4話 「姉のあまあま一週間、夜編」


「甘い…口の中が、甘い。姉ちゃんの味が取れない…」



 口の中には、姉の甘い味が残っている。


 いくら唾液を分泌しても、飲み物を飲んでも取れない。姉そのものが、すでに身体に染み付いているかのように。



「はぁ…空が綺麗だ」



 アンシュラオンは口実を並べ立て、なんとか三十分だけ時間をもらう。


 標高二万メートルから見る景色は綺麗だ。まあ、ほぼ雲しか見えないが。



「オレ、耐えられるかなぁ…」



 美人である。綺麗である。スタイルもいい。弟には甘いので、何ら問題はない。他人が見れば羨ましがるかもしれない。


 だが、【重い】。


 愛が重い。重すぎる。


 いろいろなものが重く、ねっとりと絡み付いてくる。最初はよかったが、年を重ねるごとに、徐々にその異常性が強まっていった気がする。



「はぁ…」


「アンシュラオン、どうした?」



 そんなアンシュラオンに、通りがかった男性が声をかける。


 わざわざ顔を上げて、誰かを確認する必要もない。ここにいる若い男性は、自分以外には一人しかいない。



「ゼブにぃ…」


「なんだか死にそうだな。まだ昼だぞ」


「オレは望んでいない! 鳥になりたかった!!」


「会話をしようぜ!? 何の話だ!?」



 投げられたボールを、思いきり崖から投げ捨てるアンシュラオン。他愛もない会話をする元気など、今の彼には残っていないのだ。



「人生、いろいろあるさ。そういうときもある」



 青年の名は、ゼブラエス。


 金茶の髪に、精悍な顔つき。ボディビルダーのように胸板が厚く盛り上がり、その逞しさを思う存分アピールしているが、その筋肉は常に実戦で鍛えたものであり、紛い物などではけっしてない。


 アンシュラオンとは六歳の差があり、面倒見もよいので、頼りになる兄貴分として、よく相談に乗ってくれる。


 パミエルキのことも姉弟子としてよく知っているので、この苦労を唯一分かち合える仲間と認識していた。



「ゼブ兄、死にたい」


「早まるな。どうせパミエルキがらみだろう」


「そうなんだ…。今日から、あの日なんだよ…」


「あの日って何だ?」


「あれだよ、あれ。あーくんの日だよ!! 自分で自分のことを『あーくん』って言わないといけない気持ちがわかる!? オレはもう大人なのに!!」


「そうだな…。アンシュラオンがここに来て、もうだいぶ経つからな」


「ここに十三年いるんだ。十三年間、姉ちゃんとべったりさ。家にいたときからそうだったけど、だんだんと激しくなっていくよ」


「あいつからすれば、まだ可愛い弟なんだろう。お前だってここに来た当初は、あいつの愛情を普通に受け入れていたじゃないか」


「今は愛が重いんだよ!! 重すぎるんだ!」


「愛されて文句を言うとは贅沢者だな。ははは」


「笑い事じゃないから!? 本気だからね!! ゼブ兄、よかったら代わってあげるよ。貴重な女性だよ! 人類で唯一生き残った、たった一人しかいない女性だよ!!」


「さすがに遠慮……ん? その話…あいつがしたのか?」


「その話って?」


「その、人類で唯一とか…いう話だ」


「そうだよ。世の中に女は、姉ちゃんしかいないんだって。だからオレと結婚して、子供を作るんだって」


「…そう……か。そうだな、うん。それならしょうがないな。そういうことならな。それじゃ、オレは行くところがあるから…」


「…待って」



 よそよそしく出て行こうとするゼブラエスを、止める。



「ねえ、それって本当なの?」


「それ…とは?」


「誤魔化さないでよ! 姉ちゃんがした話のことだよ! この世は、本当に山と森だけなの!? 女は姉ちゃんだけなの!? そんなのおかしいよね! ありえないよね!? だって、そもそもおかしいよ。師匠が最強の覇王って段階で、この四人の中だけで最強って話になっちゃうじゃん! 全人類が四人だけなんて、ありえないでしょう!!」


「…気がついたか」


「気がつくわ!!! 誰だって気がつくよ!」


「だが、昔のお前は全然気がつかなかったぞ」


「それは…子供だったし、姉ちゃんがいればいいかな、って思っていたから…。あんな綺麗で可愛い姉ちゃんができて、本当に嬉しかったんだ。キスもしてくれるし、身体も触らせてくれるし、オレが喜ぶことは何でもしてくれた。それに夢中で気がつかなかった。あまりに気持ちよくて…姉ちゃん以外はいらないって思ってたから」


「…うん、お前も相当病んでるな」



 弟もかなりのものである。


 あの姉にして、この弟あり。



「オレからはなんとも言えん。師匠に訊いてみろ」


「いつもそうやって誤魔化すじゃん! 真実が知りたいんだ!」


「知ってどうする? あいつを説得できるのか?」


「そもそもどうにかできるの、あの人? この前なんて、撃滅級魔獣を絶滅させかねない勢いで殺していたよ」


「年々強くなるな、あいつは。オレや師匠でも、太刀打ちできないレベルにある」


「ゼブ兄、助けて」


「すまん。オレは忙しい」


「忙しいってなにさ。ゼブ兄も、一週間休みでしょう? 見捨てないで!!」


「本当に忙しいのだ。オレにもやるべきことがある」


「オレのは、やるべきことじゃないのに!! 師匠はどこに行ったのさ!?」


「野暮用らしい」


「くそおおおお! 逃げたなぁあ!」



 ちなみに師匠の陽禅公は、この一週間の間、どこかに出かけて不在である。


 ゆえに、彼女を止められるとすれば、この男しかいないのだ。



「やるべきことって何さ?」


「天空竜の話は知っているか?」


「えーっと、世界中の空を飛び回っている六匹の竜、だっけ?」



 アンシュラオンは、師匠に聞いた話を思い出す。


 ここでは一応、座学のようなことも行っており、そうした会話をすることがあるのだ。


 天空竜もその一つ。世界中の空を飛び回っており、人間を監視しているという謎の存在だ。一説では、古の時代の兵器という話や、女神の使者などという話もあるが、どれもはっきりしない。


 ただ、彼らに目をつけられたら、それはもう恐ろしいことになるという。一晩で国がなくなった、という逸話もあるくらいだ。



「で、それが何?」


「どうやら今晩、このあたりを巡回するようなのだ」


「えっ? そうなの!?」


「うむ、師匠の話では二十年に一度、この火怨山の頂上に止まるそうだ。そして、今日あたり来そうなのだ」


「だ、大丈夫なの!? そんなヤバイのが来て?」


「何もしなければ大丈夫だそうだ。彼らは温和で、けっして好戦的ではない」


「なんだ…よかった」



 一瞬、姉を排除してくれないかとも思ったが、姉なら倒してしまいそうで怖い。


 それに、そこまで嫌っているわけではない。死んでほしいなどとは、夢にも思わない。


 ただちょっとだけ、もうちょっとだけ普通であってほしいだけだ。今のままでは、ただの変態であるから。



「だから今夜、ちょっくら行ってくる!」


「竜見学か…。姉ちゃんと離れられるなら オレも行きたいよ…」


「駄目だ、駄目だ。あれは、オレ一人で倒す!」


「……え? 倒すの? 見るんじゃなくて?」


「見てどうする」


「記念になるかなって」


「倒したほうが記念になるぞ」


「あれ? その竜って、空から人間を監視しているって言ったよね…。オレたちだけを監視するってのも変だし、普段近寄らないのはおかしい…」


「じゃあ、またな」


「待って!!! いるんだろう!! この世には他の人間もいるんだろう! ゼブ兄、たまに下山するじゃん! 真実を教えてよ!!」


「…オレが竜を倒せたら教えてやる」


「死亡フラグみたいなこと言わないでよ! ちゃんと帰ってきてよ!? 死んでもいいから、真実だけは書き留めておいて!」


「パミエルキみたいなこと言うなよ。まったくお前ら、ほんとそっくりだな」


「それはオレに対する最大の侮辱だよ。ちゃんと戻ってきてね。ゼブ兄がいなくなると、姉ちゃんが増長するから」


「わかった、わかった。ちゃんと戻るさ。今日は本気でいくからな。楽しみでしょうがない」



 その顔は、キラキラと少年のように輝いていた。本気で挑むつもりのようだ。



(なんか…駄目かもしれない。まずオレが今晩、生きて戻れるかわからないし…)



「それじゃ、またな!!」


「…うん、お互いに生きていたら、またね」



 そう言って別れたゼブラエスは、この日の夜には戻ってこなかった。


 一週間後、五千キロくらい吹き飛ばされたゼブラエスが、ボロボロなのに素晴らしい笑顔で戻ってきた。


 もう手の付けようがないほど、脳筋が進行しているらしい。この人も駄目だ。ここには、ろくなやつがいない。




 そして、この段階で決定した。





―――姉と二人きりの一週間、ということが






「ほら、あーくん。洗ってぇ~。お姉ちゃんを、きれい、きれいしてー」



 姉が、身体の洗浄を所望している。自分で洗うのならば問題ないが、弟に洗わさせようとしている。



「じゃ、じゃあ、いくよ。ごしごし」


「あはぁっ、もっと、もっと~」


「こ、こう?」



 首筋、背中を洗い、肩から手首もしっかりと洗う。泡がすごいので、もう全部がもこもこである。


 そして、後ろを洗い終えれば、次は【前】である。



「じゃあ、次はここ。こ~~こ。うふふ」



 弟の前に、姉の身体が露わになる。


 相変わらず大きな胸はもちろん、濡れた髪の毛が艶っぽく、タオルも何もかけていない裸体は、女神かのように美しい。


 そんな姉が示したところは、まずは胸。



「ほ~ら、触って。いっぱい触ってぇ~~。お姉ちゃんの、ここ、好きでしょう?」



(そりゃ好きに決まってるけどさ。姉ちゃんのは形が良くて大きくて、餅みたいに柔らかいんだよな)



 好きである。とても大好きである。


 だが、さすがに恥ずかしいので、顔が赤くなる。赤くなったところで、許してもらえるわけもないのだが。


 ゆっくりと胸にスポンジを押し当てると、ぷにゅっ、と形の良い乳房が崩れる。



「ふふ、ふふ。くすぐったーい」


「じゃあ、やめようか…?」


「だ~~め。だめだめ。もっと強くぅ。あーくんの手で、もっと触って」


「は、はい…!」


「ふふふ、もっと大きく強く揉んで」


「もーーみ、もーーみ! もみもみもみもみ!」



 おっぱい大好きである。大好きであるが、堂々と姉の胸を手で揉むというのは、問題があるのではないだろうか。もはや洗うという用語すら捨て、普通に揉んでとか言ってるし。


 だが、揉まねばならない。


 ああ、いいだろう。喜んで揉もう!



「んー、んふっ、あー、気持ちいい」


「はぁはぁ…はぁはぁ」


「あはっ、あーくんも楽しそう」



(楽しくなんて…、楽しくなんて…!! ちくしょう!! なんて楽しいんだ!! 姉ちゃんの胸なのに、こんなに楽しいなんて! これが男の性なのか!!)



 楽しい。すごく楽しい。これがずっと続けば、もしかしたら本当に幸せだったのかもしれない。


 ずっと続けば…よかったのに。



「じゃあ、今度は…ここね」



 そして、足を開く姉。


 恥じらいという言葉はない。むしろ、喜々として開く。



「は、はい…喜んで」


「一つ一つ、丁寧にね」


「何年やってると思ってるのさ」


「ふふ、そうね。あーくん、上手だもんね。お姉ちゃん、すぐにイッちゃう」


「お風呂場で欲情しないでよ。まったく」


「でも、あーくんのも大きくなってるよ」



(ちくしょーーーーー! 身体が正直すぎる!!)



 その後、およそ九十分、姉の身体をひたすら磨くのであった。


 いろいろなところを、それはもう丹念に。






―――そうして、極めつけがやってくる





 その夜、ベッドの上では、当然ながら二人が裸でいた。


 アンシュラオンが怖れている、最大の恒例行事が行われるのだ。


 それは、【一週間ぶっ続け】


 情欲の権化のように、まさに入れたまま離れることが一切許されないという、もしかしたら天国かもしれない本当の地獄が始まるのだ。


 パミエルキが、じりじりと迫る。


 逃げられない獲物をいたぶるように。



「さあ、あーくん。今日から一週間、楽しみましょうね~~。お姉ちゃん、ずっと楽しみだったのよ。待ちきれなくて待ちきれなくて、思わず魔獣を殺しまくっちゃった♪」


「どんな心境なの!? 理解できないよ! お、オレは! オレはもう十分楽しんだよ! もういいじゃんか! それにエッチなら毎日してるんだし…わざわざぶっ続けじゃなくても…」


「初めての時は、あんなに嬉しそうだったのにぃ? 夢中だったのにぃ? 一週間、離してくれなかったのにぃ?」


「そ、それは、そうだったけど…。あの時は初めてで嬉しくて、お姉ちゃんがあまりに気持ちよかったから…」


「んふふ、可愛い。あーくん、お姉ちゃんのこと、大好きだもんね」


「好きだよ! すごく好きだよ! オレにとっちゃ女神だよ! だからさ、たまには健全な姉弟でいようよ!」


「健全よ。あーくんの…アレがぁ…お姉ちゃんの中でぇ、ぷるぷるって、どぶどぶって、ばしゃばしゃって弾けるのがぁ、とっても健全なのよぉ!」


「あうっ!!」



 がばっとアンシュラオンに襲いかかる姉。



「ど、どこがぁ! あひっ! あっ、駄目! 姉ちゃん、あっ!!」


「あーくんの、可愛い。もうお姉ちゃん、我慢できないからぁー、ここにぃ…入れちゃうね」


「あああ! 駄目駄目駄目! 入る…ああ! ちょっ! なんでこんなに柔らかいんだよ!!!!」


「あははははは! もう離れちゃ駄目よ。離さないから…ね」






「いやぁあああああ! らめぇえええええええええええええええ!」



「で、出ちゃうからぁ~~~~~~!」



「あはぁあ! お姉ちゃんも最高よおおおお!」



「あふんーーーーー!」






 それから一週間、朝昼晩合わせて120回出したとさ。



 めでたし、めでたし。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます