



 モズの分かれた身体が地面に落ちる。



「へっ、手間取らせるんじゃねぇよ! この雑魚がよぉおおおお!! こちとら後ろにあんな怪物がいるんでぇ! 怖いものなんてあるかよ! おっしゃぁああああ!」



 ポン刀を振り払って血を吹き飛ばし、ヤキチが勝利の雄たけびを上げる。






「はは…ははは。そうだ。強い。あれは、強い」



 マサゴロウの身体も熱くなっていく。


 そう、あれはそういうものなのだ。あれは人間ではない何か。自分を使い潰し、それでも何も思わない尊大な存在だ。


 だが、強い。凄まじく強い。自分にはそれだけで十分である。



「ちい、グランハム…! あのままでは…」


「どちらを見ている。お前はおれが殺す」


「お前の相手をしている暇はない!」



 メッターボルンが劣勢のグランハムを助けようと、全力の風でマサゴロウを弾こうとする。


 これが実に厄介。今まで散々苦しめられてきたものだ。


 だが、この程度の風に苦戦していたら、横暴なボスが何を言い出すかわからない。そう、たかだかこんな風程度に。



「風ごとき…で!!」



 まさに暴風と呼べる突風。


 台風のニュース映像で見るように、看板やら自転車すら飛び交うような剛圧に対し―――



 マサゴロウは手を広げ―――風を握り潰す。



 バフォッ バフォッ バフォッ バフォッ

 バフォッ バフォッ バフォッ バフォッ


 右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。右手で握り潰す。左手で握り潰す。


 まさに空気が抜けるような独特な音を発し、マサゴロウが風そのものを破壊しながら迫ってきた。掌圧で空間そのものを抉り取っているのだ。


 その光景は、まさに異常。ありえないおかしな光景である。



「な、何を…やっている!!!」


「関係…ない。すべて…潰す!!」


「なんだこいつは…!! ぐっ! 離せ!」



 風を破壊してやってきたマサゴロウの手が、ようやく到達。メッターボルンが持っていた風斧を握る。


 握ってしまえばこっちのもの。強引に引っ張る。



「ぐううっ…おおおおお!!」



 この男と引っ張り合いなど無意味なこと。力づくで手繰り寄せられる。


 グランハム同様、むしろ踏ん張ったことで自分の体勢が崩れ、無防備な身体を晒してしまった。



「…死ね」



 そこにマサゴロウの虎破。巨体を引き絞って放たれた一撃が、メッターボルンの顔面に衝突。


 メキィイイィイという金属が軋む音が響き、鎧の兜の部分が完全に陥没する。


 さらにマサゴロウは鎧の両肩を握り、力を込める。



 バキッバキンッ ブシャッーーーー



 その両手に引き裂けぬものなし。金属が割られ、身体が割られ、二つに分かれていく。



 ゴトッ ベチャッ



 鎧ごと真っ二つにされたメッターボルンが、地面に崩れ落ちる。



「…弱い。あれとは…比べられん」



 手に残った肉片を、ぽいっと投げ捨てる。マサゴロウの勝利である。






「オヤジ殿は飽きてきたか」



 その熱はマタゾーにも流れ込んできた。彼の熱、彼の感情、彼の意思が伝わってくる。


 アンシュラオンは飽きやすい。自分勝手で他人のことなど考えていない。グランハムの底が見え、サナの実験も済んだので、もうどうでもよくなったのだろう。


 だらだらと引き延ばすのは観ている側としては退屈だ。勝負をつけろと言ったのは、ただそれだけの理由である。


 まったくもって不条理。彼の性格を好きになる人間など、シャイナのような世話焼き人間くらいなものだろう。


 だが、どこか人を引き寄せる。その強さが、熱さが、自分のような破戒僧すら受け入れる。



「貴殿の実力は見せてもらった。だが、拙僧とやり合うには物足りぬな。そろそろ仕舞いにいたそう」



 マタゾーはウォナーの突進を待ち構え、石突を繰り出す。


 それをウォナーは盾で上に弾く。ここまでは前と一緒だ。


 だが、そのまま盾に押し付けた石突を足場にして、マタゾーは上空に跳躍。



「貴殿は前や横には速く、拙僧でもなかなか間合いを作れぬ。ならば、上に作ればよいだけのこと」



 ウォナーは強い武人だった。ゼロ距離を維持する身体能力、盾の練度も見事。が、物足りない。あの白き魔人と比べれば、存在さえ認められないほどに矮小。



 跳躍したマタゾーの槍が解き放たれる。



 十分に間合いを作って放たれた一撃が迫り、ウォナーは咄嗟に盾で防御。


 だが、たかだかバックラー程度で完璧に放たれた『一点の極み』を防げるわけがない。



 突き破り―――串刺し。



 盾を貫き、ぶっすりと腕ごと胴体を突き抜ける。



「むんっ!」



 バチバチバチッ ボンッ


 その状態で体内に雷気を放出。軽い爆発のような音がウォナーから聴こえてきた。



 ドサッ ブスブスッ



 体内を焼かれたウォナーが絶命。そのまま二度と動くことはなかった。



「人外の闇を知らぬ貴殿らにはわかるまいよ。わが主の深みはな」



 本気を出したマタゾーの勝利である。




 アンシュラオンの声一つで、戦況は一気に変化。


 これこそが資格。率いる者の器の違いであった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます