14話 「ロリコン先生のスレイブ講座 後編」


 アンシュラオンが少女を見たとき、最初に目に入ったのが緑色の小さな宝石であった。


 なぜ気になったかといえば、明らかに術式とわかる波動が出ていたからだ。


 術士の因子がある者は、術式を感知できる。因子のレベルによって感知できるものは異なるが、アンシュラオンの術士因子は5。術はまだ使えずとも、たいていの術式ならば解読することが可能だ。


 解読の結果、精神術式の一種だとはわかっていたが、それが何のものかまではわからなかった。それが、男の説明ですべてを理解できた。



「あの精神術式で、逆らえないようにしているのですね!?」


「そうだな。契約に逸脱するような行為や、犯罪行為ができないようになっているんだ。便利だろう?」


「人権侵害じゃないんですか!?」


「そこにこだわるね、お前さんは」


「いえ、そこが解決できれば、あとはもう情欲の赴くままにウハウハの予定なんで!」


「正直すぎる!! 少しはオブラートに包んでくれ」


「正直者であることが取り柄なんで! それで、続きは?」


「何百年か前、スレイブ階級の人間が反乱とか大きな事件を起こしてね。それから安全装置として付けられるようになった、っていう話だったかな」



 単に契約に違反してしまった、という話ならばよかったのだが、最初から契約を破るつもりで入り込み、中からクーデターをするという事件が起こった。


 それ以来、契約遵守のために、こうしたものが認められるようになった。当然、自らの意思でつけるので人権侵害ではない。



(見た感じ、かなり粗雑なんだよな。あれで制限できるとすれば、反抗意識を持たせにくくする、っていう程度かな)



 精神術式にも多様な種類と、強弱のレベルが存在する。


 アンシュラオンが見る限り、ロリコン妻にかかっている術式はあまり強いものではない。


 せいぜいが、「~しようと思わない」程度の軽いものだろう。完全なる強制力を持つ凶悪な精神術式とは異なる。



(たぶんオレにはまったく通じないだろうけど、一般人ならばあの程度で十分ってことか。そういや、姉ちゃんは竜を簡単に支配していたけど、あれを人間にかけたら精神が壊れそうだな。そういう意味合いもあって、軽いものになっているのかもしれないな。そのあたりは専門領域だし、おいおい調べていこう)



 それより、である。



「先生、ラブスレイブとは!? やはり、アレですか!?」


「まあ、アレだな。そういう目的のためのものだ」


「何でもしていいんですか!?」


「それも相手によるというか、どういった条件で売りに出されているかが重要だ。ちゃんと確認しないと、後で台無しになることもある」


「ふむふむ、メモメモ!」



 左腕に火気を使って「ラブスレイブ」と大きな焼き文字を入れていく。


 その異様な執念にロリコンは戦慄した。


 絶対に忘れないという気概が見えたからだ。この小さな身体のどこに、これだけの情念が宿っているのだろうか。恐ろしい少年だ、と。



「なるほど、なるほど、だいたいわかりました!」


「そうか。納得してくれてよかったよ」


「先生、オレでも買えますか!?」


「え? あ、ああ。もちろん買えると思うが…。年齢制限は特に無いな。それと場所によって、いろいろと条件があることもある。たとえば市民権が必要な都市もあるから、そこは確認したほうがいい。辺境に行けばいくほど緩和されるが、それだけヤバイ代物もあるってことだから注意しろよ」


「ためになります! それで、いくらですか!? 何円なんですか!?」


「顔が近い! やる気がありすぎる!?」


「従順な女の子なんですよね!? それって、逆らわないんですよね!? 逆らっちゃ駄目なんですよね!?」


「契約でそうなっていれば、だけどな」


「エッチなこともしていいんですよね!?」


「ラブスレイブだったらな。普通のスレイブでも、そういった条項がある者もいるから、そういうのならば…」


「買います!! どこで買うんですか!!!」



(これだ! オレが求めていたものは、これだったんだ!!)



 この時、アンシュラオンは気がついてしまった。


 自分の目的は、姉とは違う従順な女の子とイチャラブしたい、というもの。


「なら、スレイブでいいんじゃね? 逆らわないし、何でも言うこと聞くし。金で済むのならば、こんな素晴らしいものはない!!」


 と。



 最低の発想である。人間としてどうかと思う。


 だが、そういう仕組みがあるのならば利用しない手はないだろう。もし嫌なら、やめてしまえばいいのだから、まずは気軽に利用してみればいいだろう。


 そう、何事も試してみなければならない。それが人生経験であり、社会勉強というものだろう。


 何が悪いというのだ。うん、悪くない。むしろ素晴らしい!!



「ビバっ!! 素晴らしい!」


「どわっ、びっくりした!? まだ答えてないぞ!?」


「あっ、そうだった。どこですか!? どこでぇえええええ!」


「ぐえっ! だから首を…絞めないでくれ。大きな街とか、スレイブ商がいる場所ならどこでも…」


「どこだ! 近隣なら、どこにいる!?」


「そこらの集落にもいるかもしれんが……最初なら大きい店がいい。大きい店は信用もあるから、初めての客にも親切だ。そうだな…南東にグラス・ギースっていう大きな街がある。そこなら多くのスレイブがいるはずだ。もともと俺もそこで働いていたからな」


「グラス・ギースですね! メモメモ! じゅうう」



 また焼き付ける。


 それにロリコンは再び戦慄した。



「先生! ありがとうございます!!」


「う、うむ。感謝したいのはこちらのほうだ。あんな凄いものを六十万で売ってくれるのだから…」


「スレイブって、いくらですか?」


「ピンキリだな。三級にもなれば、百万以上は…」


「やっぱり、違うところで売ります!!」


「心変わりが早すぎる!? 売ってくれ!! 教えたじゃないか!!」


「ええい、放せ! オレにはスレイブが必要なんだ! こんなはした金で売れるか!! このロリコンが!!」


「わかった。わかった! あそこの雑貨でいいなら、いくつかやるから! それでどうだ! 俺とあんたの仲じゃないか!」


「…ちっ、しけてやがるな。全部渡すとか言えよ」


「どうせ持てないだろうに。それに、どさくさで嫁さんまで持っていかれたら困る」


「信用ねえな。オレは他人のものには興味ないんだけどな…」



 交渉成立である。


 よくよく考えれば、もともといらないものだし、歩いている時に拾った程度のものなので、この値段で売れるのならばボロ儲けである。






「楽しそうでしたね」


「あんなロリコンと一緒にされたくないけどね」


「はは…。あの人も久々に楽しそうでした」


「いくつか好きなものを持っていっていいって言われたけど…大丈夫?」


「はい、大丈夫です。お好きなものをどうぞ」



 再び日用雑貨テントに戻ったアンシュラオンは、少女の旦那さんをロリコン呼ばわりしつつ、いくつか品物を物色する。


 あのロリコンに対しては遠慮しないが、この子の生活もかかっている。なので、最低限のものだけを選ぶ。


 当然、最初に選ぶのは地図。それから野菜や芋などの食材とフライパン、それとあの良さげな包丁を一本もらっていくことにした。



「それじゃ、このリュックもどうぞ。一緒に入れておきますね」


「ありがとう。助かるよ。…で、あのロリコン、夜は激しいの?」


「えっ? その…それは…あはは」


「サイズは大丈夫? 入るの? それともロリコンのが小さいの? ねぇねぇ、何分でイクの? あいつ、早漏でしょ? ねえねえ、どうなの? 満足してるの?」


「えっと、その…あの……それは……」



 セクハラである。特に理由はない。



「おい、俺の嫁にちょっかい出すなよ!」



 遠くからロリコンの抗議の声が飛ぶが、無視である。



「変態的行為を強要されたら、これを使うんだよ」



 そう言って、包丁を指差す。


 男など、いざというときはそれで切ってしまえば、おとなしくなるものだ。その時はニューハーフ協会を紹介してやろうと思うのであった。もちろん、伝手などないが。


 ただ一つ、訊いてみたいことがあった。



「…なんでスレイブになったの?」


「私の家、子沢山で。口減らしのために自分からなったんです。このあたりは、そんなに豊かではないですし…」


「そうなんだ…ごめん」


「いいんですよ。今は幸せですから」


「そっか。じゃあ、またいつかどこかで。ロリコンにもよろしくね」



 スレイブでも幸せになれる。


 それを知って、少しだけ安堵した。





「よっしゃ! それじゃ! オレは行くよ! 絶対にスレイブ(従順で可愛い女の子)を手に入れるぞおおおおおおおお!!」





 新たな目標を得て、アンシュラオンは旅立った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます