10話 「初めての村」


 アンシュラオンは集落の入り口らしき場所に立ち、近くにあった立て札を見る。


 そこには、「ブシル村」と書いてある。



(文字は本と同じだな)



 アンシュラオンが軟禁されていた家にあった本と同じ文字である。といっても、ほぼ日本語と同じというか、アンシュラオンには特に苦もなく普通に読める。



(今まで疑問に思ったこともなかったけど、普通に漢字なんだよな。それとも脳内でオレが漢字に変換しているのか? 謎は深まるばかりだが…まあいいか。読めればいいし)



 村の周囲を整地したのか見通しも悪くないので、途中からは一般人と同じく歩いてやってきた。そのほうが怪しくないだろう。


 入り口には門は存在せず、誰もいなかったので何のチェックもなしに入れた。そのあたりは無用心に感じるところもある。


 中に入り、村を見回す。


 そこは東南アジアにありそうな村の光景。土の大地の上に家屋がまばらに建ち、多少ながら人々が行き交う姿が見られる。



(集落…というには、ちょっと違うかな? 住んでいるというか、この場所に人が集まっているような感じかな? ただ、それにしては妙な活気のようなものもあるけど…。ん? あれは?)



 村の半ばあたりに、あまり家庭用には見えない馬車が止まっていた。ほろ付きで、他に置かれているものよりも少し立派だ。


 その隣には、まとめられた物資が置かれている。木箱に入っているので中身は見えないが、開いた箱から飛び出ているものは金属の棒だろうか。


 しばらくそれを見つめていると、一人の【少女】が棒を取り出し、テントのようなものを作っていった。


 あれだ。運動会や屋台で組み立てるような、少し大型のものである。


 少女は慣れた手つきでテントを組み立てると、荷馬車から取り出した物品を台に並べていく。野菜やら果物やら、フライパンやら包丁やら、あるいは全然系統が違う本のようなものまで並べる。


 その光景につられて、周囲から人が集まっていった。



 そこには、少女以外の【女性】もいた。なんと、半分は女性だ。



(いた!! 女性だ!! 本当にいたんだ…感動だ!! オレはついにやったぞおおおおおおお!)



 生まれて初めて、姉以外の女性を見た。その感動は計り知れない。


 これはまるで、初めて人類が火を使い出したに近い、偉大なる進化の第一歩である。



(人類は絶滅していなかった!! 女は姉ちゃんだけじゃなかった!! それを証明したんだ!!! でも―――)



 本当は小躍りしたい気分であったが、なぜか急速にその気持ちが萎えていく。


 その原因の一つは、皆々様方がお歳を召されていたせいもあろうか。すでに女性を失っている人も何人かおられる。


 そして、もう一つ。


 姉が美人すぎたこと。



(まさかこれも、姉ちゃんに慣れたせいか? …それも当然か。姉ちゃん…好みだったんだよなぁ…。姉ちゃんのインパクトの強さと比べると、嬉しいには嬉しいけど、普通の女性じゃ何も感じないな。せいぜい、あそこの少女くらいかな。姉ちゃんに比べると相当劣るけどね)



 とはいえ、偉大なる一歩には違いない。すべてはこれからである。


 改めて、その集まりの中心である少女を観察する。



(やっぱり行商人ってやつかな。それにしては幼いけど)



 少女の見た目は、せいぜい中学生くらいだろう。もっと若いかもしれない。


 少女が働く光景など、日本以外ではさして珍しいものではないので、そこは特に意外ではない。


 通りかかる人々の服装や周囲の雰囲気から、文化レベルは発展途上国程度だと思われる。


 ただ、思った以上に服装はバラバラ。


 良く言えば多様だが、悪く言えば統一感がまるでない。



(しかも全員、髪の毛の色が違うな…。肌の色も微妙に違うし、目の色も違う。どうなってんだ?)



 これもまた、気になったポイントである。


 データ収集のために観察した人間を含めて、まだ二十人も見ていないが、この段階で髪の毛の色も肌の色も、目の色でさえも微妙に違う。


 中には微妙どころか、赤や青など、まったく違う者もいる。パンクな若者の集会ならばわかるが、歳を取った人間でも同じである。


 そうでありながら、その様相に各人が意識しているようでもない。完全に見慣れている「いつもの光景」といった様子だ。



(わからん。全然わからん。サーカスか? それとも髪の毛を染めることが流行っているのか? もし違うなら、いったいどれだけの人種がいるんだ? あまりに違いすぎて、傾向性もまったく掴めない…。しかし、今にして思えば、師匠もゼブ兄も違ったな。サンプルが少なすぎて、まったくおかしいとは思わなかったが…)



 師匠が禿頭なので、そこも意識できなかった要因である。仮に陽禅公の頭が赤とかだったら、さすがに気になっていただろう。


 ゼブラエスは金茶なので、この段階で髪の毛の色は、アンシュラオンとパミエルキの白と彼の金茶だけになる。比較対象が二つだけならば、さすがに人種まで意識できない。


 そうした事情があるので、今までの人生で初めて人種というものを意識したわけである。



(うーむ、珍しい光景だ。ここが特別なのか、あるいは他もそうなのか…。実に興味深い問題だな。…ん? なんだ? ものすごい視線を感じるが…)



 視線を感じる。


 周囲の視線が、少しずつアンシュラオンに集まっているのだ。


 一人や二人ならばよいが、テントの前に集まった人たちも、物品そっちのけで自分を見つめていた。その視線は、自分が放っていたものと同じ。


 そう、観察の視線である。



(そりゃ、見慣れないやつが、黙ってじっと見ていれば気になるか。パンダじゃあるまいし、オレもじっと見られるのは嫌だな。さあ、そろそろオレもあそこに行ってみるか)



 ということで、見物客を装って自分も行ってみることにする。


 その間も、人々の視線はたびたびアンシュラオンに集中していたが、次第にそれも収まっていく。


 ただ、一部の子供たちだけは、本当にパンダを見るような目で見つめ、どこか興奮したように何かを話し合っているのが気になるが。



「見て、あの人、お姉ちゃんに貞操を奪われた人だよ」


「でも、最初は喜んでいた人だよ」


「お姉ちゃんが追ってるよ。ほら、逃げなくていいの?」


「どうせ逃げられないのにね。くすくす」



(やめろ、やめてくれ! オレを追い詰めないでくれ!)



 というのは、【被害妄想】である。


 現在の神経過敏なアンシュラオンには、他人のひそひそ話が、すべて自分のことを話しているように感じる。完全に自意識過剰である。


 大多数の人間は、基本的に自分のことで精一杯なので、本当の意味で他人を見る余裕などはない。


 ただし、アンシュラオンのことを話している、という点に関しては正しい。


 一人の幼女が顔を紅潮させ、ぼ~っと見つめる。


 そして、誰にも聴こえない声で呟いた。




「綺麗な髪。宝石みたいな目。天使…さん?」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます