文章下手の練習帳

作者 きと さざんか

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全13話

更新

  1. お題『誤魔化しなんて効かないって知ってる』or『僕に役目を下さい 』【年上の彼】
  2. お題『王に対して民衆が願うのは己が安泰のみだ』or『身代わりになれるなら本望だ 』【天才】
  3. お題『世界のため、国のため。それじゃ、自分のためには何かできたの?』or『うわぁ…ドキドキする…。 』【負けず嫌い】
  4. お題『俺の誕生日がいつかって? …嗚呼、そういえば、今日だな。』or『まだ、聞いてないよ 』【ヘタレ】
  5. お題:「多分、飛びたいから飛ぶんじゃないかな。細かい理屈なんかない・・・ただ、自分自身がそうありたいからそうするだけ」
  6. お題『仕方がないって諦めるのやめない?』or『飛べたのはほんの一瞬 』【地味】
  7. お題『誰が、私の価値を決めていいと言った』or『あんぱん。こし餡なかった…。 』【ワイルド】
  8. お題『私の血肉も全てアナタの物にして』or『平和のための犠牲 』【俊足】
  9. お題『満月だろうと三日月だろうと、月には変わりない』or『束縛こそが永久の愛の形 』【秀才】
  10. お題『誰かと比較せずにはいられない僕を許して下さい』or『もう少し欲張ってみない? 』
  11. お題『安眠させたいのか、永眠させたいのかどっちなんだ』or『ポケットには飴玉 』【うっかりもの】
  12. お題『「帰り道」、「後悔」、「注文」』の三つを使って小説を書いてください。
  13. 「おもちゃ」「蜘蛛」「最高の運命」を使って創作するんだ!ジャンルは「王道ファンタジー」