郵便屋のスタークさん

作者 凪乃音

45

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

郵便屋のスタークさんと、運ばれる荷物たちの物語。

おとぎ話風のやわらかく丸みがある文体で綴られていて、情景が浮かんでくるようでした。読みやすくも鋭い切れ味のあるとっても好みの文体で、すごく引き込まれました。

『それでも君は行かねばならない。あるべき荷を、あるべき場所へ、あるべき時に。それが私の仕事なのだ』

突き抜けた揺らがぬ信念を背負って、届けるべき場所に荷物たちを運ぶスタークさんは、最高に格好良いです。

また、和むだけではなく、考えさせられるような物語でもあります。興味を抱いた方には是非とも読んでいただきたい物語です(*^-^*)



★★★ Excellent!!!

第1話で魅力的なキャラクターと世界観を伝え、第2話以降で新しい切り口を見せていくという、王道の連作です。
山下和美さんの名作漫画『不思議な少年』を彷彿とさせるものがあります。
第3話、生と死のコントラストがお見事でした。

これで完結済みとのことですが、ぜひ7色ぐらい読んでみたいです。

★★★ Excellent!!!

あらすじにある「郵便屋のスタークさんと、さまざまな想いをかかえた荷たち」。
スタークさんの仕事は、運んで、お届けを完了すること。
ですが、荷の中身によっては、その仕事を忠実にこなすことに思うところもあるでしょう。

物語には、短い中にも感慨深いメッセージがこめられています。
スタークさんが配達を完了する時、読み手にもメッセージは届いているはず。

★★★ Excellent!!!

誰かを想う気持ちを嘴にくわえて、コウノトリのスタークさんは今日も空を羽ばたくのです。

「あるべき場所へ、あるべき時に」
その言葉にあるように、1ミリでも違ったら、1秒でも遅れてしまってはその想いは台無しになってしまうかもしれない。

どことなくメルヘンチックな可愛らしいお話です。それでもそこに込められている想いは大きくて深い。そして、想いを想うスタークさんの想いにほっこりと温かくなります。そんな優しいお話です。

★★★ Excellent!!!

郵便屋さんが来る、そんな言葉に子供の頃、とてもワクワクした記憶があります。それはきっと大人に当てた郵便なんだろうけれど、子供の僕にとっても届けられる荷物や手紙の内容が気になったものでした。

郵便屋さんが届けてくれる荷物は、届けられた荷物以上の何かを含んでいます。それは期待や希望あるいは緊張かもしれません。

その荷物以上の何かを発送者の『想い』と言い換えるのなら、郵便屋さんの仕事は、たとえ絶望的な世界であっても、『大切な想いを、あるべき場所へ、あるべき時に』ということになるのかもしれません。


素敵な物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

チョコレートケーキとの会話に、その滑稽さに微笑みながら引き込まれました。
毎話少し違った一面を人生の、世の中の中から切り取りながら、少しの微笑みと、少しの切なさを与えてくれます。

良い作品は、レビューでぐだぐだと書くより「取り合えず、読んで」ってなっちゃいますね。
そんな作品です。

基本的には一話完結連作短編のような作品ですので、とりあえず一話読んでいただければと。

★★★ Excellent!!!

スタークさんと喋るケーキの第1話
あ、スタークさんは鳥でケーキは喋るんだ
そういう不思議な世界を楽しませてくれました
ハッピーバースデー

スタークさんと白い便箋の第2話
ちょっと悲しいお話でした
それでもスタークさんは変わることなく仕事をこなします
白のイメージは?

スタークさんとーーーの第3話
イメージは赤
この話のために多分1話と2話があったんじゃないか、そんな気がしました

★★★ Excellent!!!

「あるべき荷を、あるべき場所へ、あるべき時に」
スタークさんの凛とした言葉は、どこまでも真っ直ぐさを貫いている。

「荷」
それぞれに抱えている想いは深く深く深く、その想いに寄り添うスタークさんもまた深く、直接心に語りかけてくる物語は、とても胸に響きました。

黒いケーキさん、白い便箋さん、赤い人間さん、そしてスタークさんそれぞれがとても好きです。

また是非とも、スタークさんにお逢いしたい!と心より思っています。

ありがとうございますー!