ハロー、グッバイ、ニューワールド!

作者 Zooey(ゾーイー)

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

父の死という重荷を背負い、母からは顧みられず、幼馴染の親友は別の学校へ。
主人公の拓は、自分の心を固い殻に包み、中学校に進学します。
大好きなバスケットボール、それだけを抱えて。

大人が手を差し伸べてくれることを疑いもしない、子供時代。しかし現実は非常に冷たく、辛く寂しい日常。拓は頑なに心を閉ざし、大人たちを、先輩たちを、そして同級生を睨みつづけます。
誰もが通り過ぎる、子供から大人への階段の途中。思いがけない出来事に心を揺すぶられ、淡い恋に少しずつも心が開かれて――。

作者は少年の心の成長の過程を、時には身近に、ある時は遠くから、あらゆる方向から映し出すカメラの如く、映画の一場面のように物語を紡ぎ出してくれます。
あなたも通り過ぎた、あの青くも幼かった日々は、その胸に共感となって響くはず。

穴の開いたポケットに詰め込まれた、大切な思い出。それが色褪せる前の瞬間!

是非、御一読ください。ストーリーに引き込まれると共に、美しくも読みやすい文章はきっとあなたのライフワークのプラスになることでしょう。