54話 「【マップ戦:領主城4F】 その3『サナ発見』」


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・分かれ道8 → 西に移動


―――――――――――――


・西に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・西に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・西に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・分かれ道9 → 西に移動


―――――――――――――


・西に移動 → アイテム取得


―――――――――――――


・西に移動 → アイテム取得


―――――――――――――





「領主城ってのは、本当に面白い場所だな」



 アンシュラオンが見つめる先には、なぜかメイド服が落ちている。


 ブラジャーやパンツが落ちていたりメイド服が落ちていたり、領主城は思っていたよりもカオスな場所のようだ。


 仕方ないので、これも拾っておく。


 それからさらに進むと、ネックレスが落ちていた。ジュエルもはめ込まれている。



「ん? これはどこかで見たような? もしかしてスレイブ・ギアスか? だが、どうして外れているんだ?」



 それは見覚えのある緑のジュエル。スレイブ・ギアスに使われるものだ。


 しかし、もしギアスの効果が発動していれば、こんなところには落ちていないはずだ。自分の意思で取り外すことはできないからだ。


 可能性があるとすれば、もう一つの事態。



「待てよ。他人が外したという可能性もあるな。それならば問題ない…わけがないな。たしかこのジュエルは専用の機械を使わなければ簡単には外せないはずだし、無理にやれば精神に悪影響が出る可能性があったはずだ」



 スレイブ・ギアスは精神に働きかけるものである。それを強引に外すと対象者に悪影響が出る可能性があるのだ。


 たとえば機械の起動中に、強引にパーツを取り外せば故障の原因になるように、実際に作動している間は外してはいけないようになっている。


 これが人間の場合、基本的には常時作用している状態なので、取り外しはスレイブ館で行うのが好ましいとされている。


 ならば、これはいったいどういう状況なのか。



(サナのギアスを強引に外した? いや、そんな必要性はないだろう。偶然外れるものでもないしな…。はて、これはどういうことか? とりあえず、これも拾っておくか)



 【高級メイド服】、【緑のネックレス】をゲット。





―――――――――――――


・分かれ道10 → 西に移動


―――――――――――――


・西に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・西に移動 → アイテム取得


―――――――――――――





 ちょうど十字路に差し掛かったあたりに、今度はナイフが落ちていた。



「なぜナイフが…。しかも戦闘用じゃないか。まさかサナに変なことをしているわけじゃないよな。ますます気になってしょうがないぞ」



 【暗殺ナイフ】をゲット。





―――――――――――――


・分かれ道11 → 南に移動


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・南に移動 → 何もなし →行き止まり


―――――――――――――


・分かれ道11 → 西に移動


―――――――――――――


・西に移動 → アイテム取得


―――――――――――――





 アンシュラオンの目の前に、ヌイグルミが落ちていた。


 熊やアヒル、猿のような形のものが投げ捨てられるように落ちている。



「こっちのエリアで初めてガキっぽいのが見つかったな。間違いなくこの先にいるな」



 【イタ嬢様の痛いお友達】を手に入れた。





―――――――――――――


・西に移動 → 強制イベントパネル


―――――――――――――





 アンシュラオンは、大きな部屋の前に立っていた。


 今までの部屋とは豪華さのレベルが違う。間違いなく目的の場所である。


 気配を探ると、中には三人の気配があった。



 その中の一つは―――サナ・パム。



 間違いない。あの時に感じたサナの波動そのものである。



(ついにやってきたぞ。サナを返してもらおう。と、その前に、何か話しているな?)



 アンシュラオンが耳に意識を集中し、中の会話を盗み聴く。


 波動円の要領で戦気を伸ばして意識を同調させるので、当人たちの場所、表情、口の動き、筋肉の動きなどから何をやっているかがわかるのだ。


 中の人間は、全員少女。誰もアンシュラオンには気がついていないようだ。


 そして、彼女たちがやっているのは、ゲーム。



「負けた。負けました」


「ふふん、またわたくしの勝利ね」


「お嬢様、強すぎ、強すぎます」


「もう一回よ!」



(お嬢様? 間違いないな。ツインテールの女がイタ嬢だ。もう一人の大きなおさげの子は、友達にしたスレイブだろう。このゲームは何だ? ババ抜きか?)



 どうやらカードゲームに興じているらしい。やっている内容は、ほぼババ抜きである。



「わー、また、また負けました」


「わたくしが勝つことは、いつだって決められていること! しょうがないのよ、クイナ!!」


「お嬢様、すごい、すごいです」


「ふふ~ん」



 勝負はイタ嬢の四連続勝利である。


 だが、アンシュラオンには、すべてのカラクリがわかっていた。



(クイナって子、わざと負けてるな。ババじゃないやつを意図的に出して、上手くイタ嬢を誘導している。サナも加わっているようだが…あの子もさりげなく勝たせるようにしているっぽい)



 この年齢にして、まさかの接待ゲームである。



(しかもイタ嬢のやつ、本気で気がついてなさそうだ。痛いやつだな…。正直、ここまで痛いとは思わなかった。サナにまで接待されるってどういうことだよ。接待をされて喜ぶ程度のやつってことか…哀れだな)



「それじゃ、次に負けた子は、これを着てもらうわ」


「えー、えー、それは、それは大変です!」


「これは罰ゲームよ。そうしないと面白くないものね」


「がんばり、がんばります!」



(なにー!? 何を着せようってんだ! もしサナが負けたら、卑猥な服を着せて楽しむ気か!? なんたるやつ!! このオレが成敗してくれる!!)



 イタ嬢が取り出したのは単にメイド服だったのだが、「メイド = エロ」の間違った認識があるアンシュラオンにとっては、それは単なるエロ衣装にすぎない。


 そこでもう我慢の限界がやってきた。


 頭に被ったパンティーをしっかり固定したのを確認し、ハンマーを振りかぶる。




「殴りこみじゃー! 殴りこみじゃーーー!!」




 アンシュラオンが扉を蹴破って中に入ると同時に、叫びながらハンマーを振り回した。


 相手の位置はわかっているので当たることはないが、無我夢中で振り回すふりをしながら、周囲の壁を破壊していく。



 ブーンッ! ガンガンガンッ バキバキッ!

 ブーンッ! ガンガンガンッ バキバキッ!

 ブーンッ! ガンガンガンッ バキバキッ!




「きゃあああああ!?」


「にゃはああ!」


「………」



 まるでドッキリの映像であるかのように、突如入ってきた謎のハンマー男に少女たちは驚き叫ぶ。



「な、なんですの!? いったい何が!?」



 極めて普通の反応をしているのは、意外にも金髪ツインテールのイタ嬢。


 やや釣り上がった目が勝気な印象を与えるが、美人といってもよい顔つきである。年齢は、聞いていた通りに中学生くらいだろうか。



「お嬢様! 隠れましょう! 隠れましょう!」



 もう一人、金髪の女の子のやや後ろにいるのは、長めの空色の髪を一つのおさげに束ねた女の子。


 イタ嬢とは対照的に、おっとりとした顔つきである。この子は可愛いといった感じだろうか。年齢はイタ嬢と同じか、少し下くらい。



「………」



 そして、そんな激しい殴りこみにもまったく動じていない少女。


 美しく黒い艶やかな髪、ほどよい褐色の肌をしたアンシュラオン好みの超可愛い子、サナ・パムである。


 わかってはいたが、彼女がいたことに改めてアンシュラオンは満面の笑顔を浮かべる。


 その変装した実に怪しい格好、顔に被ったパンティーにしわを作りながら、ニヤリと笑うのである。



「え? え? な、なに? これはいったいなんですの?」


「あなたがお嬢様ですね?」


「え、ええ。そうですけれど…あ、あなたは?」



 まだイタ嬢はこちらを敵と認識していないようだ。


 それも当然。これだけの警備態勢の中、いきなり自室に入ってくる部外者など普通はいないのだ。


 アンシュラオンは、じっとイタ嬢を観察。



(たしかに顔は可愛いが、オレとしてはあまり好きではないタイプだな。明らかに傲慢そうな顔つきだ。典型的な駄目なお嬢様タイプだ)



 というのはアンシュラオンの偏見だが、実際にお嬢様といった格好をしている。


 今は三人とも寝巻きだが、イタ嬢のものは至る所に細かい刺繍が施され、小さなジュエルがいくつも付いている。


 そのどれもに術式が組み込まれているので、一般人が買えるようなものではない。


 ちなみに効果は、安眠促進、美容効果アップ、疲労回復量アップなどなど、寝巻きとしてはかなりの優れものである。



「どうも、変態仮面です。これ、名刺です」


「ああ、ご丁寧にどうも。クイナ、こちらも名刺を」


「はい、はい。名刺、名刺…はい!」



 クイナが名詞を持ってくる。この歳にして名刺を持つとは、さすが領主の娘である。


 だが、名前を見たアンシュラオンは首を傾げた。



「ベルロアナ? それが本名?」


「?? それが何か?」



(あっ、そうか。イタ嬢が本名じゃなかったんだな。自分で名乗っていたらイタ嬢というよりネタ嬢だもんな。まあ、面倒だからずっとイタ嬢って呼ぶけどさ)



 一応、本名はベルロアナ・ディングラスである。


 今後使うことはないので、あまり意味のない名前ではあるが。



「お嬢様、こちらにお手を」


「手…? こうですか?」


「はい、ここです。ぽちっとな」



 事前に用意していた朱肉にイタ嬢の指を乗せる。手には、べっとりと赤い染料が付いた。


 その指を一枚の書類に押し付ける。



「うん、綺麗に付きましたね。では、こちらが代金となります。お確かめください。あっ、それと十万円ほど外の衛士に渡したので、その分は引いてあります」


「は、はぁ? 十万円…?」


「野グソです」


「野グソ?」



 さりげなくイタ嬢に野グソという言葉を言わせて、にんまりと笑うアンシュラオン。鬼畜の所業である。


 一億円が入ったスーツケースも忘れない。部屋の入り口にそっと置いておく。


 野グソの衛士に渡した分は引かれているので、厳密には一億ではないが問題ないだろう。



 これで準備は整った。



 アンシュラオンは、フリルのついた寝巻きを着たサナを抱きかかえ、残った二人に手を振る。



「アディオス、お嬢様方。それではごきげんよう」



 実に堂々とした足取りで廊下に出る。


 それを呆然と見守る二人の女の子であった。





―――――――――――――――――――――――

※領主城内4F マップ全容


https://16509.mitemin.net/i316436/


〇無駄になったアイテム、フラグ未回収アイテム


【休憩室の鍵】【母の指輪】


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます