50話 「【マップ戦:領主城外周】 その2」


―――――――――――――


・北に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・北に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・北に移動 → 敵と遭遇 → やり過ごす


―――――――――――――





 前方に衛士が二人いる。雑談をしているようだ。



「知ってるか? またイタ嬢様がスレイブを手に入れたらしいぜ」


「そうなのか?」


「ああ、話によれば二千万だってよ」


「二千万かよ! 額がおかしいだろう!?」


「しょうがねえ。また白スレイブを買ったらしいからな」


「俺らの給料の何十倍だ!? 普通のスレイブにしていれば百万もしないだろう」


「それだと『お友達』にはなれないんだろう?」


「前に買ったやつはどうしたんだ? たくさんいるじゃないか」


「気に入ったのは何人か手元に置いているらしいが、飽きたやつは売り払ったらしいぜ」


「…恐ろしい話だ。イタ嬢様も鬼畜だな」


「いや、そうじゃねえよ。飽きたやつってのは、イタ嬢様と友達でいることが飽きたスレイブってことだ」


「は? 白スレイブだから自由に命令できるんじゃないのか?」


「そういう話だが…精神制御ってのも万能じゃない。どんなにがんばってもよ、どうしても無理ってのはあるだろう? 相性とかもあるだろうし、『あっ、こいつとは無理だわ』って思うことがさ。結局、作り笑いしかできなくなって、イタ嬢様の心のほうがもたなかったって話だ」


「痛ぇ!! 心が痛ぇよ…!!! 泣けてくる!!」



 衛士からも同情されるレベル。



「にしても、その情報はどこから入ってきたんだ?」


「侍従長のファテロナ様からの情報だ。帰り際にメイドがたまたま会ってな。教えてもらったらしい」


「漏らしていいのか? あの人もスレイブだろう? といっても一等一級スレイブだから、俺たちより上だけどさ…」


「まあ、あの人はイタ嬢様の世話ができる非常に数少ない人材だからな…いいんじゃないのか?」


「そっか…。美人だよな、あの人。嫁さんになってくれないかな」


「無理無理。お前には無理だって。それ以前にイタ嬢様のお付きなんだから無理に決まってるだろう」


「そう言うなよ。可能性はあるだろう。寿退社ってこともありうるし」


「それはあっても、相手はお前以外の誰かだろうさ」



(イタ嬢のやつ、自分に都合が悪くなると売り払うだと? 自分の物すら大切にできないやつは最低のクズだな。そんなやつのところには一秒たりとも置いておけん。さっさと先に行くか)



 雑談にかまけている二人をやり過ごして先に進む。





―――――――――――――

・北に移動 → 敵と遭遇 → やり過ごす

―――――――――――――





 さらに進むと、また衛士が巡回をしていた。


 特に気づかれなかったので素通りである。


 が、せっかくなので背後に忍び寄り、「僕はゲイです。気にせずいつでも尻を掘ってください」という紙を貼っておいた。



(今度あいつにあったら、尻の穴に石を投げつけてやろう)



 そっと離れ、やり過ごした。





―――――――――――――


・分かれ道


―――――――――――――


・選択 → 東に進む


―――――――――――――


・東に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・東に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・東に移動 → アイテムパネル


―――――――――――――





 領主館の外には、所々に物置が設置されている。


 物置といっても大きさはかなりのもので、そこらの一軒家よりも大きな建造物である。アンシュラオンが発見したものも、その中の一つであった。


 周囲に誰もいないことを確認して扉に手をかける。


 がちゃがちゃ


 当然ながら鍵がかかっている。


 ガゴンッ


 が、それを力で簡単に破壊。ドアを開けて中に入る。



「なんだここは? 倉庫か? なんかごちゃごちゃしているな」



 さまざまなものがごったになっており、あまり整理されているとは言いがたい状況である。


 領主城には、各地からやってきた商人が訪れることが多々あり、名産物や珍しいものを売りつけてくる。商売人ならば金持ちを狙うのは当然のことであろう。


 普段娯楽の少ない城塞都市において、外部からやってくるものは目新しく、貴重なものに映る。それがたとえ、どんなにどうでもいいものであっても。


 この倉庫は、買ったはいいものの結局使わず、とりあえずメイドに管理を任せているといった程度のものが置かれている。


 よくわからない裸体の彫像や風景画はまだよいとしても、謎の球体やトーテムポールに似た置物などは、何の目的で買ったのか問いただしたい気分になる。


 しばらく物色した結果、アンシュラオンは適当に目についたものをもらうことにした。


 小物はちょこちょこ手に入れたが、大きなものはこれ。



 ハンマー。しかも金属製。



「おっ、これは鉄製じゃないか。銃が木材であったことを考えれば、やっぱりまだ鉄鋼技術が完全に普及しているわけじゃないみたいだ。となれば、そこそこ貴重っぽいな。とりあえず確保しておこう」



 アンシュラオンは、まったく平然と頂戴することにした。


 サナを横取りされた段階で、アンシュラオンにとって領主は完全なる悪であり盗人認定されている。


 盗人からはいくら盗んでも罪にはならない理論、である。


 一度当人がそう決めてしまったので、まるで最初から自分の物のように手に持った。



「うん、殴りこみっぽくなったな。ちょっと迫力があっていいかも」



 ハンマーを持つ謎の白仮面。実に怖い。


 アンシュラオンは【鉄のハンマー】をゲット。



 それから元の道に戻り、再び北側に進む。





―――――――――――――


・北に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・北に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・北に進む → 敵と遭遇 → 会話


―――――――――――――





「やあ、何してるの?」


「…え?」



 アンシュラオンは衛士を見つけると平然と近寄り、気軽に話しかけた。


 そのあまりの自然な態度に、相手はこちらを敵と認識できないようだ。



「ねえ、何してるの?」


「いや…警備…だけど?」


「へー、何を守ってるの?」


「そりゃ、領主様とその財産…かな? って、なんだその格好?」



 明らかにおかしい格好である。だが、おかしいからこそ人間は何かあると思ってしまうものだ。


 だから、この言い訳も簡単に通じる。



「イタ嬢様と劇の練習だよ」


「ああ、やっぱりな。あの人もちょっと頭がおかし…じゃなくて、奇抜なところがあるからな」



 衛士がイタ嬢呼ばわりを普通に受け入れている件については、特に気にしないことにする。



「そうそう。この格好をしろって言われてびっくりしたよ。途中までは付き合ったけど、さすがにうんざりで逃げてきたんだ」


「そうだよな。大変だよな、お前らも。好きで付き合っているわけじゃないだろうしな…」



(うん、完全にイタ嬢のスレイブだと勘違いしているな。って、もしかしてオレ、女だと思われているのかな?)



 モヒカンの情報では、領主の娘は同姓しか選ばないらしい。


 最初は同性愛者を疑ったが、単純にまだ異性に対してそういった感情が芽生えていないとのこと。


 領主が過保護に育てたうえに家からあまり出さないので、世間知らずのお嬢様になってしまったようだ。



「でも、今日は新しい子が来たから、こっちはもう飽きたみたい」


「ああ、あの子かな? 黒髪の。戻ってきたときに見かけたよ」


「そうそう。…今どこにいるか知ってる?」


「うん? そりゃイタ嬢様のところじゃないのか? まだ寝るには早いしな」


「イタ嬢様の部屋ってどこだっけ? 広くてまだ覚えきれていないんだよね。ふらふらしていたら外に出ちゃったし」


「四階だろう? 俺は入ったことないから詳しい場所まではわからないけどさ。そんな話を聞いたことがあるぞ。…というか、こんな情報じゃ意味ないな。中のメイドに訊いてみな」


「まあ、そうだよね。僕も早く戻らなくちゃ。じゃあね」


「ああ、気をつけてな」



(四階か。目指す場所は決まったな)





―――――――――――――


・北に移動 → 何もなし


―――――――――――――


・北に進む → 敵と遭遇 → 会話


―――――――――――――





(…何やってんだ?)



 アンシュラオンが、草むらに人影を発見。


 どうやら衛士のようだが、なぜかコソコソしている。


 気になったので接近してみた。



「何してるの?」


「わっ!? だ、誰だ!?」


「通りすがりのイタ嬢様のスレイブだよ」


「あっ!? あ、ああ、驚かすなよ。今、俺はとても忙しいんだ」


「忙しいって何してるの?」


「それ以上は来ないほうがいいぞ。…とてもとても厳しい局面に遭遇しているからな」



 男は腰を屈めたまま手を押し広げ、これ以上来るなポーズを取る。


 それで何が起こっているかを察した。



「野グソ?」


「女の子が野グソとか言っちゃ駄目!?」


「いや、だって野グソでしょ?」


「それは否定しようもないが…。せめてもっとこう、お花畑とかそういう表現をだな…」


「お花畑で野グソ」


「間違ってないけど!?」



(なんだ、野グソか。でも、全然動かないな。もしかして…)



「紙がないの?」


「うっ……紙がないといえば、そうだ。だが、俺としては紙でなくてもいいと思う。あるいはもう、清らかな心があればなんとかなるのではないかとも思う。そう、空気的な何か、もしくは超常的な力で拭くことができれば…」


「紙がないんでしょ?」


「…はい」



 どうやら図星のようだ。



「紙、あげようか?」


「い、いいのか!? 本当か!?」


「うん。ちょうどたくさん持ってるから」


「あ、ありがたい! 頼む!」


「はい。ここに置いておくね。それじゃ、さよなら」



 アンシュラオンは歩いていった。



「た、助かった…地獄に仏とはこのことだな」



 男が紙の束を取り、それで拭く。



「ちょっとごわごわしているけど…なんでもいいか。ふー、終わった、終わった。…ん? これは何の紙だ? ん? ん?? 何かすごく見覚えがあるような…」



 それは、このグラス・ギースでも日常的に使われる紙。


 大陸貨幣である。


 アンシュラオンが置いていったのは、まさに札束。それで尻を拭いた衛士。



「うそ…だろ……。本物なのか!? す、捨てていいのか、これは!?  だが、金だぞ! 金を捨てるなんて俺にはできない!! ど、どうすればいいんだ!! べったりと俺から出たものがついているし…うぉおお!!」



 その後、汚れた紙を見つめて数時間葛藤する衛士であった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます