オガワの日記

作者 谷野 真大郎

76

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かぁあああいいいいい結婚しろおおおかぁいいってお前がかわいいんだよオガワあああ!!!

と、語彙力を喪失する恐ろしい小説。ずっとニヤニヤしながら読んでいました。カフェとかで携帯に終始キモい顔してたら店員さんが超絶ドン引きしてました。責任取ってくれません? いや、かわいいんだもん。仕方ないよね。


というノリで、主人公のオガワが同級生のオオタキを観察します。
最初はオオタキかわいい最高うぉっへーいと、テンション高めで綴られますが、途中から雲行きが怪しくなっていきます。序盤の意図やところどころ張られていた伏線がどんどん、二人の気持ちと共に読者に明かされていきます。
特筆すべき点は、甘々なだけでなく、「自身の内面と対峙する」という日記ならではの特色を理解した上で、一人称の視点で情報を提供していく技量です。作者さんがリアルな女子高生の心情と言葉遣いを把握しているので、等身大の日記に仕上がっています。
あと、かわいい女の子の描写が非常に上手いです。難しい語彙や複雑な文章が出てこないのにも関わらず、オオタキの小さな仕草から彼女の気持ちがひしひしと読者に伝わります。(書いている本人は気づかないのに、とか言ってはいけない)

何が言いたいのか?
読んで。そして一緒に語彙力喪失しましょう。

★★★ Excellent!!!

今時(?)女子高生が、同級生の友達の女の子の魅力と、それによって発生する愛情(?)を欲望のままに綴った日記……だったのですが。
彼女側のちょっとした事情と、主人公の直面した気持ちに、思春期特有の複雑さが絡んできます。
その流れは非常にイイものですが、同時に、ハッピーエンドであって欲しいと願う現在です。

★★★ Excellent!!!

この手の話は甘いところだけ、もしくはつらいところだけが表現されることが多いと思うのですが、二人の関係性の尊さ、そして主人公の抱くちくりとする葛藤がどちらもきちんと描写されています。
あと、文章は主人公の書く日記の体で進んでいきますが、これが素晴らしいです。真似したい。
とにかく、一度読めばオガワとオオタキの可愛さにやられ、僕のひとことのように語彙を失うこと必至です。ぜひ。