「白き魔人と黒き少女の出会い」編

1話 「姉ちゃんという存在」


「オレはもう、姉ちゃんからの支配は受けない!!」



 アンシュラオンは、目の前にいる女性、パミエルキに叫ぶ。



「なんだい、やぶからぼうに」


「ずっと思ってたんだ!! これはおかしいよ! なんで実姉なんだよ! せめて義姉とかの設定じゃないのかよ! だからこうなったんだ! 設定ミスだ! 断固抗議する!」


「何の話をしているんだい。アーシュは、たまによくわからないことを言うねぇ」


「大切な話だよ! オレの人生にとって、とっても大事な話をしているんだ! 姉ちゃんとオレにとっての未来の話だよ!」


「お姉ちゃんとアーシュの未来は、ずっと一緒にいることでしょう? ああ、大丈夫。ちゃんと二人だけの場所を探すから。無人島がいい? そこなら、誰もいない場所で二人きりよ」


「それがおかしいんだよ! 毎日毎日べったりじゃないか! 歩くときも、話すときも、お風呂入るときも、トイレだって!」


「そりゃ姉弟なんだから当然じゃないの。こんなにそっくりなんだもの」



 真っ白でふわふわとした長い髪の毛に、真っ赤な瞳。


 こう言うと、どこか白兎の可愛さを表現しているように思えるが、女性の瞳は鋭く尖っており、白兎どころか凶悪な白虎を彷彿させる威圧感を放っている。


 きめ細やかな白い肌、自己主張が激しすぎる非常に豊かな胸、引き締まったボディラインは、多くの男性を一瞬で虜にしてしまうほど魅力的。


 いつも濡れているような真っ赤な唇、端正な鼻筋もまた、神が女性を完璧な存在として造ろうとしたかのように美しい。


 もしこんな女性と出会えたら。


 こんな女性と愛し合えたら。


 そう思う男は多いだろう。




―――が、【実姉】であれば話は違う!!




 アンシュラオンの肌も髪の毛も、姉とまったく同じふわふわの白。瞳も同じ赤。


 唯一違うのは、目尻が姉よりも少し下がっているので、柔らかい印象を与えることくらいだろう。


 それを除けば二人はそっくりであり、アンシュラオンもまた美の結晶と呼べる容姿をしている。


 そして、姉はそれ(弟)を愛している。


 愛らしい弟を抱き寄せ、とてもとても甘く優しい声でささやく。



「いい、あーくん? お姉ちゃんとあーくんは、この世に二人しかいない存在なの。たった二人だけの人類なの」


「いろいろと考えたんだけどさ、やっぱりそれはちょっと無理があるんじゃ…常識的に考えてさ…」


「そんなことないの。本当なの。生き残った女は、お姉ちゃんだけなの。だったら、あーくんはどうするの? あーくんが愛する女は、私だけでしょう? 私しかいないんだから、当然だよね。あーくんが昔、お姉ちゃんに言ったこと、覚えてる?」


「…姉ちゃんと結婚する」


「あーーん、そうそう。それよぉお! あーくんは、偉いねえ。その続きは?」


「…姉ちゃんと子供を作る」


「はぁああ! そうよ。そう。お姉ちゃんと子供を作って、一緒に暮らして、一緒に暮らして、一緒に暮らすの。死ぬまで…ね」


「あのさ、もっと外を見るべきなんじゃないのかなぁ、って最近思うんだけど…」


「なんで?」


「な、なんでと言われると…自信ないけど」


「ほら、見てみなさい。ここに外なんてないのよ。あったとしても、あーくんが知っている通り、山と森しかないの」



(たしかに、何にもないけど…山しか見えない)



 見渡す限りの山、山、山、山、山、山、山、山。この世に山脈以外のものがないのではないかと思えるほど、連綿と山が続いている。


 ここは世界最高の霊峰の一つ、火怨山かおんざんの頂上付近。


 この火怨山は標高二万メートル以上であるため、雲すら眼下におさめ、空気も薄いので一般人が登山できるような場所ではない。


 さらに、下の階層には凶悪な魔獣が跋扈ばっこしており、最低でも名崙めいろん級の実力者でなければ、即座に彼らの餌になってしまうだろう。


 それでもあくまで、餌にならない、というレベルにすぎない。


 王竜おうりゅう級の武人であっても秒殺されるような上級魔獣がひしめいており、ゲームのラストダンジョンのように、出会う魔獣は伝説でしか耳にしない存在ばかり。


 仮にそれらを乗り越えても、中層以上には結界も張ってあるので、ここに入ることすら難しい。いや、不可能だろうか。



(オレもかなり走り回った記憶があるけど、先が見えないんだよな。ずっと山しかない…。海はかすかに見えたけど、人の気配はなさそうだ。でも、本当に世界は山だけなのか? この【世界】は、本当にそうなのか!?)



「じゃあ、師匠とゼブにぃは?」


「あれは…たまたま生き残った人類よ」


「たまたま、あの二人が?」


「そうよ。たまたま生き残ったの。だから強いのよ」


「あれも男でしょ? 姉ちゃんと結婚でき…」


「できるわけないでしょう!!!!」


「ひっ!」


「あんなものが! あんなものたちが、アーシュの代わりになるわけないでしょう!!! わたしの可愛い、かわいいあーくんの!! この真っ白で愛らしい、あーくんの代わりになんて!!! それともあーくんは、私があいつらと結婚したほうがいいと思ってる? ねえ、思ってる!? そうなの!?」


「…いや…そうは……言ってないけど……」


「はぁはぁはぁ!! ああ、そうね。…殺しても、いいか。邪魔なら、殺しても…アーシュと私だけいれば、人類は生き残るもの…ね」


「え? えっ!? 姉ちゃん、落ち着こう!! ほら、深呼吸して!! ちゃんと吸って!!」


「ふーーー、すーーーーーー! ふーーーーー!!」



 弟の髪の毛を吸う。


 たっぷり吸う。



「はぁーーはー。アーシュのおかげで落ち着いたわ。やっぱり、これに限るわね」



(猫吸いなの!? オレって、猫なの!?)



 それはまるで、可愛い猫に吸い付く姿。


 可愛くて可愛くて、自然とそうしてしまうのだ。



「ほらぁ、お姉ちゃんのこと好きでしょう。あーくんも吸って?」


「吸えって言われても…って、どうして胸を出すの!?」


「あーくんの大好きな、お姉ちゃんのおっぱいじゃないの」


「好きだよ! すごく好きだけどね! まだ昼間だし!」


「昔は、一日中吸っていたじゃないの」


「ぐおおおおおおお! 過去の自分を殴ってやりたい!!」



 吸ってました。



「それはその、姉ちゃんが…好きだったから」


「好き、だった?」


「ちがっ!? 今も好きだよ! 綺麗だし、エロいし、可愛いところもあるし、オレのこと愛してくれるし、すごくすごく好きなんだ! でもさ、やっぱり姉弟だから…」


「姉弟だから、なぁに?」


「うっ、うう…柔らかい……」



 パミエルキが、豊満な胸をアンシュラオンの顔に押し付ける。


 抵抗したいが、その柔らかさに抵抗できない。


 ちくしょう、男なんてこんなもんだよ!



(ほんと、どうしてこの人が姉なんだ? 姉じゃなかったら、すごく好みなのに…!! 本当に結婚してもいいくらいなのに! いや、姉がいいって言ったのはオレなんだけど、ここまでハードとは思わなかった!!)



「そ、そうだ。今日は違うことしようよ。ねっ、そうしよう」


「お姉ちゃんと遊びたいのね。いいわよ」


「ほっ…」


「じゃあ、アーシュがお姉ちゃんと同じってことを、じっくり教え込んであげるわ」


「えっ? それって…―――うわああああ!」



 ポイッ。



 アンシュラオンを、火怨山の頂上から投げ捨てる。


 ポイッという擬音であるが、それはもう剛速球。軽く投げたはずなのに、遠投をしたかのように何キロも飛んでいく。



「落ちる落ちる落ちるっぅううう!」



 アンシュラオンは何千メートルか落下し、崖に当たり、転がり、さらにトゲトゲの岩にぶつかり、それらを破壊しながらようやく止まる。



「あたたた! すりむいた!」


「そんなの、すぐに治るでしょう?」



 そして、投げた当人がすでに目の前にいた。



(瞬間移動かよ!! おかしいだろう! どんな速度で走ってきたんだ、この人は!?)



 投げられた人間より早く到達するなど、人間ではない。いや、本当に人間かどうか怪しいと思える時すらある。



「アーシュ。さあ、お姉ちゃんと遊びましょう。全力でいいのよ。全力でぶつかっても、お姉ちゃんはびくともしないから。そして、あなたが特別であることを教えてあげる。その身にも、心にも、たっぷりと…ね。ふふ、あはははは!!」


「ひぃいい!!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます