眼鏡が擬人化したせいで、掛けられなくなった

作者 近藤近道