『ブラッディ・ベレッタ』どうして僕は書き続けるのか

※これは岩井が勝手に考え及んだことであり、例えば誰か(カクヨムの内外問わず)のせいで落ち込んだり、意欲が削がれたりしたという事実はありません。


 はい。本題です。

 僕は練習作というものを書きません。強いて言えば、短編の『振り返ればあの時ヤれたかも』ぐらいのもので、長編に関しては、新人賞の参加を常に想定して臨んでいます。まあ、『怪獣戦線異状アリ』『Across the Universe』はあまりに出来が悪いので、お蔵入りだと思いますが(ただし、怪獣に関しては『怪獣殲滅デッドライン』でリベンジしたので、それはそれでいいかな、と)。


 で。

 現在執筆中の『ブラッディ・ベレッタ』が迷走しているのには、我ながら困ったものです。大変ありがたいことに、こまめにコメントをくださる方がいらっしゃいますゆえ、途中で投げ出すことはないでしょう。

 しかし、それでも自分が一体何を書いているのか、果たして面白いのかどうか、判断が尽きかねます。


 予定では後半スピーディなんですよ、この話。でも、それはただの言い訳。瞬間瞬間で面白くなければならんと思うのです。

 どうなることやら。面白くしなければと思うと調子が出ませんし、調子が出ないと面白くできないし。


『ブラッディ・ベレッタ』、スランプを象徴する一本になるかもしれません。それでもご指導・ご鞭撻いただければ、誠に光栄です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます