5話 「姉と弟は、シテいいの?」


「師匠、【近親相姦】って、許されるんですか?」


「いきなり、何を言うのかな?」



 亀仙人みたいな禿頭とくとうと髭の老人、陽禅公ようぜんこうが穏やかな声で答える。


 声音は優しいが、そんな声でいつも無茶振りをするという、姉とは違う意味で恐ろしい人だ。歴代最強とも呼ばれる現役覇王として、世界で一番強い武人という話だ。


 が、当人いわく、今では姉のほうが強いらしい。


 アンシュラオンは、そのことに言いたいことは山ほどあるが、事実なので受け入れるしかない。姉が強すぎるのだろう。



「一週間で120回したんですよ。信じられます!?」


「いきなりカミングアウトされてもね。ジジイには刺激が強いよ。というか、君の体力にも驚きだよ」


「オレだって、出したくて出したわけじゃないです。そりゃ最初はよかったけど…半分超えてからはつらかったです。姉ちゃん、底なしだし」


「ところで、それが本題?」


「そうそう!! 姉と弟がその…スルのって、いいんですか? そういうのって、何かしら問題があるのかなって…。ほらその、よく言いません? 生まれてくる子供がその…いろいろあるとか。倫理面でもそうですけど」



 近親相姦。


 そう、血の近しい者同士が交わることである。遺伝子上、あまり好ましくはないもので、場合によっては少し困ったことになる。


 それゆえに、法律で近親間の婚姻を禁じている国は多いが、日本でも(同意、互いに好意がある場合の)性交自体は禁止されていないなど、なかなか難しい問題となっている。


 ただこれも、【この世界ではどうなのか】、という確認が必要だ。


 そこでアンシュラオンは、驚愕の事実を知る。



「べつに、いいんじゃない? よくやってるよ」


「どうして!!! 許されざることですよ!! 背徳的だ! 認めちゃいけない! 弟が姉に搾取されるなんて、あっちゃ駄目だ! オレは人権保護を主張します!!」


「人権ねぇ…」



 日本人の感覚ではそうだ。


 だが―――



「そういうところもあるけど、武人は例外だね。武人ってのは、血を濃くするのが仕事みたいなところがあるから、王族とか血統遺伝を持つ者は、血を遺すための近親婚は珍しくないね」



 場合によっては推奨されている、という事実。


 武人の血は、貴重である。古来より伝わる【偉大なる者】の因子を遺すためならば、近親間での行為は正当化される。いや、それが正しいのである。


 しかも武人は遺伝子が強いので、病気の子が生まれることは、そもそもあまりないのだ。


 もちろん、血が合わないことで、あまりよくない結果になることも多いが、それならばまた作ればよいだけのことだ。その希少な血に比べれば、微々たることである。



「なんて破廉恥な!! 不道徳です! 非倫理的です!! オレは子供を守りたい! 明日の人類を守りたい!」


「そんなこと言われてもねぇ。そういうシステムだし。たまにならいいんじゃないの?」


「この一週間だけじゃない! 隙を見せれば襲われ、搾られ、搾取されているんですよ! 文字通り、白いものを! オレの体液を! 昆虫だったら死んでますよ!」


「うーん、二人の問題だしね。でも、楽しんでない?」


「楽しいですよ! 姉ちゃんは、美人ですからね! でも、愛が重いんですよ!! 鉄球並みに重い! こんなの、こんなの、オレの望みじゃなかった!! もっとこう、穏やかで優しくて、ちょっと恥じらいもありながら、エッチな感じの姉がよかった!!」


「うーん? 今とあまり変わらないような…。パミちゃんは優しいじゃないか、君には」


「オレには…ですね。たしかに。それってあれですか、オレが犠牲になればみんな平和、みたいなやつですか?」


「うん」


「否定しろ、ジジイいいいいいい!!!」


「キレる若者だね。首を絞めないでほしいよ。一応師匠じゃよ、わし」



 もうすでにパミエルキと立場が逆転しているが、一応師匠である。



「それに、その話で確信しましたよ。外にはもっと広い世界があるって」


「パミちゃんは、何て?」


「人類は絶滅して、残っているのはこの四人。その内、女は自分一人だと言っています。だからオレと結婚すると」


「…そう」


「………」


「………」


「会話が止まってる!! なんで止まるんですか!」


「いや、パミちゃんが言うなら、そうかもね」


「絶対嘘だ! 隠しているに決まっている! オレ、女神様に会いましたもん! そんなこと言ってなかった!!」


「おや、会ったのかい? どっちに?」


「どっち?」


「うん。二人いるから」


「えっと、すごい優しくて、お母さんみたいな人です。あっ、お母さんといっても、若い感じの…。胸は大きいです」


「最後の重要?」


「個人的には。小さいのも嫌いではないですけど、姉は大きいほうがいいかなと。ああもちろん、小さな姉もグッドですけど! 両方大好物です!」


「力説されてもねぇ。わし、そっちの趣味ないし」


「そろそろ教えてくださいよ。いるんでしょ? オレ、師匠の部屋でエロ本見つけましたもん」


「過去の遺物だよ。捨てられなくてね」


「師匠ならわかるでしょう? 自分でやるほうがいいときもあるって。たまには独りになりたいときもあるって。お願いしますよ…ほんと。気が休まらないんですよ。身体ももたない」


「うーん、しょうがないねぇ」



 陽禅公が、ぼそっと語り出す。



「わしが子供の頃だから何百年も昔だけど、たしかに【災厄】ってのがあったのは事実だよ。それで世界中に大きな損害が出てね」


「人類が絶滅した?」


「いんや、全然。いっぱいおるよ、八十億くらいいるし」


「姉ちゃんの嘘が雑すぎる!! やっぱり…。ちくしょう、嘘じゃねえか…」


「このへんにいないってのは事実じゃよ。実際、この火怨山にはおらんしな」


「この山全部?」


「そうじゃな。めっちゃ先まで誰もおらん。魔獣だけよ」


「その先には?」


「いる」


「よっしゃ!! 希望が出てきた!!! そこに行けば、女がいるんですよね!? 見た目が姉ちゃんみたいな人も!」


「それって結局、パミちゃんが好きってことじゃないの?」


「そこは勘弁してください。オレは自由が欲しいんですよ」


「でも、パミちゃんは絶対追いかけるよ。それだけならいいけど、邪魔するものは全部殺すだろうし」


「…ですよねぇ。姉ちゃん、何なんですか? 師匠より強いですよね」


「そうねぇ。何なんだろうね」


「いやあんた、覇王でしょ? 知らないんですか?」


「覇王だって、ただのジジイだもの。あんなの知らんよ」


「オレって、素質的にはどうなんですか!? 世辞はいりません! 本音でお願いします!!!」


「前も言ったけど、パミちゃんと同じくらいの資質はあるよ。さすが姉弟だねぇ」


「差が広がっていくばかりなんですが…歳の差なんてレベルじゃないですよ」



 パミエルキは八歳年上の姉であるから、その分だけ差があるのは知っている。


 だが、女性である。成長期とはいえ、男である自分が、まったく歯が立たないってのはおかしい。


 「もう少ししたら、何とかなるかな?」とか思っていた頃が恥ずかしい。いつの間にか、姉のステータスはカンスト状態である。追いつくどころか、どんどん離されていく。



「オレ、このまま死ぬのかなぁ」


「いいじゃないの。快楽に溺れて死ぬってのも幸せだよ」


「年長者の発言じゃない!? ゼブ兄も戦闘馬鹿だし、ここにまともな人っていないんですか!?」


「人の生き方はそれぞれだからねぇ」


「そのせいで犠牲になる人間がいるってことも、忘れないでください!」



 相手は逃がすつもりはなく、一生このまま抱きしめておくつもりだ。これでは一生搾取され、家畜のように生きるしかなくなる。


 姉に支配されたい属性があることは知っている。強気の姉に萌えることもあるだろう。それがデレたりすれば、もう最高なのだろう。


 この一週間のようにデレモードに入れば、それはそれで楽しい。否定しない。否定はしないが、実際に自由を奪われてみると、案外厳しいことに気がついた。


 このままでは、死ぬ。精神的に、人間的に死んでしまう。


 やはり、人間は自由を求める生き物だと知ったのだ。



「オレに自由はないんですか!? 自由、それはなんて甘美な響き!!」


「自由は大変だよ。だからわし、ここにいるし」


「このニートがぁ!! そんな姿勢で、厳しい社会を生きていけると思ってんのかぁああ!」


「いやだから、わし、師匠よ? 首を絞めないで」


「それでもいいんです! 乞食になろうが、飢えようが、なんとかしてみせます!」



 もし何の当てもなければ迷うところだが、ここでの修行によって鍛えられている。森に行って食べ物を探すこともできるし、魔獣や魔鳥だって自分で狩れる。


 毎日、姉の料理を作っているのだ。料理の腕だって問題ない。


 そうだ。何の問題があろうか!!


 いや、何もないのだ!!



「じゃあ、修行が終わったら出て行けばいいんじゃない?」


「え!? いいんですか!?」


「まあ、免許皆伝になったらね。最初からそういう話だったけど…聞いてない?」


「初耳だ!!」



 耳が飛び出そうなほど、驚いた。パミエルキからは、一言もそんな話は聞いていない。


 これは隠していたというより、最初から論外といった感じで、記憶から排除した可能性すらある。



「いいお姉さんじゃない。君が心配なんだね」


「そんな愛はいらない! 姉の咀嚼した食べ物が主食の人生なんて、オレは無理ですよ!! 一緒にお風呂はいいけど…。それと一日数回なら…」



 最後に若干本音が出たが、それ以外の要素がちょっと無理である。どんなに美人で好みであっても、耐えられないことはあるのだ。



「じゃ、修行がんばって。その日が来たら、自由にすればいいよ」



「うおお、うおお! やってやる! オレはやってやるぞおおお! 姉ちゃんの支配から、脱却してやるぞおおおおおおお!!」



 そうして日々、修行に励むのであった。


 当然その間は、姉に搾取され続け、修行と夜の仕事で痩せ細る姿に、魔獣にすら同情されたという哀しい話が残っている。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます