13話 「ロリコン先生のスレイブ講座 前編」


 スレイブ。


 奴隷という意味合いでもあるが、一般的に想像する【悪い意味での奴隷制度】とは多少違う側面がある。



 まず、彼らには【等級】が存在する。


 これは、スレイブの社会的身分を示すもので、六段階存在する。



優等スレイブ:最上級のスレイブ。司令官や総督など、支配者階層。

一等スレイブ:上流階級の奴隷。一般市民よりも上に位置する。

二等スレイブ:中流階級。選挙制度がある場合、投票権がある。

三等スレイブ:市民権のあるスレイブ。一部の参政権が認められる。

四等スレイブ:労働者階層。一般労働者。一般的なスレイブ。

劣等スレイブ:それ以下の存在。従来の悪い意味での奴隷。



 最下層の劣等スレイブは、たしかに悪い意味での奴隷制度を象徴するように、場合によっては消耗品扱いされ、劣悪な環境下に置かれることもある。


 が、殺せば殺人罪が適用される場所が多い。


 当然、守られないこともあるが、それはスレイブでない人間だって同じである。その意味では両者に違いはない。



「先生! 奥さんは三等スレイブということですが、普通とは違うんですか?」


「うむ、そうだ。三等以上は、一般市民と大差ない扱いになる。申請が通れば下級市民権を得ることもできるんだ。俺も下級市民の資格を持っているから、スレイブという縛りはあるが同格ってことだな」


「権利が守られている、ということですね! 素晴らしいと思います!」


「そうだろう、そうだろう。だから結婚しても大丈夫なんだ」


「質問です! 結婚に年齢制限はないんですか!?」


「……ない…な」


「間があった! ロリコン、間があったよ、今!」


「ロリコンじゃない! 愛の勝利だ! それに今の俺は先生だぞ。しっかり聞きなさい」


「はい、失礼しました!!!!」



 ここは魔獣解体用の広場、その空きスペース。


 そこではいつの間にか、正座で講義を聞いているアンシュラオンがいた。


 ものすごい食いつきである。人生において、一度たりとも本気で物事を聞いたことなどなかった彼が、今回ばかりは真剣に話に耳を傾けている。



 ロリコンの妻は【三等スレイブ】という地位にある。


 街での市民権があり、生活上は一般市民とほぼ同じである。一部の参政権から除外されるなど完全に同じではないが、一般的に三等以上になれば、もう普通の人間と大差ない。


 スレイブの中でもっとも数が多いのが、四等の労働者階級のスレイブだ。


 彼らは都市間を自由に移動する放浪タイプの労働者であり、ごくごく一般的な被雇用者たちであるといえる。


 基本的に定住しないので、契約は期間限定の【レンタル】という扱いになり、それが終わればまた違う都市に移動する。日本でいえば、不法滞在している外国人労働者のようなものだろうか。


 契約者に気に入られたり、住居を得ることができれば、三等スレイブになることもできる。そうなれば日雇いだけではなく、普通に就職も可能である。


 二等以上になれば、その数はかなり少なくなるが、いないわけではない。


 たとえば貴族や、政府や軍の高官などに雇われる者は、必然的に身分が一般人より高くなる。そうしないと難易度が高い仕事ができないからだ。



「優等スレイブなんているんですね!?」


「俺も話にしか聞いたことないが、そういうスレイブもいるらしい。南では、将軍をやっている者もいるというな。そういったスレイブは、持ち主が国王とか最高司令官とか、地位の高い人間と契約している者だろう。その場合、そこらの領主より地位が高くなるな」


「なるほど! つまりスレイブの本質とは、【資産】である、ということですか?」


「いい着眼点だ。その通り。一般人とスレイブの最大の違いはそこにある。一般的にスレイブは、【所有物】として扱われているんだ。だから取引に使われることがある。動産扱いだね」


「しょ、所有物!? そんなのいいんですか、先生!? 人間ですよ! 倫理的にどうなんですか!?」


「もちろん対外的には嫌う者もいるが、彼らの多くは自ら望んでスレイブになるんだ。なら、問題ないだろう?」


「そ、そんな!? どうしてですか! マゾなんですか!? 支配されたい欲求女子ですか!? わかります!! 大好物です!」


「なんで女子限定なんだ!? 男だっているだろうに。まあいい。これはいわゆる【自己アピール】だ。自分の有能さをアピールして就職先を紹介してもらうのと同じだよ。通常の雇用契約を、より濃密にしたのがスレイブ制度の根幹だ」



 戦争や紛争によって、敵対する勢力の民間人を捕まえ、強制的にスレイブにすることもある。そうした場合は劣等スレイブにされ、玩具にされることがあるのは致し方のない事実だ。


 だが、そうした中でも有能な人材にはしっかりとした値が付き、恵まれた境遇で暮らせることが多い。


 なにせ、人材不足。


 それがどんな社会であろうと、人材は常に不足する。社会全体が優れていても、それに見合うだけの人材を育成するのは至難だし、劣った社会でも一般人並みの教養を持つ者は同じく貴重である。


 また、経済的に困窮した場合、手っ取り早く身の安全を図ることができる。


 悪く言えば身売りではあるのだが、不当な暴力によって搾取されるよりは、強い力を持つ人間に保護してもらったほうが安全だ。


 少なくともスレイブ専門の商人が保護している間は安全だし、嫌な相手ならば契約が成立しないこともある。スレイブ商にとっても大切な商品なので、粗末には扱わないからだ。


 どれくらい選り好みできるかは事前契約次第だが、基本的に自己の意思は尊重される。自分の人生は自分で決めることができるのだ。


 それが能力の高い人間ならば、さらに重要視される。嫌々働いても、人間は力を発揮しないからだ。



 よって、スレイブには等級同様、個人の能力に応じてランクがある。


 これも、六つのランクが存在する。



上級スレイブ:希少性が高い存在。世界に数百人程度。

一級スレイブ:付加価値のあるスレイブ。武人や特殊技能など。

二級スレイブ:健康で容姿や体格に優れたもの。より高度な知識や教養がある者。

三級スレイブ:一般的な教養を持ち、計算などができるもの。

四級スレイブ:三級より劣るもの。

下級スレイブ:さして役に立たない資源とされている存在。



 となっている。


 ロリコンの妻は計算ができ、売り子などの能力があるので三級に属し、等級と合わせて「三等三級スレイブ」と呼ばれる。


 一般市民階級であり、一般的な教養を持つ人材。


 という意味である。


 このランクとなると、労働者としては十分立派で、信用ある商会の店員として雇われることもある。当然その場合、ちゃんとした労働契約が結ばれる。



「ロリ子ちゃんとは、どこで知り合ったんですか?」


「ロリ子ちゃんはやめろって!! 犯罪臭がするだろうが!」


「でも、ロリコンなんですよね? わかります」


「何が!? 何がわかるの!? 顔!? 顔がそうなの!?」


「先生のこと、よくニュースで見ました。先生ならいつかやると思っていました」


「ただの犯罪者じゃねーか!? 捕まった時に出るやつだろう!?」


「それで、どこで出会ったんですか?」


「俺がまだ街で商売をやっていた時、問屋で働いていてさ…。一目惚れだったんだよなぁ。それでさ、へへ、譲ってもらったんだ。けっこう吹っかけられたから、それはもう値が張ったんだぜ。それでも欲しかったから、がんばってさ…。なんつーの? 給料の三倍ってやつ? いやー、がんばったねぇー」


「このロリコンがあぁああああ! やっぱり強引じゃねーか!!!」


「ちがっ、ちがうっ! ちゃんと意思を確認したから!? 両想いだから!」


「本当か? 怪しいもんだな」


「信じろって。それに彼女も外の世界が見たいって話でな。じゃあ、一緒に行商でもやろうかって今に至っている」


「それで、先生はどうやって結婚したんですか!? 詳しくどうぞ!」


「変わり身早いな。詳しくもなにも、スレイブとは普通に結婚できるんだ。市民権のある三等スレイブだと、もう一般人と大差ないからな。本当はもう少し時間を置いてからと思ったんだけど、体裁があるしな」


「つまるところ、猛る情欲を抑えきれなかったというわけですね! 早くむしゃぶり尽くしたいと!!」


「お前にとって、俺は野獣なのか!?」


「その気持ち、わかります。オレもむしゃぶりつきたい。だから本音でどうぞ!」


「誤解を招く発言はやめろって。…そう言われると完全否定はできんが、それだけならば彼女じゃなくてもいいんだから、そこは忘れるなよ」



 当然ながらスレイブではなくても、娼館で働く一般女性もいる。情欲だけならば、そこで満たすこともできるのだ。


 また、普通に結婚したいならば一般市民だってかまわない。あえてスレイブである必要性はない。



「それにスレイブと結婚ってのは、やっぱり世間体がよくないこともあるからな。あまり公言したくはないもんだ」


「だから過剰反応したんですね。言い訳が先に出たと」


「どんだけ心を抉ってくるんだ、お前は!?」


「ところで先生、ふと気になったんですが、奥さんの首にあった宝石って…もしかして術式がかかってます?」


「おっ、よく気がついたな。そうだ。あれが【スレイブ・ギアス〈主従の制約〉】だ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます