Works:193~Crystal Time~

砕け散った水晶の砂浜

寄せては返す煌めきの海


透明な世界にある一つの色彩

緋の色だ


それは砂浜に佇む女性の髪

時折何かを思い出すように小首を傾げ


足跡で軌跡を描いていく

それは不思議なことに波に浚われても残っている


過去から未来へと続き

未来から過去へと続く


そんな跡を残しながら

女性は気楽とも見える拍子で歩く


ふと足を止め

振り返る


微笑を浮かべたその瞳

そこに映る景色


それは過去でも未来でもなく現在

彼女だけが知る光景

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます