7話 「転生者アンシュラオン」


「はぁはぁ…撒いたか?」



 びくびくと周囲を見回しながら、アンシュラオンは無事を確認する。


 しばらく気配を殺し、何度も何度も振り返りながら、ようやくにして外の世界に出ることができた。


 野良神機退治で、山の外縁部に出ていたことが幸いしたようだ。火怨山の中心地だったら、こうはいかなかっただろう。



「はぁぁ、疲れたな…。そういえば神機と戦って、その後に姉ちゃんにも追われたから相当疲れてるっぽい」



 自分が相当に疲れていることを知り、ここいらで休むことにした。


 呼吸を整え、【練気】を行う。



「ふぅうう…」



 呼吸とともに、周囲から力が集まるのを感じた。


 練気は一般的な戦気術の一つで、体力や生体磁気の回復によく使われるものだが、アンシュラオンほどになれば、その量もかなりのものである。急速に身体が癒えていくのがわかる。


 それから汗を拭うために服を脱いで、森の中にあった小川で身体を拭く。浄化とかも気にせず、ごくごくと水も飲む。


 彼は【武人】なので、寄生虫などがいても何の問題もない。そんなやわな存在ではないからだ。



「はぁ…ようやく自由になれた。最初はなー、けっこう勝ち組だと思ったんだけどなぁ」



 赤子の頃、目を開けたら、それはもう可愛い女の子が出迎えてくれた。


 八歳年上のパミエルキである。


 今と同じく目は鋭かったが、子供の頃はもう少し優しかった気がする。


 それが成長するにつれて、徐々に独占欲が強まっていく。抱きつき、ひと時も離れなくなり、キスが口同士になり、身体も触れ合うようになり、そのまま恋人のようになった。


(あの時は幸せだった。まだ身体が馴染んでいなかったから、感度が高くて凄かったもんな、いろいろと。若い頃ってのは、あんなにすごい感度だったんだな。…まあ、今もたいして変わってないけどさ)


 水に映る自分の顔は、まったく変わらない。二十歳をだいぶ前に過ぎたはずだが、いまだ子供のままのような容姿だった。


 それは身体も同じ。姉と一週間で120回もしてしまうほど、若々しい肉体を保っていた。それ自体が異常だが。



「武人…か。やっぱり普通の人間とは基礎能力が違うよな。そういえば、オレはどれくらい強くなったんだ?」



 アンシュラオンは、自分のデータを開いた。



―――――――――――――――――――――――

名前 :アンシュラオン


レベル:122/255

HP :8300/8300

BP :2230/2230


統率:F        体力: S

知力:C        精神: SSS

魔力:S        攻撃: AA

魅力:A(※SSS)  防御: SS

工作:C        命中: S

隠密:A        回避: S


※姉に対してのみ、魅了効果発動


【覚醒値】

戦士:8/10 剣士:6/10 術士:5/10


☆総合:第三階級 聖璽せいじ級 戦士


異名:転生災難者

種族:人間

属性:光、火、水、凍、命、王

異能:デルタ・ブライト〈完全なる光〉、女神盟約、情報公開、記憶継承、対属性修得、物理耐性、銃耐性、術耐性、即死無効、毒無効、精神耐性、姉の愛情独り占め

―――――――――――――――――――――――



「やはり…消えていない」



 まず最初に見るのは、姉に関する項目である。



―――姉に対してのみ、魅了効果発動


―――姉の愛情独り占め



 の部分だ。


 自分でも薄々気がついていたが、外見的特長は姉に似ているので、それなりの美男子であると思う。姉を可愛い男にすれば、こんな感じになるだろうか。


 そのおかげか元の魅力はAと、なかなかの高評価である。


 容姿だって立派な魅力のはずだ。正直、自分には内面的魅力などないと思うので、容姿が大半を占めているに違いない。



「ここで告白しよう。オレは姉好きだ」



 知ってた。


 パミエルキが好き、という意味ではなく、姉という存在に憧れていた。エロゲーだって姉ものは大好きだし、「姉がいるなんて最高じゃないか!」と思っていた。


 だから、女神様に「姉をください!」と言ったのだ。


 そして、姉を手に入れた。美人で、巨乳で、(昔は)優しくて、自分のことが大好きな姉。



「だがしかし! どうしてこうなった!!」



 この項目は、女神様がつけてくれたものに違いない。それはいい。ただ、相手が問題だったのだ。そして、どうしてこうなったのだろう。


 不満は、もう一つある。



「姉と、きゃっきゃうふふ、の甘い生活が待っているはずだったのに、修行三昧じゃないか!! もうボロボロだよ!」



 なぜか日々、修行三昧になっていた。最初は加減されていたが、徐々に激しいものとなり、魔獣と戦う日々を強いられていたのだ。


 魔獣はまだいい。問題は姉である。


 姉属性の一つに、弟をいじめる、というものがある。愛情表現であり、可愛いからこそ厳しくするというやつだ。


 それが、激しい。


 折れたのは腕ばかりではない。文字通り、身体の一部を粉々に吹っ飛ばされたこともある。それでも武人の肉体は強靭で、後遺症すらまったく残らない。


 これはパミエルキがS級魔王技を使えることが大きい。回復(復元)術式によって、傷痕も残さずに完全に癒してしまうのだ。ただそのせいか、愛情表現もかなり激しくなっていく。



「見た目はいいんだ…見た目は。だが、愛が重すぎる。重いんだよ」



 『姉の愛情独り占め』スキルのせいか、その愛がすべて自分に降りかかる。待ち望んでいたことなのに、何か違う。



「女神様のような人がよかったんだけどなぁ…」



 アンシュラオンを転生させてくれた女神様。闇の女神、マグリアーナ様。この星、【死と炎の星】に転生する際、面倒をみてくれた女性である。


 優しくて、穏やかで、美人で、胸も大きい。姉属性としては最強だろう。場合によっては、母属性になりそうなくらいの母性を持っている。



 そう、アンシュラオンは、この星の人間ではない。




―――他の星からやってきた霊魂である




 この星の人間の多くは、宇宙のことはよく知らないらしい。他の星に人間が暮らしているなど、思いもしないという話だ。


 そこまで文化レベルが発達していない、というよりは、女神様いわく「この星はまだ若い」とのこと。


 もともといた星の守護神(母神)がいなくなり、人類の霊が星の代行者に昇格して運営しているらしい。


 本来、人間の霊が微生物を管理するにも、最低でも数万年の進化は必要となる。それが人類を含めた支配種を管理するには、通常は何億年という経験が必要なのだが、それを飛ばして一気に管理とは珍しい状況だ。


 それも、この星が若く、特殊な状況だからという話である。


 ただそれは、アンシュラオンが元いた「地球」と呼ばれる星でも、若いという意味では同じことである。


 あの星でも人々は宇宙を観察しては、「人類がいるのは地球だけ」と言う程度の認識でしかない。


 もちろん、物的に見れば正しい。たしかに、同じ【次元】にはいない。地球人の物的振動数のレベルで見れば、どの星も死の星であろう。


 だが、霊的に見れば、この【宇宙は人間だらけ】である。


 物的な生活を経て進化する霊―――それが人間。肉体という要素は、惑星の大気状況によって違うので、まとっている身体が肉である必要はない。振動数が違えば、霧や液体の身体になることもあるわけだ。


 よって、火星にも人間はいるし、木星にも太陽にもいる。


 そうした事情を知ったのも、アンシュラオンが死んでからだ。


 死んだ後、いわゆる霊界と呼ばれる場所に行き、そこで教育を受けたから知っているにすぎない。


 人は霊である以上、死なない。霊は不滅の存在であり、人間の本来の意識であるからだ。であるからには―――



「【転生】しないといけないんだよなぁ…」



 人間の霊は、幾度かの転生を繰り返し、霊魂として成長していく。そう、物的体験を経ながら。


 霊の世界も、地上と違う粒子で構成されているだけで、ある意味ではより高度な物質であるともいえるが、肉体をまとって生活することで、人は多くの体験を得るらしい。


 その回数は、普通の人ならば三回か四回程度で終わるという。それだけ生活すれば、人間としてある程度成長できるからだ。


 それで足りないならしばらく霊界で暮らし、また新しい能力が必要になったら再生すればよい。べつに転生は強制ではない。



 何にせよ、霊という世界が主体であり、地上は体験の場。



 これが重要だ。


 これを知ると、なぜ地上で才能の差が生まれるのかがわかる。霊の熟練度が違うからである。


 ある人は、その才能を霊として蓄えていた人で、その人生ではさらに才能を開花させるために生まれる。そうすると、生まれながらの天才となる。


 霊のスタートラインが違うからだ。ある人は一回目でも、ある人は何回目かの人生かもしれない。天才とは、ただそれだけにすぎない。


 その才能に相応しい肉体も選べる。自分で親を選ぶというのは、まさにこのことである。自分の人生に相応しい身体すら、そうやって生まれる。


 そしてアンシュラオンも死後、しばらく霊界(幽界)で勉強したり、修行したりしていたのだが、「そろそろまた行くかい?」などと指導霊のおじいさんに言われ、「マジっすか!? もう!?」という感じで、転生する運びとなった。


 アンシュラオンは、前の人生でつまらない日常を送っていたので、もう二度とこりごりだと思ったのだが、違う星に転生できると知って、やる気が出た。


 そう、霊魂の再生は、惑星間でも可能である。


 地球でも、他の星から再生してくる人もいる。魂というのは、常に自分に合う世界を探しているから、そういうこともある。


 アンシュラオンはどうせなら、自分が意味ある人生を送れる世界がよいと思った。



 意味ある世界 = 姉といちゃつく世界



 である。


 何かが違う気もするが、母性に飢えていたのかもしれない。それに加えて、やはり一度でいいから、強い自分になってみたいと願った。


 自分が活躍できて、楽しめて、それでいて人の役に立つ。実に素晴らしいじゃないか、というわけである。



「ああ、いいよ。じゃあ、そういう感じで神庁の神様に頼んでみるよ」



 と簡単にOKが出たので、「マジ楽しみっす!!」と答えたのだが…



「自力でがんばるのか…。そうだよな。成長ってのは、自分でがんばるから意味があるんだよな。うう、がんばったよ。修行はつらかったよ」



 この星の女神様は転生の際、いろいろと配慮してくれた。


 まず、デルタ・ブライト〈完全なる光〉というスキルは、この世界でアンシュラオンとパミエルキしか持っていない、実に特別なものである。


 効果は、すべての因子の覚醒限界を最大にすること。これによって戦士と剣士の力を持ち、術も使えるという最強の存在になれる。


 ただし、姉も持っていたという罠である。


 推測でしかないが、このスキルを得るために、わざわざパミエルキと姉弟になったと思われる。おそらく血統遺伝なのだろう。


 しかも、パミエルキは、アンシュラオンが求めた通りの姉人材。美人で優しくて、巨乳でイチャラブ。一石二鳥である。


 その他、いろいろと優遇してもらった。この【情報公開】スキルもそうだ。これがあれば、こうして非公開のデータを公開することができる。


 アンシュラオンにしか見えないので、まさに相手の秘密が見えてしまうという、ある意味で最強のスキルである。これがあれば、危険を事前に察知できるだろう。姉の恐ろしさを知った時のように。



 しかし、こうなってから改めて思う。



「人生、うまい話ばかりじゃないよなぁ」



 こうして、アンシュラオンの新しい人生は始まる。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます