森の娘と最後の騎士

作者 OWL_1453

52

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

基本的には、主人公の少女(ノーファ:意味合いからすると
恐らくno nameくらいの意味)が、周りの人に可愛がられて幸せになったのに、周りの人からの嫉妬や悪意によって不幸になる、という事を繰り返しつつ、孤児という底辺の身分から成り上がっていく流れになります。

たぶん、作者の方が神話や歴史物が好きなのかな?
ところどころ、聞いた事のある設定や人物が出てきて思わずニヤッとする事がありますが、ラノベとして読むには少し重いかもしれません。

ダークな雰囲気も相まって、このレビューを見た時にはあまり評価が高くありませんでしたが、ダークファンタジーで有名なタニス・リーなどが好きな人は楽しく読めるのではないかと思います。