12話 「初めての素材売りという天啓」


 それから改めて、隣の解体施設に向かう。


 そこには一人の男性がいた。


 歳は二十代後半くらいだろうか。作業着を着た普通の人間だ。特に違和感もプレッシャーも感じない。



「ねえ、おっさん。素材売りたいんだけど」


「おお、そうか。じゃあ、出してみな」



 いきなりおっさん呼ばわりである。


 少女に対する時と明らかに対応が違う。男と仲良くするつもりはないので、べつにいいのだ。


 それに男も、さして気にしていないようである。そういう子供にも慣れているのだろう。



(逃げるのに必死だったけど、ちょこっとは集めていたんだよね。これも習慣かな)



 火怨山の麓から逃げていた時、戦うしかない状況の場合に限って、魔獣を狩っていた。そこで手に入れた素材がある。


 ただ、量は少ない。剥ぎ取れたのは最低限である。


 あまり狩りすぎても、それを目印に姉が追ってくる可能性があったので、わざと殺してから別のルートに行ったりと偽装工作もしていたのである。いちいち剥ぎ取るような余裕はない。



(うーん、どれがいいかな?)



 アンシュラオンは、白い革袋に手を入れる。この革袋も逃げながら作ったものだ。


 寝ていた白サイのような魔獣から硬い乾燥した皮膚を拝借し、偶然通りがかった巨大なネズミからは、すれ違いざまにヒゲを頂戴した。


 その手腕は、もはや天才スリ師に近い。相手が気がつく前に必要なものだけを奪い取るのだ。


 皮とヒゲを使い、紐付き革袋の完成である。



 ごそごそと探していると、硬質的な感触があった。


 それを出す。



「これはどう? けっこうなものだと思うけど」



 アンシュラオンが持っていたのは、透き通った青い石。掌よりも少し大きいサイズだ。



「これは…ん? 何の塊だ?」


「魔獣の中にはさ、心臓が鉱物のやつもいるんだよね」



 普通の魔獣の心臓は本当の臓器だが、第三級の討滅級魔獣以上になると、なぜか心臓が鉱物になる現象が確認されている。


 ちなみに魔獣のランクは八つ。


 強い順に―――



・第一級 撃滅級魔獣:都市すら簡単に破壊する獣

・第二級 殲滅級魔獣:軍隊でさえ討伐が難しい獣

・第三級 討滅級魔獣:通常の人間では対応できない獣

・第四級 根絶級魔獣:街に近寄った場合、根絶すべき危険な獣

・第五級 抹殺級魔獣:抹殺対象にすべき獣

・第六級 駆除級魔獣:駆除対象の獣

・第七級 益外級魔獣:益にならない獣、害獣

・第八級 無害級魔獣:無害なもの、家畜化可能種



 となっている。


 このさらに上位に、国すら滅ぼすという天災級魔獣というものがあるが、それはまず出現しないのでランク付けされていない。ちなみに、ゼブラエスが戦った天竜がそれに該当する。


 火怨山は、頂上に近づけば近づくほど魔獣が強くなっていく。アンシュラオンが住んでいた近くでは、第一級の撃滅級魔獣も普通にいた。普通に出会うのが第二級の殲滅級魔獣、たまに第一級の撃滅級魔獣といった割合だ。


 むしろ、第三級の討滅級魔獣以下は滅多に見かけない。おそらく上位の魔獣にびびって、テリトリーには近寄らないのだろう。


 アンシュラオンが倒したのは、そうした上位魔獣から逃げ、山の麓の森一帯で暮らしている討滅級魔獣。革袋の素材の魔獣も、それに該当する。


 アンシュラオンからすれば、可愛い動物程度にしか見えないが、普通の人間ではまず太刀打ちできない存在である。



「それで、どう? 値段は?」


「魔獣のものなんだよな? こんなの初めて見たが…」


「絶対に間違いないよ。狼みたいなやつだった」


「狼? ああいうやつか?」



 男は、近くに置いてあった獣の死骸を指差す。そこには、中型犬くらいの大きさの狼がいた。ガルドッグという種類で、第六級の駆除級魔獣だ。


 近隣で家畜などが襲われるので、駆除対象になっている魔獣である。


 戦闘力は、さほど高くはない。危険ではあるが、そこらのクワでも使えば大人でもなんとかなるだろう。相手が群れでなければ。


 だが、アンシュラオンが倒したのは、それとは違う。



「もっと大きかったよ。あれの三倍以上はあったかな?」


「三倍? 本当か!?」


「雰囲気は少し似ているけど、青かったし毛が帯電してたから、たぶん違う種類」


「そんなの聞いたことないが…本当に本当か? 嘘じゃないよな?」


「嘘だと思うなら連れてこようか? ここから五百キロくらい先の森の中に何匹かいたから、一匹くらいは簡単に連れてこられるよ」


「い、いや、遠慮しておこう…本当だったら嫌だし」


「だから、本当だって。疑り深いなぁ」



 が、やはり対応は難しい。



「すまん、ちょっと値段はわからない。悪いが、うちでは買い取れないな…」


「やっぱり、こんなもんじゃ値段はつかないの?」


「少なくとも、うちじゃ判断できないってことだ」


「そっか、残念。じゃあ、いらねーや。えーい!」



 まるで小石を拾った気まぐれな子供のように投げ捨てる。



「おいっ! 捨てるなよ!!」


「だって、値段つかないんでしょう?」


「いやいや、見た感じはジュエルの原石っぽいから、そういう店なら買い取るかもしれないぞ」


「そうなの? じゃあ、持っておこうかな。捨てるときは、欲しがる人の前がいいもんね。並ばせてから捨てれば、奪い合う姿を眺められるし」


「お前、案外性格悪いな」


「おっさんの姿に、昔を思い出してね…」



(カードのキラキラでよくやったなぁ。懐かしい思い出だ)



 小学生時代にカードが流行った時、大量のキラキラを持っていた。もう要らないからと言ったら同級生が欲しがったので、校庭に並ばせて三階からばら撒く、という余興をやったことがある。



(結果は悲惨だったな。醜い奪い合いだった…。あれで人というものを知った気がするな)



「宴会の余興にお勧めだよ。無礼講だと言いながら、部長とヒラの間に落として様子を見て楽しむんだ」


「どんな荒んだ宴会だよ。そんなの嫌すぎる!」


「それをツマミにして飲む酒は美味いよ」


「気まずすぎて酒が喉を通らないって。それより、他にないのか?」


「あとは、これくらいかな」



 革袋から、「金の林檎」のようなものを取り出す。キラキラと輝いた謎の物体である。


 樹木系の魔獣が頭から吊り下げていたので、なんとなく引きちぎったのだ。直後、魔獣は死んでしまったので、後味は悪かったが。



「見た目は金色だけど、臭いが変なんだよね。臭いが移ったら嫌だし、おっさんに引き取ってもらおうかな」


「おい、本人の目の前で言うなよ。買いにくいだろうが」


「だって、本当に臭うんだよね。ほら」


「ん? どれどれ……ん? ん? これはまさか……おお、うおおおおっ!」


「ほら、やっぱり臭かったでしょう?」


「い、いや、そうじゃなくて…」


「どうしたの? おっさんも人生で嫌なことでもあったの? わかる。わかるよ。オレも姉ちゃんといろいろあってさ…。世の中、うまくいかないよなぁ」


「違う!! これはあれじゃねえか!? 【聖樹せいじゅの万薬】じゃないか!?」


「何それ? 林檎の種類?」


「名称で少しは推測しろよ! 薬の原材料だ」


「どう見ても林檎じゃん」


「これを煎じるんだ。それが万能薬の元になるんだよ」



 聖樹の万薬。


 あらゆる病、特に伝染性の熱病や感染症に対して、ほぼ完璧に治癒させるという幻の妙薬である。


 これは林檎に見えるが、中身は抗生物質の塊のようなもの。あらゆる侵入物に対して攻撃を仕掛け、中和させる力を持っている。


 聖檎樹せいごんじゅと呼ばれる樹木系魔獣が、数百年かけて生み出す希少なものである。


 そこには彼らの生命力のすべてが詰まっているので、もぎ取ると死んでしまう。アンシュラオンがたまたま取ったものが、それであった。


 樹海の奥深くにいるので、普通はなかなかお目にかかれない魔獣だ。



「ふーん。そうなんだ」


「反応薄いな!? これ、すごいぞ! 普通に数百万はするぞ!」


「これが? 本当に?」


「単純にそのまま使ってもいいし、他の薬に混ぜることで効果を増幅させる効果もあるから、薬師にとっては重宝するんだ。最近、値が上がっていてな。なかなか手に入らないって話だ」


「じゃあ、買い取って。二百万でいいよ」


「お前、さっきいらないって…」


「この林檎、すごくいいと思っていたんだ。やっぱり金色っていいよね。品格があるっていうかさ」


「さっき、臭いって…」


「今にして思えば、あれが高貴な香りってやつだったんだね。高い酒だって、味がわからないやつには良い匂いじゃないもんね。だからほら、金よこせ。金を出せ。さっさと出せ」


「いきなり強気だな!?」


「ほら、欲しいんでしょ? どうせもっと高値で売るんだろうから、早く出しなよ」


「それは…そうだが…。ううむ、買い取りたいところだが…手持ちがな…」


「有り金全部でいいよ。財布ごと全部出せ。小銭も一円残らずな。お守りの五円玉も出せよ」


「それはそれで鬼だな。ここにあるのは六十万ちょいだが…他に何か…。ああ、妻はやれんぞ! 絶対にだ!」


「妻? 何言ってるのさ。オレがそんな鬼畜に見える?」


「ばら撒いて楽しむようなやつだからな」


「それは忘れてよ。でも、妻を奪うなんて寝取りゲーじゃあるまいし…って、妻がいるの?」


「ああ、いるぞ」


「脳内じゃなくて?」


「なんで信じないんだ!? さっきお前も話していただろう? あの子だよ」



 男は向こう側のテントを指差す。


 そこで働いている、中学生くらいの少女を。



「おっさん、犯罪だぞ。歳の差を考えろって」


「愛に歳の差なんて関係ないだろう?」


「限度はある。恥を知れ」


「あれ? 初対面だよな? そのわりに厳しいような…」


「まあ、べつにいいけどさ。だからといって、オレが奪うわけじゃ…」


「スレイブでも俺の嫁だ。渡さんからな」


「だから嫁なんて……スレイブ? スレイブって何?」


「スレイブはスレイブだが…知らないのか?」


「知らないな。何それ?」


「まあ、なんつーか、あれだ。お金を出して手に入れるというか、そういう感じの…」


「犯罪の臭いがするけど大丈夫か?」


「お前なぁ…。これはちゃんとした制度なんだぞ」


「そこんとこ詳しくお願い」



 スレイブ。


 契約を交わすことで、主人のあらゆる命令に従う存在。


 契約には【精神術式】を使うため、当人の意思では逆らえない。



「それって、奴隷ってこと?」


「語弊があるが……だがまあ、うん、そう言われると困るが…似たようなものだ。いやぁ、俺にはもったいない嫁さんでさぁ…」


「このロリコンがぁああああああああああああ!!」


「ええええええ!?」


「満足か!? あんな少女をたらしこんで! 命令して! 支配して!! 毎晩卑猥な命令をして楽しみやがって!!! どんなブルジョワだ、貴様は!!!」


「ぐぇええ、苦しいぃ!」



 簡単な説明を聞いたアンシュラオンが、突如激怒。襟首を締め上げ、男を詰問する。


 姉の奴隷であった自分にとって、そうした支配は忌み嫌うもの。自意識過剰になっている今の彼には、他人事ではない。


 つまり、勝手な八つ当たりである。



「違うって…。誤解だ…」


「何が誤解だ! ああ? 何でも言うことを聞くんだろう!? なんて羨まし……じゃなくて、許さん!」


「それはそうだが…。彼女は、三等スレイブで、ちゃんとしたスレイブなんだ…!」


「ちゃんとした奴隷ってなんだ!? 奴隷はあれだろう! 毎日、イヤらしいことをして楽しむもんだろう!?」


「それこそ偏見じゃないか!? そりゃまあ、ラブスレイブもいるが……俺はまっとうな人間だから普通のスレイブを…」


「ラブスレイブ!! 何だそれは!? その響きは!! 教えろ! どこで手に入れた!? どこにある!? どうやるんだ!?」


「その前に…手を放して…」



(スレイブ? なんだその響きは!? 何かぐっとくるものがある! しかもラブだと!? ラブが付くものは正義のはずだ。何か、何かあるぞ、これは!!)



 天から光が差し込んだ気がした。


 この瞬間から、彼の宿命が動き出す。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます